4~6(つき)()GDP、景気(けいき)悲観(ひかん)(ろん)覆し(くつがえし)た「原動力(げんどうりょく)」とそれでも残る(のこる)不安(ふあん)

本年(ほんねん)(はる)までは景気(けいき)に対する悲観(ひかん)(てき)見方(みかた)世の中(よのなか)広がっ(ひろがっ)ていたが、今回(こんかい)発表(はっぴょう)された4~6(つき)()実質(じっしつ)GDPは、市場(しじょう)予測(よそく)上回る(うわまわる)プラス成長(せいちょう)となった(写真(しゃしん)はイメージです) Photo:PIXTA

景気(けいき)回復(かいふく)基調(きちょう)継続(けいぞく)確認(かくにん)
高め(たかめ)のプラス成長(せいちょう)だった4~6(つき)()GDP

 2019(ねん)4~6(つき)()実質(じっしつ)GDPは前期(ぜんき)()年率(ねんりつ)+1.8%と、市場(しじょう)予想(よそう)(どう)+0.4%)を上回る(うわまわる)高め(たかめ)のプラス成長(せいちょう)となった。昨年(さくねん)後半(こうはん)から(もと)年春(としはる)にかけては、輸出(ゆしゅつ)生産(せいさん)減少(げんしょう)背景(はいけい)景気(けいき)に対する悲観(ひかん)(てき)見方(みかた)広がり(ひろがり)一部(いちぶ)エコノミストの()では、景気(けいき)はすでに後退(こうたい)局面(きょくめん)にあるとの見方(みかた)()ていた。

 もっとも、過去(かこ)3四半期(しはんき)成長(せいちょう)(りつ)平均(へいきん)すると年率(ねんりつ)+2.1%となり、1%程度(ていど)とみられる日本(にっぽん)経済(けいざい)潜在(せんざい)成長(せいちょう)(りつ)大きく(おおきく)上回っ(うわまわっ)ている。確か(たしか)製造(せいぞう)(ぎょう)生産(せいさん)活動(かつどう)などに弱い(よわい)動き(うごき)がみられるものの、景気(けいき)停滞(ていたい)(かん)一部(いちぶ)部門(ぶもん)にとどまっている。日本(にっぽん)全体(ぜんたい)景気(けいき)動向(どうこう)表す(あらわす)GDP統計(とうけい)をみる限り(かぎり)少なくとも(すくなくとも)2019(ねん)前半(ぜんはん)までは、景気(けいき)回復(かいふく)続い(つずい)たと判断(はんだん)してよさそうである。

 景気(けいき)回復(かいふく)をけん引しているのは、内需(ないじゅ)である。4~6(つき)()のGDPを需要(じゅよう)項目(こうもく)(べつ)にみると、外需(がいじゅ)寄与(きよ)前期(ぜんき)()年率(ねんりつ)▲1.2%ポイントと成長(せいちょう)(りつ)大きく(おおきく)押し下げ(おしさげ)一方(いっぽう)内需(ないじゅ)寄与(きよ)()(どう)+3.0%ポイントと、堅調(けんちょう)さが際立っ(きわだっ)た。

 とりわけ好調(こうちょう)だったのが、設備(せつび)投資(とうし)(どう)+6.1%)である。9(つき)9(にち)公表(こうひょう)される2()速報(そくほう)では下方(かほう)修正(しゅうせい)される可能(かのう)(せい)高い(たかい)ものの、これまでのところ輸出(ゆしゅつ)減少(げんしょう)背景(はいけい)設備(せつび)投資(とうし)先送り(さきおくり)する動き(うごき)はほとんど見受け(みうけ)られない。

 一方(いっぽう)個人(こじん)消費(しょうひ)(どう)+2.5%と高め(たかめ)伸び(のび)となった。これは、改元(かいげん)伴う(ともなう)10連休(れんきゅう)影響(えいきょう)旅行(りょこう)外食(がいしょく)などのサービス消費(しょうひ)好調(こうちょう)だったことや、耐久(たいきゅう)(ざい)消費(しょうひ)一部(いちぶ)で10(つき)消費(しょうひ)増税(ぞうぜい)控え(ひかえ)駆け込み(かけこみ)需要(じゅよう)動き(うごき)がみられたなど、一時(いちじ)(てき)押し上げ(おしあげ)要因(よういん)寄与(きよ)した側面(そくめん)大きい(おおきい)。ただし、4~6(つき)()名目(めいもく)雇用(こよう)(しゃ)報酬(ほうしゅう)前年(ぜんねん)()+2.0%増加(ぞうか)するなど、所得(しょとく)環境(かんきょう)改善(かいぜん)続い(つずい)ていることも、個人(こじん)消費(しょうひ)回復(かいふく)続く(つずく)要因(よういん)の1つとなっている。

 このように4~6(つき)()のGDP統計(とうけい)では、景気(けいき)回復(かいふく)基調(きちょう)継続(けいぞく)確認(かくにん)されたものの、先行き(さきゆき)については、景気(けいき)大幅(おおはば)失速(しっそく)懸念(けねん)するエコノミストも少なく(すくなく)ない。これは、8(つき)入り(はいり)トランプ大統領(だいとうりょう)(たい)(ちゅう)制裁(せいさい)関税(かんぜい)(だい)4(だん)発動(はつどう)示唆(しさ)するなど、(べい)中間(ちゅうかん)対立(たいりつ)再燃(さいねん)しているためである。海外(かいがい)経済(けいざい)不透明(ふとうめい)(かん)が、設備(せつび)投資(とうし)下押し(したおし)するとの見方(みかた)依然として(いぜんとして)燻っ(くすぶっ)ている。

 また10(つき)には、消費(しょうひ)増税(ぞうぜい)という景気(けいき)下押し(したおし)要因(よういん)控え(ひかえ)ている。景気(けいき)後退(こうたい)リスクの高まり(たかまり)受け(うけ)政府(せいふ)与党(よとう)(ない)では、追加(ついか)経済(けいざい)対策(たいさく)検討(けんとう)する動き(うごき)()てきたようである。

 筆者(ひっしゃ)も、輸出(ゆしゅつ)先行き(さきゆき)に対しては楽観(らっかん)()しておらず、景気(けいき)をけん引するほどの持ち直し(もちなおし)期待(きたい)できないと考え(かんがえ)ている。もっとも、設備(せつび)投資(とうし)個人(こじん)消費(しょうひ)腰折れ(こしおれ)するリスクは小さい(ちいさい)とみており、内需(ないじゅ)をけん引(やく)緩やか(ゆるやか)景気(けいき)回復(かいふく)続く(つずく)予想(よそう)する。以下(いか)では、今後(こんご)景気(けいき)をみる(うえ)でポイントとなる、設備(せつび)投資(とうし)個人(こじん)消費(しょうひ)先行き(さきゆき)について詳しく(くわしく)みていきたい。

設備(せつび)投資(とうし)拡大(かくだい)の2つの需要(じゅよう)
省力(しょうりょく)()投資(とうし)更新(こうしん)投資(とうし)活発(かっぱつ)()

 海外(かいがい)経済(けいざい)不透明(ふとうめい)(かん)強まる(つよまる)なかでも、設備(せつび)投資(とうし)拡大(かくだい)続く(つずく)とみる背景(はいけい)には、構造(こうぞう)(てき)要因(よういん)がもたらす投資(とうし)需要(じゅよう)(つよ)さがある。具体(ぐたい)(てき)には、人手(ひとで)不足(ふそく)働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)伴う(ともなう)省力(しょうりょく)()投資(とうし)と、設備(せつび)老朽(ろうきゅう)()伴う(ともなう)更新(こうしん)投資(とうし)、という2つの需要(じゅよう)である。

 政策(せいさく)投資(とうし)銀行(ぎんこう)全国(ぜんこく)設備(せつび)投資(とうし)計画(けいかく)調査(ちょうさ)(6(つき)24(にち)期日(きじつ)として実施(じっし))によると、2019年度(ねんど)国内(こくない)設備(せつび)投資(とうし)は、()製造(せいぞう)(ぎょう)前年度(ぜんねんど)()+10.5%、製造(せいぞう)(ぎょう)(どう)+13.5%と、いずれも高め(たかめ)伸び(のび)となった2018年度(ねんど)実績(じっせき)()製造(せいぞう)(ぎょう)(どう)+10.7%、製造(せいぞう)(ぎょう)(どう)+12.8%)並み(なみ)計画(けいかく)となっている。

 まず、()製造(せいぞう)(ぎょう)積極(せっきょく)(てき)設備(せつび)投資(とうし)姿勢(しせい)背景(はいけい)には、人手(ひとで)不足(ふそく)深刻(しんこく)()働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)がある。日銀短観(にちぎんたんかん)における()製造(せいぞう)(ぎょう)雇用(こよう)人員(じんいん)判断(はんだん)DIは1992(ねん)以来(いらい)雇用(こよう)不足(ふそく)水準(すいじゅん)にあるなど、人手(ひとで)不足(ふそく)(かん)はバブル()迫る(せまる)(つよ)さである。

 さらに、4(つき)働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)関連(かんれん)(ほう)施行(しこう)されたことで、企業(きぎょう)人手(ひとで)不足(ふそく)対応(たいおう)だけでなく長時間(ちょうじかん)労働(ろうどう)是正(ぜせい)にも取り組む(とりくむ)ことが必要(ひつよう)になった。()製造(せいぞう)(ぎょう)長時間(ちょうじかん)労働(ろうどう)(しゃ)比率(ひりつ)製造(せいぞう)(ぎょう)(やく)2(ばい)上り(のぼり)運輸(うんゆ)郵便(ゆうびん)宿泊(しゅくはく)飲食(いんしょく)サービスなど、長時間(ちょうじかん)労働(ろうどう)(しゃ)比率(ひりつ)が2(わり)達する(たっする)業種(ぎょうしゅ)もある。

 こうしたなか、企業(きぎょう)省力(しょうりょく)()合理(ごうり)()投資(とうし)積極(せっきょく)()しており、特に(とくに)RPAなどの省力(しょうりょく)()につながるソフトウェア投資(とうし)大幅(おおはば)積み増し(つみまし)ている。海外(かいがい)経済(けいざい)不透明(ふとうめい)(かん)輸出(ゆしゅつ)動向(どうこう)投資(とうし)計画(けいかく)左右(さゆう)されにくい()製造(せいぞう)(ぎょう)設備(せつび)投資(とうし)活発(かっぱつ)()していることは、先行き(さきゆき)景気(けいき)に対してもプラスといえよう。

 一方(いっぽう)製造(せいぞう)(ぎょう)投資(とうし)需要(じゅよう)支え(ささえ)ているのが更新(こうしん)投資(とうし)である。とりわけここ(すう)(ねん)は、老朽(ろうきゅう)()した工場(こうじょう)建て替え(たてかえ)活発(かっぱつ)()している。実際(じっさい)製造(せいぞう)(ぎょう)建設(けんせつ)投資(とうし)機械(きかい)投資(とうし)大幅(おおはば)上回る(うわまわる)ペースで増加(ぞうか)している。バブル崩壊(ほうかい)以降(いこう)建設(けんせつ)投資(とうし)抑制(よくせい)工場(こうじょう)老朽(ろうきゅう)()進行(しんこう)したため、古い(ふるい)工場(こうじょう)最新(さいしん)工場(こうじょう)更新(こうしん)する動き(うごき)広がっ(ひろがっ)ているのだ。

 もっとも、足もと(あしもと)工場(こうじょう)新設(しんせつ)は、全体(ぜんたい)としてみれば既存(きそん)工場(こうじょう)のごく一部(いちぶ)建て替え(たてかえ)られたに過ぎ(すぎ)ない。工場(こうじょう)建築(けんちく)時期(じき)(べつ)(ゆか)面積(めんせき)をみると、現存(げんそん)する工場(こうじょう)のうち6(わり)(きょう)が1990(ねん)以前(いぜん)建て(たて)られた古い(ふるい)工場(こうじょう)であり、潜在(せんざい)(てき)建て替え(たてかえ)ニーズは依然として(いぜんとして)非常(ひじょう)大きい(おおきい)今後(こんご)、これらの工場(こうじょう)順次(じゅんじ)建て替え(たてかえ)時期(じき)迎える(むかえる)ことで、製造(せいぞう)(ぎょう)設備(せつび)投資(とうし)中期(ちゅうき)(てき)にけん引すると期待(きたい)される。

