東京タワー公認VR空間「バーチャル東京タワー」11月オープン

2020年11月1日(日)に、東京タワー公認の未来型VRエンターテインメント空間「バーチャル東京タワー」がオープンします。バーチャル東京タワーには、VRデバイス、スマートフォン、PCから参加できるバーチャルSNS「cluster」のイベントページにて入ることができます。

バーチャル東京タワー」は、100年後の東京タワーをイメージした未来型エンターテインメント空間。3Dモデルのアバターを使用し、本物の東京タワーと同じようにメインデッキ(高さ150m)やトップデッキ(高さ250m)に昇って、東京の中心から360度のパノラマ夜景を楽しめます。

また、マルチ参加している人とのコミュニケーションも可能。バーチャル東京タワー内でのデートやイベント参加が可能です。さらにバーチャル東京タワー内のショップやグルメタウンで買い物もでき、購入した商品は後日自宅に配送されます。

また、ふもとには野外フェスティバル会場が設営。音楽ライブやファッションショー、グルメフェスティバルの開催もできるそうです。今後はこのバーチャル東京タワーを舞台とした、イベントや企画を実施予定です。なお、イベントページの詳細は10月下旬の発表を予定しています。

(参考)プレスリリース

Loading