「家庭用売上高好調も…」 明治・中村高士執行役員マーケティング本部長

2021年3月期第1四半期業績は、発酵・デイリー部門のヨーグルトや牛乳、家庭用チーズなどが売上好調だった。一方、業務用は(新型コロナの)マイナスインパクトが大きく、外食や土産品が厳しかった。(業務用は第2四半期に入っても)前年からの乖離が大きい。利益については、柱であるヨーグルトが好調に推移したこと、経費を使えなかったことが増益要因。第2四半期も、第1四半期の流れが継続している。下期まで消費者の購買行動等々が劇的に変わることはないだろう。それを見越し、アジャストした形のマーケティングプランに取り組む。

「家庭用売上高好調も…」 明治・中村高士執行役員マーケティング本部長は食品新聞社で公開された投稿です。

Loading