消費(しょうひ)増税(ぞうぜい)()でも家計(かけい)
実質(じっしつ)所得(しょとく)はプラスに

 増税(ぞうぜい)()でも個人(こじん)消費(しょうひ)腰折れ(こしおれ)する可能(かのう)(せい)小さい(ちいさい)とみている理由(りゆう)は、(だい)規模(きぼ)消費(しょうひ)増税(ぞうぜい)対策(たいさく)実施(じっし)されることもあり、実質(じっしつ)ベースでの所得(しょとく)目減り(めべり)抑え(おさえ)られるためである。

 増税(ぞうぜい)景気(けいき)与える(あたえる)影響(えいきょう)は、物価(ぶっか)上昇(じょうしょう)伴う(ともなう)家計(かけい)負担(ふたん)所得(しょとく)環境(かんきょう)のバランスが(かぎ)握る(にぎる)前回(ぜんかい)(2014(ねん))の消費(しょうひ)増税(ぞうぜい)()振り返る(ふりかえる)と、増税(ぞうぜい)伴い(ともない)消費(しょうひ)(しゃ)物価(ぶっか)前年(ぜんねん)()+3.0%上昇(じょうしょう)した。一方(いっぽう)家計(かけい)所得(しょとく)は、内閣(ないかく)()(そう)雇用(こよう)(しゃ)所得(しょとく)ベースで(どう)+1.6%の伸び(のび)にとどまった。子育て(こそだて)世帯(せたい)給付(きゅうふ)(きん)などの増税(ぞうぜい)対策(たいさく)による所得(しょとく)押し上げ(おしあげ)効果(こうか)も、+0.2%ポイントと小さかっ(ちいさかっ)た。結果(けっか)として、物価(ぶっか)上昇(じょうしょう)所得(しょとく)伸び(のび)を1.2%ポイント上回っ(うわまわっ)たため(図表(ずひょう)1参照(さんしょう))、家計(かけい)実質(じっしつ)購買(こうばい)(りょく)大きく(おおきく)低下(ていか)し、個人(こじん)消費(しょうひ)低迷(ていめい)長引く(ながびく)こととなった。

 一方(いっぽう)今回(こんかい)消費(しょうひ)増税(ぞうぜい)()は、前回(ぜんかい)比べ(くらべ)税率(ぜいりつ)引き上げ(ひきあげ)(はば)小さい(ちいさい)(2014(ねん):5%→8%、2019(ねん):8%→10%)ほか、軽減(けいげん)税率(ぜいりつ)導入(どうにゅう)予定(よてい)されている。さらに、幼児(ようじ)教育(きょういく)保育(ほいく)無償(むしょう)()物価(ぶっか)押し下げ(おしさげ)作用(さよう)する。このため、消費(しょうひ)(しゃ)物価(ぶっか)前年(ぜんねん)()上昇(じょうしょう)(りつ)は+1.0%と、前回(ぜんかい)増税(ぞうぜい)()の3分の(ぶんの)1にとどまる見込み(みこみ)である。

 家計(かけい)所得(しょとく)環境(かんきょう)も、前回(ぜんかい)より良好(りょうこう)(した)増税(ぞうぜい)迎え(むかえ)られそうである。労働(ろうどう)需給(じゅきゅう)のひっ迫を背景(はいけい)に、賃金(ちんぎん)上昇(じょうしょう)圧力(あつりょく)緩やか(ゆるやか)ながらも高まっ(たかまっ)ている。フルタイム労働(ろうどう)(しゃ)所定(しょてい)(ない)給与(きゅうよ)をみても、前年(ぜんねん)()+1%近い(ちかい)増加(ぞうか)ペースが定着(ていちゃく)しており、0%近傍(きんぼう)推移(すいい)していた前回(ぜんかい)増税(ぞうぜい)()の2014(ねん)とは対照(たいしょう)(てき)動き(うごき)である。

 加え(くわえ)て、(てい)所得(しょとく)子育て(こそだて)世帯(せたい)向け(むけ)プレミアム商品(しょうひん)(けん)住宅(じゅうたく)購入(こうにゅう)(しゃ)への住まい(すまい)給付(きゅうふ)(きん)といった政府(せいふ)家計(かけい)支援(しえん)(さく)も、所得(しょとく)押し上げる(おしあげる)見込み(みこみ)である。

