テニスの若い選手の世界大会 日本の望月選手が優勝する

テニスの若い(わかい)選手(せんしゅ)世界(せかい)大会(たいかい) 日本(にっぽん)望月(もちずき)選手(せんしゅ)優勝(ゆうしょう)する

テニスの世界(せかい)大会(たいかい)、ウィンブルドン選手権(せんしゅけん)若い(わかい)選手(せんしゅ)出る(でる)試合(しあい)で、日本(にっぽん)の16(さい)望月(もちずき)慎太郎(しんたろう)選手(せんしゅ)優勝(ゆうしょう)しました。望月(もちずき)選手(せんしゅ)は、決勝(けっしょう)でスペインの選手(せんしゅ)に2−0で勝ち(かち)ました。 テニスの4つの大きな(おおきな)世界(せかい)大会(たいかい)若い(わかい)選手(せんしゅ)試合(しあい)で、日本(にっぽん)男子(だんし)選手(せんしゅ)優勝(ゆうしょう)したのは初めて(はじめて)です。世界(せかい)若い(わかい)選手(せんしゅ)のランキングでも、望月(もちずき)選手(せんしゅ)が1(ばん)になりました。 望月(もちずき)選手(せんしゅ)は3(さい)でテニスを始め(はじめ)て、12(さい)でアメリカにある有名(ゆうめい)なスポーツの学校(がっこう)入り(はいり)ました。望月(もちずき)選手(せんしゅ)は「(いま)まで努力(どりょく)続け(つずけ)てよかったと思い(おもい)ます。満足(まんぞく)しないで、これからも頑張り(がんばり)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading