因縁(いんねん)()岐阜(ぎふ)快勝(かいしょう) 昨季(さくき)PO逃し(のがし)長良川(ながらがわ)

 ◆明治(めいじ)安田(やすだ)生命(せいめい)J2(だい)27(せつ) 岐阜(ぎふ)0-2福岡(ふくおか)(11(にち)岐阜(ぎふ)メモリアルセンター長良川(ながらがわ)競技(きょうぎ)(じょう)

 福岡(ふくおか)最下位(さいかい)岐阜(ぎふ)との“(うら)天王山(てんのうざん)”を制し(せいし)て、18()浮上(ふじょう)した。前半(ぜんはん)37(ふん)(りょう)(ひがし)〓(ヤン・ドンヒョン)が(ひだり)からのクロスを(からだ)押し込ん(おしこん)先制(せんせい)(てん)決める(きめる)と、後半(こうはん)32(ふん)には途中(とちゅう)出場(しゅつじょう)城後(じょうご)松田(まつだ)のスルーパスをペナルティーエリア(ない)受け(うけ)豪快(ごうかい)右足(みぎあし)シュートを決め(きめ)た。今季(こんき)3(てん)()城後(じょうご)は「(うら)のスペースが空い(あい)ているのは分かっ(わかっ)ていた。いいボールが()たので、うまく反転(はんてん)してシュートに持っ(もっ)ていけた」と手応え(てごたえ)示し(しめし)た。

 岐阜(ぎふ)でのアウェー(せん)は、昨季(さくき)最終(さいしゅう)(せん)以来(いらい)だった。その試合(しあい)は、勝て(かて)ばJ1参入(さんにゅう)プレーオフ(PO)に進める(すすめる)状況(じょうきょう)でスコアレスドローに終わり(おわり)、J1昇格(しょうかく)のチャンスを逃し(のがし)た。試合(しあい)()には、井原(いはら)監督(かんとく)退任(たいにん)表明(ひょうめい)悔し(くやし)さの残る(のこる)結果(けっか)となった。その一戦(いっせん)でスタメン出場(しゅつじょう)していた城後(じょうご)は「もう昨年(さくねん)のこと」と冷静(れいせい)振り返っ(ふりかえっ)たが、今後(こんご)巻き返し(まきかえし)への決意(けつい)語っ(かたっ)た。

 「勝つ(かつ)負ける(まける)では(J2)残留(ざんりゅう)影響(えいきょう)する大事(だいじ)試合(しあい)だった。みんなが危機(きき)(かん)持っ(もっ)戦っ(たたかっ)て、こういう結果(けっか)になった。ミスがあっても、みんなでカバーして戦っ(たたかっ)ていけば、失点(しってん)防げる(ふせげる)。チームは少し(すこし)ずつ、ポジティブに変化(へんか)している。いいメンバーがいるし、この順位(じゅんい)にいるチームじゃない。早く(はやく)抜け出し(ぬけだし)ていかないと」。今季(こんき)(いち)()連勝(れんしょう)がないだけに、17(にち)のホーム徳島(とくしま)(せん)での勝利(しょうり)照準(しょうじゅん)合わせ(あわせ)た。

※〓は「()へん」に「(げん)

Loading