雨や曇りの日が多い 野菜の値段が高くなる

(あめ)曇り(くもり)()多い(おおい) 野菜(やさい)値段(ねだん)高く(たかく)なる

日本(にっぽん)太平洋(たいへいよう)(がわ)などでは6月の終わり(おわり)ごろから、曇り(くもり)(あめ)()続い(つずい)ています。太陽(たいよう)()ている時間(じかん)短く(みじかく)て、いつもの(とし)より気温(きおん)低い(ひくい)()多く(おおく)なっています。 東京(とうきょう)では気温(きおん)が25℃まで上がら(あがら)なかった()が、今月(こんげつ)12(にち)まで8(にち)続き(つずき)ました。太陽(たいよう)()ていた時間(じかん)が3時間(じかん)より短かっ(みじかかっ)()も、14(にち)まで18(にち)続き(つずき)ました。こんなに長く(ながく)続い(つずい)(とし)は、1988(ねん)からあとはありませんでした。 特に(とくに)関東(かんとう)地方(ちほう)では太陽(たいよう)出る(でる)時間(じかん)短く(みじかく)なっていて、野菜(やさい)育つ(そだつ)のが遅れ(おくれ)ています。東京(とうきょう)()市場(しじょう)では、きゅうりの値段(ねだん)がいつもの(とし)より50%以上(いじょう)高く(たかく)なっています。なすも20%、ピーマンも10%ぐらい高く(たかく)なっています。 気象庁(きしょうちょう)は、これから1週間(しゅうかん)ぐらいは関東(かんとう)地方(ちほう)から九州(きゅうしゅう)までで、曇り(くもり)(あめ)()多く(おおく)なりそうだと言っ(いっ)ています。

Loading