ベンチじゃもったいない!? (たか)長谷川(はせがわ)川島(かわしま)西武(せいぶ)岡田(おかだ)ら“隠れ(かくれ)た”(こう)選手(せんしゅ)は…【パ(へん)

ソフトバンク・川島(かわしま)(けい)(さん)(ひだり))と長谷川(はせがわ)(いさむ)也【写真(しゃしん)藤浦(ふじうら)(いち)()

ソフトバンクの長谷川(はせがわ)川島(かわしま)打席(だせき)(すう)少ない(すくない)が、主力(しゅりょく)以上(いじょう)打撃(だげき)指標(しひょう)

 新型(しんがた)コロナウイルスの感染(かんせん)拡大(かくだい)開幕(かいまく)延期(えんき)となっているプロ野球(やきゅう)(かく)球団(きゅうだん)選手(せんしゅ)たちは自主(じしゅ)練習(れんしゅう)などで、来る(きたる)べき開幕(かいまく)向け(むけ)調整(ちょうせい)続け(つずけ)ている。ファンにとって開幕(かいまく)向け(むけ)ての関心事(かんしんじ)となるのは、(かく)球団(きゅうだん)布陣(ふじん)(だれ)がどこの(てい)位置(いち)掴む(つかむ)のか、は()になるところだろう。

 キャンプやオープン(せん)を通じて(かく)球団(きゅうだん)布陣(ふじん)大まか(おおまか)固まっ(かたまっ)てきていた。ただ、それぞれの球団(きゅうだん)に“隠れ(かくれ)た”戦力(せんりょく)はいないのだろうか? そこでここではレギュラーとして起用(きよう)されるであろう選手(せんしゅ)よりも優れ(すぐれ)打撃(だげき)指標(しひょう)残し(のこし)ている選手(せんしゅ)注目(ちゅうもく)し、ピックアップしてみる。今回(こんかい)はパ・リーグ(へん)だ。

西武(せいぶ)岡田(おかだ)(まさ)(とし)出塁(しゅつるい)(りつ).375 OPS.768)

 12球団(きゅうだん)でも屈指(くっし)強力(きょうりょく)打線(だせん)誇る(ほこる)西武(せいぶ)。その(なか)意外(いがい)言っ(いっ)ては失礼(しつれい)だが、打撃(だげき)指標(しひょう)優れ(すぐれ)ているのが捕手(ほしゅ)岡田(おかだ)だ。出場(しゅつじょう)は36試合(しあい)、78打席(だせき)少ない(すくない)が、その(なか)出塁(しゅつるい)(りつ).375、OPS.768を記録(きろく)している。50打席(だせき)以上(いじょう)立っ(たっ)ている打者(だしゃ)出塁(しゅつるい)(りつ)はチーム3()、OPSは6()。これはメヒアや栗山(くりやま)木村(きむら)らより高い(たかい)打席(だせき)(すう)増え(ふえ)(とき)にどうなるか、という部分(ぶぶん)はあるが、(もり)をDHなどに入れ(いれ)て、岡田(おかだ)をスタメンで起用(きよう)するのも(さく)として面白(おもしろ)そうだ。

ソフトバンク:長谷川(はせがわ)(いさむ)也(出塁(しゅつるい)(りつ).407 OPS1.012)
ソフトバンク:川島(かわしま)(けい)(さん)出塁(しゅつるい)(りつ).488 OPS1.004)

 2(ねん)連続(れんぞく)日本一(にっぽんいち)輝い(かがやい)ているソフトバンク。選手(せんしゅ)(そう)屈指(くっし)(あつ)さを誇る(ほこる)。その(なか)控え(ひかえ)にしておくのが惜しい(おしい)のが長谷川(はせがわ)川島(かわしま)のベテラン2(にん)だ。長谷川(はせがわ)昨季(さくき)54打席(だせき)川島(かわしま)は88打席(だせき)打席(だせき)(すう)少ない(すくない)ものの、高い(たかい)出塁(しゅつるい)(りつ)、OPSを記録(きろく)。50打席(だせき)以上(いじょう)立っ(たっ)選手(せんしゅ)ではチームの1、2()。この2(にん)をスタメンに組み込ん(くみこん)でみても、面白い(おもしろい)オーダーになりそうだ。

楽天(らくてん):ウィーラー(出塁(しゅつるい)(りつ).320 OPS.738)

 昨季(さくき)の3()からリーグ優勝(ゆうしょう)目指す(めざす)楽天(らくてん)。オフにロメロ、鈴木(すずき)大地(だいち)獲得(かくとく)し、選手(せんしゅ)(そう)(さら)なる厚み(あつみ)持た(もた)せた。外国(がいこく)(じん)(わく)影響(えいきょう)もあり厳しい(きびしい)状況(じょうきょう)置か(おか)れているのがウィーラーだが、昨季(さくき)のOPS.738はチーム6()だった。ただ、楽天(らくてん)今季(こんき)布陣(ふじん)見る(みる)とスタメンで起用(きよう)できるポジションはないか…。

ロッテ:(おか)大海(おおうみ)出塁(しゅつるい)(りつ).330 OPS.739)

 昨季(さくき)はあと(いち)()のところで4()終わっ(おわっ)たロッテ。その(なか)でまずまずの打撃(だげき)指標(しひょう)残し(のこし)ているのが(おか)だ。182打席(だせき)打率(だりつ).227ながら、出塁(しゅつるい)(りつ)はチーム7()の.330、OPSは6()の.739だった。これは(せい)二塁手(にるいしゅ)中村(なかむら)(すすむ)同じ(おなじ)外野(がいや)清田(きよた)らを上回る(うわまわる)。FAで福田(ふくだ)(しげる)加入(かにゅう)したロッテの外野(がいや)(じん)だが、(おか)戦力(せんりょく)として考え(かんがえ)られるだろう。

オリックス:(そう)(たすく)(みがく)出塁(しゅつるい)(りつ).370 OPS.735)

 昨季(さくき)最下位(さいかい)だったオリックス。若い(わかい)(むね)をスタメンで使わ(つかわ)ない()はないだろう。昨季(さくき)の177打席(だせき)記録(きろく)した出塁(しゅつるい)(りつ).370はチーム2()、OPS.735はチーム4()。ライバルよりも打撃(だげき)指標(しひょう)優れ(すぐれ)ている。今季(こんき)中堅(ちゅうけん)のレギュラー筆頭(ひっとう)候補(こうほ)挙がる(あがる)が、打撃(だげき)指標(しひょう)でもレギュラーに相応しい(ふさわしい)言える(いえる)。(Full-Count編集(へんしゅう)()

Loading