KAT-TUN 燃エール!来年(らいねん)のデビュー決まっ(きまっ)後輩(こうはい)へ!走り(はしり)続け(つずけ)待っ(まっ)てるゼ

 KAT-TUNがライブツアー「IGNITE」神奈川(かながわ)公演(こうえん)行っ(おこなっ)

 KAT-TUNのライブツアー「IGNITE」神奈川(かながわ)公演(こうえん)が11(にち)横浜アリーナ(よこはまあり-な)行わ(おこなわ)れた。野性(やせい)()魅力(みりょく)の3(にん)にふさわしく、特殊(とくしゅ)効果(こうか)(やく)500(はつ)(ぶん)(ほのお)でステージを華麗(かれい)演出(えんしゅつ)。「Diamond Sky」など(ぜん)26(きょく)魅了(みりょう)した。デイリースポーツなどの取材(しゅざい)応じ(おうじ)た3(にん)は、来年(らいねん)のCDデビューが決まっ(きまっ)たジャニーズJr.のユニット「Snow Man」と「SixTONES」に言及(げんきゅう)、かつてバックダンサーを務め(つとめ)後輩(こうはい)にエールを送っ(おくっ)た。

 熱い(あつい)(ほのお)とともに(まく)開け(あけ)た。KAT-TUNのアリーナツアー史上(しじょう)最多(さいた)()使っ(つかっ)たステージング。アルバムとツアーのタイトル「IGNITE」は「発火(はっか)する、燃え上がら(もえあがら)せる」の()だ。亀梨(かめなし)和也(かずや)(33)は「起き(おき)てんのか!」とファンに呼びかけ(よびかけ)、オープニングからボルテージは最高潮(さいこうちょう)達し(たっし)た。

 らしさ全開(ぜんかい)だった。中丸(なかまる)雄一(ゆういち)(35)作詞(さくし)の「We are KAT-TUN」では「ペンライトほぼ武器(ぶき) 空港(くうこう)検査(けんさ)引っかかる(ひっかかる)」、「()(きょう)すぎ 消防(しょうぼう)(ほう)厳守(げんしゅ)」と“KAT-TUNあるある”をふんだんに盛り込ん(もりこん)歌詞(かし)でヒートアップ。上田(うえだ)竜也(たつや)(35)はソロ(きょく)百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」でステージ(じょう)にファンを呼び(よび)、ラップバトルで沸か(わか)せた。

 エンターテイナーとしての貫禄(かんろく)存分(ぞんぶん)発揮(はっき)した3(にん)開演(かいえん)(まえ)取材(しゅざい)では、来年(らいねん)同日(どうじつ)デビューが決まっ(きまっ)た「Snow Man」と「SixTONES」を祝福(しゅくふく)した。ともに亀梨(かめなし)のソロツアーやKAT-TUNのツアーでバックダンサーを務める(つとめる)など(えん)深く(ふかく)(こころ)から“門出(かどで)”を喜ん(よろこん)だ。

 亀梨(かめなし)は「関わり(かかわり)のあった()たちが舞台(ぶたい)立つ(たつ)のはシンプルにうれしい。新しい(あたらしい)時代(じだい)流れ(ながれ)でやっていく彼ら(かれら)には頑張っ(がんばっ)てほしい」と、次世代(じせだい)担う(になう)後輩(こうはい)たちに期待(きたい)中丸(なかまる)も「まずは最大(さいだい)目標(もくひょう)達成(たっせい)できたこと、おめでとう」と喜び(よろこび)上田(うえだ)は「同じ(おなじ)戦場(せんじょう)立つ(たつ)ことになるけど、ここから始まる(はじまる)戦場(せんじょう)仲間(なかま)として成長(せいちょう)していきたい」と共闘(きょうとう)誓っ(ちかっ)た。

 2006(ねん)に「Real Face」でデビューし、ミリオンセラーを記録(きろく)走り(はしり)続ける(つずける)(にん)は、先輩(せんぱい)としての矜持(きんじ)(きょうじ)をにじませた。

Loading