ロボットがコンビニの品物(しなもの)(きゃく)届ける(とどける)実験(じっけん)

ロボットがコンビニの品物(しなもの)(きゃく)届ける(とどける)実験(じっけん)が、神奈川(かながわ)(けん)にある大学(だいがく)(なか)でありました。コンビニの「ローソン」や自動(じどう)運転(うんてん)技術(ぎじゅつ)研究(けんきゅう)している会社(かいしゃ)などが行い(おこない)ました。 ロボットは1mぐらいの大き(おおき)さで、(はこ)のような(かたち)をしています。(きゃく)がスマートフォンのアプリで品物(しなもの)注文(ちゅうもん)すると、ロボットは(みせ)()(きゃく)(ところ)まで品物(しなもの)届け(とどけ)ます。ロボットはセンサーやカメラを使っ(つかっ)て、近く(ちかく)(ひと)がいたら止まり(とまり)ます。(ひと)会う(あう)(こえ)出し(だし)てあいさつもします。 ローソンなどは、このロボットを使う(つかう)と、お年寄り(としより)(みせ)行く(いく)ことができない(ひと)買い物(かいもの)便利(べんり)になると考え(かんがえ)ています。運ぶ(はこぶ)(ひと)がいなくて品物(しなもの)届ける(とどける)ことができないという問題(もんだい)もなくなります。このため、ロボットが(みち)通る(とおる)ことができるように法律(ほうりつ)変え(かえ)てもらったりして、早く(はやく)使い(つかい)始め(はじめ)たいと考え(かんがえ)ています。

Loading