DNPとavatarin、アバターロボットの遠隔操作で楽しむアニメ「バンドリ!」企画展

 大日本印刷(DNP)とavatarinは9月4日、イベント会場に設置されたavatarin開発のアバターロボット「newme」(ニューミー)を操作し、遠隔で企画展を鑑賞しながらグッズ購入もできる実証イベント「avatarin ギャラリーツアー in バンドリ!ミュージアム」を開催すると発表した。

 この実証イベントは、「東京アニメセンター in DNPプラザ」で行うアニメ「バンドリ!」をテーマとした企画展「バンドリ!ミュージアム」の会場にnewmeを設置。参加者が自宅のPCからこのロボットを遠隔で操作し、作品を鑑賞するというもの。同時にアバターイン(アクセス)した友人と会話を楽しみながら場内の一部エリアを鑑賞できるほか、グッズコーナーに陳列された企画展オリジナルグッズを購入することも可能となっている。

 バンドリ!ミュージアムは当初8月での開催予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となっていた。今回、遠隔からの参加に限定することで、感染防止に努めながら新たな鑑賞体験が楽しめる展示会として開催する。

 発表にあわせて参加者の募集も開始。開催日は9月11日、14日、16日で、時間は各日18時から、19時から、20時から。参加費用は無料。各回3名1グループで参加を受け付ける。募集人数は1日3組(3日間の合計9組)。販売グッズや応募方法などの詳細は特設サイトにて記載されている。

Loading