新しいビザで外国人を雇うときの規則ができる

新しい(あたらしい)ビザで外国(がいこく)(じん)雇う(やとう)ときの規則(きそく)ができる

日本(にっぽん)政府(せいふ)来月(らいげつ)から、(くに)決め(きめ)仕事(しごと)技術(ぎじゅつ)がある外国(がいこく)(じん)に「特定(とくてい)技能(ぎのう)(ごう)」と「特定(とくてい)技能(ぎのう)(ごう)」という新しい(あたらしい)ビザを出し(だし)ます。法務省(ほうむしょう)は15(にち)新しい(あたらしい)ビザで外国(がいこく)(じん)雇う(やとう)会社(かいしゃ)などが守ら(まもら)なければならない規則(きそく)発表(はっぴょう)しました。 規則(きそく)では、外国(がいこく)(じん)給料(きゅうりょう)日本人(にっぽんじん)同じ(おなじ)か、それ以上(いじょう)にしなければならないと決まっ(きまっ)ています。給料(きゅうりょう)は、銀行(ぎんこう)郵便(ゆうびん)(きょく)などの口座(こうざ)入れ(いれ)たりして、どのくらい払っ(はらっ)たかわかるようにしなければなりません。外国(がいこく)(じん)生活(せいかつ)しやすいように、携帯(けいたい)電話(でんわ)契約(けいやく)するときなどは手伝わ(てつだわ)なければなりません。 外国(がいこく)(じん)(なか)には、日本(にっぽん)働く(はたらく)ために悪い(わるい)(ひと)にたくさんお金を払う(はらう)(ひと)がいて、問題(もんだい)になっています。このような問題(もんだい)をなくすために、外国(がいこく)(じん)雇う(やとう)会社(かいしゃ)などは、悪い(わるい)(ひと)にお金を払っ(はらっ)ていないかどうか確認(かくにん)しなければなりません。仕事(しごと)をやめたあと、(くに)帰る(かえる)お金がない場合(ばあい)は、会社(かいしゃ)がお金を出さ(ださ)なければなりません。 この規則(きそく)は、法務省(ほうむしょう)のウェブサイトで見る(みる)ことができます。

Loading