台風10号「特別警報級の勢力」で大東島へ 最大瞬間風速85mか 6日未明にも最接近

台風10号の今後の進路について説明する気象台の志堅原透予報課長

 非常に強い台風10号は発達しながら北上し、特別警報級の勢力で6日未明から明け方に大東島地方にかなり接近する見込みとなっている。大東島地方は5日昼前から6日夕にかけて、長時間にわたり暴風が続く見通しで、沖縄気象台は暴風や高波、高潮、大雨などによる災害が発生するおそれがあるとして警戒を呼びかけている。

 台風10号は4日午前9時時点で日本の南にあり、時速約15㌔で西北西に進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。4日午後9時までには猛烈な勢力となって沖縄地方に接近する見通し。

 大東島地方は4日夕から強風が吹き、5日昼前から暴風となり、沖縄本島地方は5日昼前から強い風が吹き、6日は暴風となって猛烈な風が吹く恐れがある。

 気象台によると、暴風警報は大東島地方で5日明け方ごろ、本島地方で5日夜に発表される見込みで、警報の解除は4日時点で大東島地方は6日夕以降、本島地方は6日夜ごろになる可能性があるという。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は、大東島地方で5日に50メートル(70メートル)、6日に50~60メートル(70~85メートル)、本島地方で5日に23メートル(35メートル)、6日に30~40メートル(40~60メートル)。

 6日正午までの24時間に予想される雨量は大東島地方で200~300ミリ、本島地方で100~200ミリの見込み。波も高く、大東島地方は5~6日にかけて猛烈にしけ、本島地方は5日夕から7日にかけて大しけが続く見込みという。

 気象台の志堅原透予報課長は4日午後に開いた会見で、「4日夜までには台風対策を済ませてほしい。避難情報にも留意し、風が強まる前に頑丈な建物に移動するなど暴風に厳重に警戒を」と呼びかけた。

Loading