(せい)暴力(ぼうりょく)撲滅(ぼくめつ)思い(おもい)共有(きょうゆう) 那覇(なは)で200(にん)県内(けんない)(はつ)のフラワーデモ

(はな)()に、(せい)暴力(ぼうりょく)撲滅(ぼくめつ)訴える(うったえる)発言(はつげん)(みみ)傾ける(かたむける)フラワーデモ参加(さんか)(しゃ)=11(にち)(よる)那覇(なは)()県民(けんみん)広場(ひろば)

 (はな)()に、(せい)暴力(ぼうりょく)許さ(ゆるさ)ない思い(おもい)被害(ひがい)(しゃ)寄り添う(よりそう)「フラワーデモin沖縄(おきなわ)」が11(にち)那覇(なは)()泉崎(いずみざき)県庁(けんちょう)(ぜん)県民(けんみん)広場(ひろば)開か(ひらか)れた。趣旨(しゅし)賛同(さんどう)する200(にん)主催(しゅさい)(しゃ)発表(はっぴょう))が参加(さんか)した。(せい)被害(ひがい)受け(うけ)た「サバイバー」や支援(しえん)(しゃ)一般(いっぱん)参加(さんか)(しゃ)らが、それぞれの思い(おもい)共有(きょうゆう)した。同日(どうじつ)全国(ぜんこく)18都市(とし)でフラワーデモがあり、県内(けんない)での開催(かいさい)初めて(はじめて)。 今年(ことし)3月に相次い(あいつい)(せい)暴力(ぼうりょく)事件(じけん)無罪(むざい)判決(はんけつ)契機(けいき)に、フラワーデモは4月11(にち)東京(とうきょう)大阪(おおさか)始まっ(はじまっ)た。共感(きょうかん)広がり(ひろがり)毎月(まいつき)11(にち)(はな)持っ(もっ)被害(ひがい)(しゃ)寄り添う(よりそう)行動(こうどう)実施(じっし)される。



 最初(さいしょ)発言(はつげん)した女性(じょせい)は「13(さい)(とき)(せい)暴力(ぼうりょく)遭い(あい)(はん)世紀(せいき)にわたって時間(じかん)止まっ(とまっ)たようだった。尊厳(そんげん)とは(なに)か、(いのち)とは(なに)かを伝え(つたえ)たかった」と、(こえ)震わせ(ふるわせ)た。



 (べつ)女性(じょせい)は「長く(ながく)寄り添っ(よりそっ)女性(じょせい)がサバイバーだった。彼女(かのじょ)悪く(わるく)なく、加害(かがい)(しゃ)悪い(わるい)思う(おもう)。みんなが安心(あんしん)できる社会(しゃかい)になってほしい」と(こえ)絞り出し(しぼりだし)、「加害(かがい)(しゃ)にもならないで」と伝え(つたえ)た。



 17(さい)米兵(べいへい)(くるま)連れ込ま(つれこま)被害(ひがい)遭っ(あっ)たという女性(じょせい)は「50(ねん)以上(いじょう)苦しん(くるしん)できた。被害(ひがい)遭っ(あっ)(ひと)のどこが悪い(わるい)の、と言い(いい)たい。悪く(わるく)ないと守っ(まもっ)てあげてほしい」と話す(はなす)。さらに「たとえ夫婦(ふうふ)でも、相手(あいて)気持ち(きもち)尊重(そんちょう)して」と訴え(うったえ)た。



 「普段(ふだん)立派(りっぱ)社会(しゃかい)運動(うんどう)をしている(ひと)(せい)暴力(ぼうりょく)をしている」と(こえ)上げる(あげる)女性(じょせい)も。しかし(おおやけ)にはできず「加害(かがい)(しゃ)(だれ)かによって扱い(あつかい)変わる(かわる)のは、(わたし)には分から(わから)ない」と悔し(くやし)さをにじませた。



 蒸し暑い(むしあつい)空気(くうき)(なか)周囲(しゅうい)暗く(くらく)なっても(やく)時間(じかん)発言(はつげん)続き(つずき)(はな)握り締め(にぎりしめ)静か(しずか)聴き入る(ききいる)姿(すがた)もあった。



 呼び掛け(よびかけ)(じん)上野(うえの)さやかさんは「思い(おもい)をつないでいくことが今後(こんご)課題(かだい)集会(しゅうかい)がなくても発信(はっしん)したり助け合っ(たすけあっ)たりできる社会(しゃかい)であってほしい」と語っ(かたっ)た。刑法(けいほう)(せい)犯罪(はんざい)規定(きてい)改正(かいせい)への機運(きうん)高める(たかめる)ため、フラワーデモは9月以降(いこう)全国(ぜんこく)各地(かくち)開催(かいさい)される予定(よてい)だ。

 

 ツイッターの「flowerdemo―okinawa」でも情報(じょうほう)発信(はっしん)している。

Loading