「ウイルスバスター」最新版、モバイル向けにフィッシング対策を強化

トレンドマイクロは9月3日、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版を発表した。同社直販ストア「トレンドマイクロ・オンラインショップ」でダウンロード版を同日から発売し、パッケージ版は9月10日より店頭にて販売する。

先週のサイバー事件簿 - Facebookのチャットが乗っ取られる!?

同シリーズは、「ウイルスバスター クラウド」、「ウイルスバスター クラウド+デジタルライフサポート プレミアム」、「ウイルスバスター モバイル」といったバリエーションが用意される。価格の例は「ウイルスバスター クラウド ダウンロード1年版」が5,720円(税込)、「ウイルスバスター モバイル ダウンロード1年版」が3,122円(税込)など。

左:ウイルスバスター クラウド、中央:ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム、右:ウイルスバスター モバイル

スマートフォン向けセキュリティアプリ「ウイルスバスター モバイル」の最新版では、正規サイトと比較することでフィッシングサイトを検知・ブロックする機能を新たに搭載した。Webサイト上の文言やデザインなどを分析し、フィッシング詐欺で悪用されることが多いサイトと類似性が高いと判断した場合には、正規サイトのURLなどと照合を行い、未知のフィッシングサイトをブロックする。

「ウイルスバスター モバイル」で不正サイトを検知する仕組み。1→2→3の順番でWebサイトの評価を行う

また、 iOS、iPadOS向けに搭載している詐欺メッセージ対策機能を強化し、詐欺メッセージで使われることが多い文言の組み合わせや文脈など、文章の特徴を解析し、詐欺SMSと判断した場合に、自動で「迷惑SMS」フォルダに振り分ける仕組みを搭載した。

未知のフィッシングサイトを検知・ブロック

「デジタルライフサポート プレミアム」においては、在宅勤務やオンライン学習で利用されることの多い、Zoom、Microsoft Teams、Chatworkなどオンラインコミュニケーションツールの安全な使い方を支援するサポートを開始する。会議へのパスワード設定方法や、認証された参加者のみが参加できる設定などのサポートを行うほか、オンライン会議の参加方法やミーティングホスト時の開催方法などの問い合わせも受け付けるという。

新たに搭載した詐欺SMSを検知する仕組み

このほか、最新版「ウイルスバスター」シリーズの強化ポイントとしては、Chromebook向けに、不正サイトか否かを判定するWeb脅威対策機能、ブラウザで広告を非表示にする広告ブロック機能、不正なファイルやURLが含まれていない詐欺メールを判定する詐欺メール対策機能、SNSのプライバシー設定チェック機能を新たに追加した。

また、Microsoft Edgeで詐欺メール対策機能および、インターネットバンキングやネットショッピングなどへのフィッシングサイト対策を強化する決済保護ブラウザを提供開始した。

withコロナ時代のセキュリティ - トレンドマイクロ2020年事業戦略

先週のサイバー事件簿 - Web会議アプリ「Zoom」で不正マイニング

先週のサイバー事件簿 - ウイルスバスターの脆弱性を突く攻撃を確認

Loading