人前(ひとまえ)であがる(ひと)」の特徴(とくちょう)は? たった2(ふん)緊張(きんちょう)解ける(とける)(うら)(わざ)

image via shutterstock

プレゼンで(あたま)真っ白(まっしろ)会議(かいぎ)発言(はつげん)ができない、初対面(しょたいめん)憂うつ(ゆううつ)など、人生(じんせい)には公私(こうし)にかかわらず緊張(きんちょう)余儀なく(よぎなく)される場面(ばめん)がつきもの。

そんなときに使える(つかえる)(だれ)でも簡単(かんたん)緊張(きんちょう)がとれる方法(ほうほう)がある」と、演技(えんぎ)トレーナーの伊藤(いとう)(たけ)(きょう)(いとうたけやす)さんは言い(いい)ます。

俳優(はいゆう)への指導(しどう)はもちろん、ビジネスパーソンや主婦(しゅふ)学生(がくせい)対象(たいしょう)に、演劇(えんげき)理論(りろん)基づい(もとずい)仕事(しごと)生活(せいかつ)支え(ささえ)になる緊張(きんちょう)取り(とり)(かた)をレッスンしている伊藤(いとう)さん。実は(じつは)自身(じしん)ももともと緊張(きんちょう)しやすい性格(せいかく)で、俳優(はいゆう)志し(こころざし)ていた(ころ)出演(しゅつえん)した舞台(ぶたい)やオーディションなどで(なん)()となく失敗(しっぱい)してきたのだそう。

その経験(けいけん)から編み出し(あみだし)たのが、演技(えんぎ)理論(りろん)の「スタニスラフスキー・システム」をベースにした「伊藤(いとう)(しき)緊張(きんちょう)撃退(げきたい)メソッド」。これまで3(まん)(にん)もの緊張(きんちょう)をとることに成功(せいこう)してきたメソッドとは、どんなものなのでしょうか? 伊藤(いとう)さんの著書(ちょしょ)、『人前(ひとまえ)(へん)緊張(きんちょう)しなくなるすごい方法(ほうほう)』(アスコム)から紹介(しょうかい)します。

まじめな(ひと)ほどあがりやすい

image via shutterstock

そもそも緊張(きんちょう)とは、医学(いがく)(てき)には、(のう)(ない)ホルモンの(いち)(しゅ)であるノルアドレナリンが過剰(かじょう)分泌(ぶんぴつ)されている状態(じょうたい)交感神経(こうかんしんけい)活発(かっぱつ)になりすぎて、自律(じりつ)神経(しんけい)のバランスが崩れ(くずれ)てしまいます。その結果(けっか)動悸(どうき)冷や汗(ひやあせ)(こえ)震え(ふるえ)赤面(せきめん)などさまざまな症状(しょうじょう)出る(でる)のだそう。

緊張(きんちょう)しやすい(ひと)特徴(とくちょう)は、まじめで責任(せきにん)(かん)強い(つよい)(ひと)、と伊藤(いとう)さんは言い(いい)ます。「責任(せきにん)果たさ(はたさ)なければ」と思え(おもえ)思う(おもう)ほど、プレゼンで言う(いう)べきことを忘れ(わすれ)てしまったり、商談(しょうだん)でうまく話せ(はなせ)なくて取引(とりひき)成立(せいりつ)しなかったり……。「自分(じぶん)与え(あたえ)られた役割(やくわり)をきっちりと果たし(はたし)たいと考え(かんがえ)ているまじめで責任(せきにん)(かん)強い(つよい)(ひと)こそ、そんな思い(おもい)にとらわれてしまう」と伊藤(いとう)さん。

さらに、「(わたし)緊張(きんちょう)していない」と言い聞かせ(いいきかせ)たり、「(やく)になりきれ」と暗示(あんじ)をかけたりすると、かえって緊張(きんちょう)高め(たかめ)てしまってドツボにはまることも。これは(こころ)操作(そうさ)しようとして、少し(すこし)でも無理強い(むりじい)するとフリーズしてしまうのだそう。

スタニスラフスキー・システムには、「(こころ)直接(ちょくせつ)操作(そうさ)できない」という教え(おしえ)があります。
感情(かんじょう)をこめろ、(やく)になり切れ(きれ)勇気(ゆうき)持て(もて)、などと(こころ)直接(ちょくせつ)操作(そうさ)しようとしても、それは無理強い(むりじい)であり、かえって緊張(きんちょう)はひどくなり、(あたま)(なか)真っ白(まっしろ)になるだけだというのです。

人前(ひとまえ)(へん)緊張(きんちょう)しなくなるすごい方法(ほうほう)』85ページより引用(いんよう)

その一方(いっぽう)で、「(こころ)間接(かんせつ)(てき)には誘導(ゆうどう)ができる」、つまり身体(しんたい)使う(つかう)ことで(こころ)影響(えいきょう)与え(あたえ)られる言い(いい)ます。好き(すき)(うた)口ずさん(くちずさん)でいたら気持ち(きもち)明るく(あかるく)なった、という経験(けいけん)をしたことがある(ひと)多い(おおい)思い(おもい)ますが、まさに、この理論(りろん)当てはまり(あてはまり)ます。

