トルコの新しい(あたらしい)空港(くうこう) 1(ねん)に2(おく)(にん)利用(りよう)できるようにする

トルコでは去年(きょねん)、「イスタンブール空港(くうこう)」という新しい(あたらしい)空港(くうこう)がオープンしました。(いま)まで使っ(つかっ)ていた「アタチュルク国際(こくさい)空港(くうこう)」より大きい(おおきい)空港(くうこう)必要(ひつよう)になったためです。 アタチュルク国際(こくさい)空港(くうこう)使っ(つかっ)ていた飛行機(ひこうき)は、7(にち)から全部(ぜんぶ)新しい(あたらしい)空港(くうこう)使う(つかう)ことになりました。 新しい(あたらしい)空港(くうこう)利用(りよう)した(ひと)は「本当に(ほんとうに)大きく(おおきく)てすごいです」と言っ(いっ)喜ん(よろこん)でいました。空港(くうこう)は、(ひろ)さが野球(やきゅう)(じょう)東京ドーム(とうきょうど-む)の30(ばい)ぐらいで、滑走(かっそう)()が2(ほん)あります。1(ねん)に9000(まん)(にん)利用(りよう)できます。 トルコでは、イスタンブール空港(くうこう)をだんだん広く(ひろく)する計画(けいかく)です。計画(けいかく)では、2028(ねん)までに滑走(かっそう)()を6(ほん)にして、1(ねん)に2(おく)(にん)利用(りよう)できるようにします。とても大きな(おおきな)空港(くうこう)になるため、トルコの(ひと)経済(けいざい)がよくなってほしいと考え(かんがえ)ています。

Loading