海苔(のり)原料(げんりょう)アマノリの生活(せいかつ)(たまき)を70(ねん)ぶりに書き換える(かきかえる)発見(はっけん) 北大(ほくだい)などの研究(けんきゅう)

 アマノリというのは、あのいわゆる海苔(のり)原料(げんりょう)となる海藻(かいそう)(るい)総称(そうしょう)である。(いま)から70(ねん)(まえ)、つまり1949(ねん)にその生活(せいかつ)(たまき)に関する重要(じゅうよう)発見(はっけん)があったのだが、今回(こんかい)、それ以来(いらい)となるアマノリの生態(せいたい)に関する大きな(おおきな)発見(はっけん)があった。北海道大学(ほっかいどうだいがく)佐賀(さが)大学(だいがく)からの報告(ほうこく)である。

【こちらも】シジュウカラの(めす)確実(かくじつ)妊娠(にんしん)(ため)浮気(うわき)をする 北大(ほくだい)研究(けんきゅう)

 1949(ねん)英国(えいこく)(じん)研究(けんきゅう)(しゃ)ドリュー博士(はかせ)は、アマノリの生活(せいかつ)(たまき)解明(かいめい)した。アマノリの仲間(なかま)は、(ふゆ)には葉状(ようじょう)配偶(はいぐう)(たい)(ちなみにこれが食用(しょくよう)海苔(のり)になる部分(ぶぶん))になり、(なつ)には糸状(いとじょう)胞子(ほうし)(たい)、この二つ(ふたつ)交互(こうご)交代(こうたい)する生活(せいかつ)(たまき)持つ(もつ)のだが、ドリュー博士(はかせ)発見(はっけん)以前(いぜん)は、この二つ(ふたつ)状態(じょうたい)のアマノリは別々(べつべつ)海藻(かいそう)だと思わ(おもわ)れていたのである。ドリュー博士(はかせ)は、糸状(いとじょう)(たい)から放出(ほうしゅつ)される胞子(ほうし)葉状(ようじょう)(たい)作る(つくる)ことを発見(はっけん)して、アマノリの生態(せいたい)明らか(あきらか)にしたのだ。

 ところで、配偶(はいぐう)(たい)成長(せいちょう)過程(かてい)においては、減数(げんすう)分裂(ぶんれつ)起こる(おこる)のが普通(ふつう)である。減数(げんすう)分裂(ぶんれつ)とは、生殖(せいしょく)細胞(さいぼう)染色(せんしょく)(たい)半分(はんぶん)しか持た(もた)ないという現象(げんしょう)のことだ。(ひと)においてもそうである。

 自然(しぜん)(かい)において、環境(かんきょう)変動(へんどう)対応(たいおう)するためなど特殊(とくしゅ)場合(ばあい)限り(かぎり)減数(げんすう)分裂(ぶんれつ)依存(いぞん)しない配偶(はいぐう)(たい)形成(けいせい)行わ(おこなわ)れることは知ら(しら)れている。アポスポリーという(まれ)現象(げんしょう)である。

 しかし、アマノリは常に(つねに)アポスポリーを行っ(おこなっ)ている、という事実(じじつ)突き止め(つきとめ)たのが今回(こんかい)研究(けんきゅう)のポイントだ。

 ドリュー博士(はかせ)以来(いらい)のアマノリの生活(せいかつ)(かん)理解(りかい)では、糸状(いとじょう)(たい)(から)胞子(ほうし)嚢を合わせ(あわせ)胞子(ほうし)(たい)世代(せだい)としてきたのだが、どうやらこれらは異なる(ことなる)世代(せだい)であり、アマノリ(るい)はこれに葉状(ようじょう)(たい)加え(くわえ)(さん)(しょう)生活(せいかつ)(たまき)持つ(もつ)らしい、ということが今回(こんかい)解明(かいめい)されたのである。

 なお研究(けんきゅう)詳細(しょうさい)は、オープンアクセス・ジャーナルCommunications Biologyに掲載(けいさい)されている。

Loading