スタニスラフスキー・システムをベースに伊藤(いとう)さんが編み出し(あみだし)緊張(きんちょう)をほどく方法(ほうほう)は、(もと)自分(じぶん)」から「(べつ)自分(じぶん)」に自動的(じどうてき)切り替え(きりかえ)てしまうことで、「緊張(きんちょう)しない自分(じぶん)」を目指そ(めざそ)というもの。

思考(しこう)停止(ていし)し、緊張(きんちょう)している(ひと)絶対(ぜったい)にしない行動(こうどう)をすることで、(こころ)楽しま(たのしま)せるのがポイントに。「考える(かんがえる)より(さき)行動(こうどう)すること。そうすることで、(こころ)勝手(かって)誘導(ゆうどう)されます」と伊藤(いとう)さんは言い(いい)ます。

(のう)楽しく(たのしく)させる「笑い(わらい)」トレ

大事(だいじ)なイベントの()自宅(じたく)でやっておくといいのが、笑い(わらい)(かた)7変化(へんか)という動き(うごき)

(のう)楽しく(たのしく)することが目的(もくてき)で、(かがみ)(まえ)(かお)をゆがめたり、声質(せいしつ)やトーン、スピードなどを変え(かえ)ながら、「ふぇっふぇっふぇふげぇっ!」「フォッフォッフォッフォッ!」などと大声(おおごえ)笑う(わらう)ものです。なるべく大げさ(おおげさ)行う(おこなう)ことがポイントに。

緊張(きんちょう)()(ひと)は「楽しく(たのしく)ない」状態(じょうたい)ですが、無理やり(むりやり)にでも笑っ(わらっ)ていると、いつのまにか(こころ)まで楽しい(たのしい)状態(じょうたい)誘導(ゆうどう)されていくのです。

緊張(きんちょう)しやすい自分(じぶん)壊す(こわす)、めちゃくちゃダンス

もうひとつ、緊張(きんちょう)しない予防(よぼう)(さく)が「ジブリッシュダンス」というもの。

意味(いみ)設定(せってい)感情(かんじょう)(なに)考え(かんがえ)ずに、たとえば「シュビドゥバドゥバラ〜ララルラレ」などと、なんちゃって外国(がいこく)()みたいなめちゃくちゃ言葉(ことば)をしゃべりまくります。
踊る(おどる)ような振り(ふり)をまじえて行え(おこなえ)ば、さらに効果(こうか)(てき)です。

人前(ひとまえ)(へん)緊張(きんちょう)しなくなるすごい方法(ほうほう)』23ページより引用(いんよう)

伊藤(いとう)さん曰く(いわく)、「ジブリッシュダンス」の目的(もくてき)は、きちんとした日本語(にほんご)話さ(はなさ)なければという常識(じょうしき)理性(りせい)から解放(かいほう)されて、緊張(きんちょう)しやすい自分(じぶん)壊し(こわし)ていくこと。ちなみに、「ジブリッシュ」とは「めちゃくちゃ言葉(ことば)」という意味(いみ)なのだそう。

どちらも、それぞれ2(ふん)でOK。これなら取り入れ(とりいれ)やすく、本番(ほんばん)(まえ)簡単(かんたん)実践(じっせん)できそうです。

本番(ほんばん)直前(ちょくぜん)緊張(きんちょう)から意識(いしき)をそらす

image via shutterstock

基本(きほん)(てき)には自宅(じたく)出る(でる)(まえ)行う(おこなう)伊藤(いとう)(しき)緊張(きんちょう)撃退(げきたい)メソッド」で、緊張(きんちょう)とは無縁(むえん)本番(ほんばん)迎え(むかえ)られると伊藤(いとう)さん。ただ、世の中(よのなか)なにが起こる(おこる)かわかりません。そこで現場(げんば)のシメとして、会場(かいじょう)到着(とうちゃく)したら「その()ダッシュ」をするのがおすすめ

その()駆け足(かけあし)をしているつもりでモモ上げ(あげ)ダッシュを行なっ(おこなっ)てください。(からだ)意識(いしき)向け(むけ)(こころ)緊張(きんちょう)向かわ(むかわ)ないようにします。

人前(ひとまえ)(へん)緊張(きんちょう)しなくなるすごい方法(ほうほう)』26ページより引用(いんよう)

近く(ちかく)公園(こうえん)人通り(ひとどおり)少ない(すくない)廊下(ろうか)、トイレなどどこでやってかまわないそう。疲れ(つかれ)(いき)上がる(あがる)くらいに行う(おこなう)効果(こうか)(てき)身体(しんたい)疲れる(つかれる)と、緊張(きんちょう)している場合(ばあい)ではなくなるのですね。

このほか、「全身(ぜんしん)グッ・パー」や「(かた)ストン」など、万が一(まんがいち)本番(ほんばん)(ちゅう)緊張(きんちょう)してわけがわからなくなってしまったときのための4つのお守りも本書(ほんしょ)紹介(しょうかい)されています。

緊張(きんちょう)撃退(げきたい)メソッドを実践(じっせん)し、人前(ひとまえ)での(へん)緊張(きんちょう)から解放(かいほう)され、どんな場面(ばめん)でもリラックスして物事(ものごと)にあたれるようになりたいですね。

ハーブのちからで緊張(きんちょう)をゆるめる

人前(ひとまえ)(へん)緊張(きんちょう)しなくなるすごい方法(ほうほう)画像(がぞう)提供(ていきょう):アスコム

Loading