ガザ地区 たこをあげて東日本大震災の町に「元気になって」

ガザ地区(ちく) たこをあげて東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)(まち)に「元気(げんき)になって」

パレスチナのガザ地区(ちく)は、イスラエルと戦争(せんそう)があって、多く(おおく)建物(たてもの)(いえ)壊れ(こわれ)ました。日本(にっぽん)はガザ地区(ちく)のために、いろいろな支援(しえん)をしています。 ガザ地区(ちく)では、日本(にっぽん)にお礼の気持ち(きもち)伝える(つたえる)ために、東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)があった3月11(にち)ごろに、毎年(まいとし)イベントを行っ(おこなっ)ています。子ども(こども)たちが(そら)にたこをあげて、被害(ひがい)があった(まち)元気(げんき)になるように祈り(いのり)ます。 14(にち)、300(にん)ぐらいの子ども(こども)たちが、日本(にっぽん)(はた)()をかいたたこなど、自分(じぶん)たちで作っ(つくっ)たたこを高く(たかく)あげました。ガザ地区(ちく)子ども(こども)たちと岩手(いわて)(けん)釜石(かまいし)()高校生(こうこうせい)たちは、インターネットのテレビ電話(でんわ)交流(こうりゅう)しました。子ども(こども)たちがパレスチナの踊り(おどり)踊る(おどる)と、高校生(こうこうせい)たちは楽し(たのし)そうに()ていました。 イベントに参加(さんか)した子ども(こども)は「遠い(とおい)(ところ)にいる日本人(にっぽんじん)と、心配(しんぱい)したり心配(しんぱい)してもらったりする友達(ともだち)になることができました。とてもすばらしいことです」と話し(はなし)ていました。

Loading