新潟(にいがた)(しん)(うま)(せん)藤沢(ふじさわ)(かず)厩舎(きゅうしゃ)×ルメール 牝馬(ひんば)2(とう)連勝(れんしょう)

 藤沢(ふじさわ)(かず)厩舎(きゅうしゃ)×ルメールの黄金(おうごん)タッグで注目(ちゅうもく)集め(あつめ)たディープインパクト(さん)(こま)牝馬(ひんば)2(とう)新潟(にいがた)(しん)(うま)(せん)をジャックした。まずは5R((しば)1800メートル)。(べい)G1・5(しょう)(めい)(めす)ステファニーズキトゥンを(はは)持つ(もつ)カトゥルスフェリスが断然(だんぜん)人気(にんき)応え(こたえ)た。道中(どうちゅう)中団(ちゅうだん)からレースを運び(はこび)、ゴール(まえ)(まえ)をかわした。ルメールは「センスがあるね。乗り(のり)やすいし距離(きょり)は2000メートルは絶対(ぜったい)大丈夫(だいじょうぶ)」と語っ(かたっ)た。

新潟(にいがた)5R(しん)(うま)(せん) 1(ちゃく)となったルメール騎乗(きじょう)のカトゥルスフェリス(撮影(さつえい)西川(にしかわ)祐介(ゆうすけ)

 続く(つずく)6R((しば)1600メートル)は米国(べいこく)(しば)、ダート(りょう)G1制覇(せいは)飾っ(かざっ)たヨシダの(はん)(いもうと)サンクテュエールが先行(せんこう)押し切り(おしきり)。「彼女(かのじょ)はスピードタイプで、(からだ)大人(おとな)勝つ(かつ)自信(じしん)があった」とルメール。「藤沢(ふじさわ)厩舎(きゅうしゃ)の2(さい)()はどんどん成長(せいちょう)する。デビュー(せん)勝て(かて)たということはいい(うま)になるはずだね」と上機嫌(じょうきげん)だった。今後(こんご)共に(ともに)ノーザンファーム天栄(てんえい)放牧(ほうぼく)出さ(ださ)れる。藤沢(ふじさわ)(かず)()は「まだまだ良く(よく)なると思う(おもう)始動(しどう)(せん)(うま)様子(ようす)()決め(きめ)ます」とした。

Loading