 結果(けっか)として、名目(めいもく)所得(しょとく)伸び(のび)(どう)+2.8%と、物価(ぶっか)上昇(じょうしょう)(どう)+1.0%)を上回る(うわまわる)見込み(みこみ)である(前掲(ぜんけい)図表(ずひょう)参照(さんしょう))。増税(ぞうぜい)()でも実質(じっしつ)所得(しょとく)がプラス基調(きちょう)維持(いじ)するため、個人(こじん)消費(しょうひ)大幅(おおはば)落ち込み(おちこみ)避け(さけ)られ、総じて(そうじて)みれば緩やか(ゆるやか)回復(かいふく)基調(きちょう)続く(つずく)見通し(みとおし)である。

海外(かいがい)経済(けいざい)(した)振れ(ふれ)リスクも
緊急(きんきゅう)経済(けいざい)対策(たいさく)不要(ふよう)

 以上(いじょう)のように、設備(せつび)投資(とうし)個人(こじん)消費(しょうひ)という内需(ないじゅ)の2(ほん)(はしら)底堅く(そこがたく)推移(すいい)するため、景気(けいき)緩やか(ゆるやか)回復(かいふく)続く(つずく)というのがメイン・シナリオである。筆者(ひっしゃ)が、内需(ないじゅ)景気(けいき)けん引(りょく)自信(じしん)深め(ふかめ)ている理由(りゆう)の1つは、深刻(しんこく)人手(ひとで)不足(ふそく)直面(ちょくめん)するなか、企業(きぎょう)後ろ向き(うしろむき)経営(けいえい)スタンスが少し(すこし)ずつ変化(へんか)してきていると感じる(かんじる)ためである。

 これまでのように、投資(とうし)人件(じんけん)()抑制(よくせい)によって増益(ぞうえき)実現(じつげん)するのではなく、一時(いちじ)(てき)減益(げんえき)要因(よういん)になったとしても、AIやIoTといった生産(せいさん)(せい)向上(こうじょう)(しん)市場(しじょう)開拓(かいたく)につながる技術(ぎじゅつ)への投資(とうし)従業(じゅうぎょう)(いん)就業(しゅうぎょう)意欲(いよく)高める(たかめる)ための賃上げ(ちんあげ)やワークライフバランスの向上(こうじょう)に、積極(せっきょく)(てき)取り組む(とりくむ)企業(きぎょう)増え(ふえ)ている。こうした企業(きぎょう)行動(こうどう)内需(ないじゅ)(つよ)さにつながっており、海外(かいがい)経済(けいざい)がある程度(しも)振れ(ふれ)たとしても、景気(けいき)回復(かいふく)途切れ(とぎれ)にくい経済(けいざい)構造(こうぞう)になってきたといえる。

 確か(たしか)に、海外(かいがい)経済(けいざい)(した)振れ(ふれ)リスクは高まっ(たかまっ)ているものの、直ちに(ただちに)追加(ついか)経済(けいざい)対策(たいさく)策定(さくてい)する必要(ひつよう)(せい)小さい(ちいさい)過度(かど)経済(けいざい)対策(たいさく)積み上げ(つみあげ)は、予算(よさん)措置(そち)終了(しゅうりょう)()にその反動(はんどう)による景気(けいき)大幅(おおはば)(した)振れ(ふれ)()(かおる)財政(ざいせい)状況(じょうきょう)一層(いっそう)悪化(あっか)招き(まねき)かねない。政府(せいふ)は、短期(たんき)(てき)需要(じゅよう)創出(そうしゅつ)(さく)よりも、潜在(せんざい)成長(せいちょう)(りつ)高める(たかめる)ためのデジタル投資(とうし)促進(そくしん)や、社会(しゃかい)保障(ほしょう)制度(せいど)抜本(ばっぽん)(てき)建て直し(たてなおし)など、中長期(ちゅうちょうき)(てき)構造(こうぞう)課題(かだい)克服(こくふく)注力(ちゅうりょく)すべきである。

日本(にっぽん)総合(そうごう)研究所(けんきゅうじょ) 調査(ちょうさ)() (ふく)主任(しゅにん)研究(けんきゅう)(いん) 村瀬(むらせ)(たく)(じん)

Loading