エチオピア政府(せいふ) 「自動(じどう)飛行機(ひこうき)機首(きしゅ)下がっ(さがっ)た」

アフリカのエチオピアで先月(せんげつ)、「ボーイング737MAX8」というエチオピア航空(こうくう)飛行機(ひこうき)落ちる(おちる)事故(じこ)がありました。この事故(じこ)で、飛行機(ひこうき)乗っ(のっ)ていた157(にん)亡くなり(なくなり)ました。 エチオピアの政府(せいふ)は4(にち)、この事故(じこ)について調べ(しらべ)結果(けっか)発表(はっぴょう)しました。 政府(せいふ)によると、飛行機(ひこうき)出発(しゅっぱつ)したあと、傾き(かたむき)自動(じどう)調節(ちょうせつ)するシステムが機首(きしゅ)下げ(さげ)たため、パイロットが上げよ(あげよ)うとしました。しかし機首(きしゅ)自動(じどう)で4(かい)下がっ(さがっ)て、飛行機(ひこうき)落ち(おち)たと言っ(いっ)ています。 政府(せいふ)はボーイングに、飛行機(ひこうき)傾き(かたむき)自動(じどう)調節(ちょうせつ)するシステムをもう一度調べる(しらべる)ように言っ(いっ)ています。

Loading