トヨタがハイブリッド(しゃ)技術(ぎじゅつ)無料(むりょう)使える(つかえる)ようにする

ハイブリッド(しゃ)は、ガソリンと電気(でんき)走る(はしる)(くるま)です。ハイブリッド(しゃ)を20(ねん)以上(いじょう)作っ(つくっ)ているトヨタ自動車は、ハイブリッド(しゃ)作る(つくる)技術(ぎじゅつ)特許(とっきょ)を2(まん)3000(けん)以上(いじょう)持っ(もっ)ています。 トヨタは、このたくさんの技術(ぎじゅつ)をほかの会社(かいしゃ)無料(むりょう)使っ(つかっ)てもいいことにしました。 トヨタは、ハイブリッド(しゃ)作る(つくる)会社(かいしゃ)多く(おおく)して、世界(せかい)でもっとたくさんのハイブリッド(しゃ)売れる(うれる)ようにしたいと考え(かんがえ)ています。 ハイブリッド(しゃ)部品(ぶひん)(なか)には、電気(でんき)自動車(じどうしゃ)でも使う(つかう)部品(ぶひん)がたくさんあります。これからは電気(でんき)自動車(じどうしゃ)がもっと作ら(つくら)れるようになるため、トヨタは電気(でんき)自動車(じどうしゃ)作る(つくる)会社(かいしゃ)にもトヨタのグループの会社(かいしゃ)から部品(ぶひん)買っ(かっ)てもらうことができると考え(かんがえ)ています。 トヨタの(ふく)社長(しゃちょう)は「ハイブリッド(しゃ)電気(でんき)自動車(じどうしゃ)増え(ふえ)て、地球(ちきゅう)気温(きおん)上げる(あげる)二酸化炭素(にさんかたんそ)少なく(すくなく)できるといいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading