戦争(せんそう)経済(けいざい)制裁(せいさい)、どちらのほうが「(あく)」なのか

8(つき)7(にち)独立(どくりつ)戦争(せんそう)記念(きねん)する式典(しきてん)出席(しゅっせき)したベネズエラのマドゥロ大統領(だいとうりょう)写真(しゃしん):AP/アフロ)


 8(つき)5(にち)米国(べいこく)のトランプ大統領(だいとうりょう)は、米国(べいこく)(ない)にあるベネズエラ政府(せいふ)所有(しょゆう)(ぜん)資産(しさん)凍結(とうけつ)する大統領(だいとうりょう)(れい)署名(しょめい)し、米国(べいこく)企業(きぎょう)との取引(とりひき)全面(ぜんめん)(てき)禁止(きんし)した。ベネズエラのマドゥロ大統領(だいとうりょう)独裁(どくさい)体制(たいせい)一層(いっそう)圧力(あつりょく)強め(つよめ)一気に(いっきに)退陣(たいじん)追い込も(おいこも)うという狙い(ねらい)だ。

 経済(けいざい)危機(きき)直面(ちょくめん)するベネズエラを巡っ(めぐっ)ては、これまでもマドゥロ政権(せいけん)支援(しえん)するロシアや中国(ちゅうごく)と、野党(やとう)指導(しどう)(しゃ)のグアイド国会(こっかい)議長(ぎちょう)暫定(ざんてい)大統領(だいとうりょう)として支持(しじ)する米国(べいこく)、ブラジル、コロンビアが対立(たいりつ)してきたが、今回(こんかい)米国(べいこく)打ち出し(うちだし)経済(けいざい)制裁(せいさい)(しん)目的(もくてき)は、ベネズエラの背後(はいご)にいるロシアと中国(ちゅうごく)強く(つよく)牽制(けんせい)することにある。

[JBpressの今日(きょう)記事(きじ)(トップページ)へ]

中国(ちゅうごく)企業(きぎょう)買収(ばいしゅう)したアメリカの(ちょう)高級(こうきゅう)ホテル

 (まい)(ちゅう)貿易(ぼうえき)戦争(せんそう)はエスカレートするばかりだが、ニューヨークではその典型(てんけい)(れい)として、ウォルドルフ・アストリア・ホテルの(だい)改装(かいそう)金融(きんゆう)(かい)注目(ちゅうもく)集め(あつめ)ている。

 1893(ねん)創業(そうぎょう)したウォルドルフ・アストリア・ホテルは、かつて歴代(れきだい)アメリカ大統領(だいとうりょう)各国(かっこく)国王(こくおう)、アラブの石油(せきゆ)(おう)などが数多く(かずおおく)宿泊(しゅくはく)する世界(せかい)有数(ゆうすう)名門(めいもん)ホテルとして威風(いふう)誇り(ほこり)米国(べいこく)(とみ)権力(けんりょく)象徴(しょうちょう)であった。42(かい)のスイートルームは米国(べいこく)政府(せいふ)借り上げ(かりあげ)米国(べいこく)国連(こくれん)特命(とくめい)全権(ぜんけん)大使(たいし)公邸(こうてい)として使わ(つかわ)れたほか、アイゼンハワー大統領(だいとうりょう)やフーヴァー大統領(だいとうりょう)、ダグラス・マッカーサー元帥(げんすい)、エリザベス・テイラー、ヒルトン一族(いちぞく)など有名人(ゆうめいじん)自宅(じたく)として使っ(つかっ)ていたこともある。

 それが中国(ちゅうごく)買収(ばいしゅう)されたのは2014(ねん)中国(ちゅうごく)保険(ほけん)会社(かいしゃ)(あん)(くに)保険(ほけん)集団(しゅうだん)経営(けいえい)(しゃ)()(しょう)(あきら)がアメリカ史上(しじょう)最高(さいこう)(がく)の19(おく)5000(まん)ドルで買収(ばいしゅう)した。米国(べいこく)政府(せいふ)盗聴(とうちょう)()がしかけられている可能(かのう)(せい)があると警戒(けいかい)し、それ以後(いご)拠点(きょてん)をプラザホテルに移し(うつし)た。

 ところが2018(ねん)()(しょう)(あきら)汚職(おしょく)容疑(ようぎ)逮捕(たいほ)され、同社(どうしゃ)中国(ちゅうごく)政府(せいふ)管理(かんり)()置か(おか)れて国営(こくえい)企業(きぎょう)になった。米国(べいこく)では、中国(ちゅうごく)政府(せいふ)当初(とうしょ)から目論ん(もくろん)筋書(すじがき)通り(どおり)運ん(はこん)結果(けっか)だとみる向き(むき)多い(おおい)。いわば米国(べいこく)心臓(しんぞう)()中国(ちゅうごく)食い込ん(くいこん)(かたち)である。

(まい)ニューヨークの高級(こうきゅう)老舗(しにせ)ホテル、ウォルドルフ・アストリア(2014(ねん)10(つき)6(にち)撮影(さつえい))。(c)AFP/Getty Images/Spencer Platt〔AFPBB News

 現在(げんざい)改装(かいそう)計画(けいかく)では、ホテルの大半(たいはん)をコンドミニアムに作り(つくり)変える(かえる)というもので、買収(ばいしゅう)当初(とうしょ)からの予定(よてい)だとされているが、長期(ちょうき)(てき)なホテル経営(けいえい)収益(しゅうえき)上げる(あげる)よりも、コンドミニアムとして(いち)()販売(はんばい)して、速やか(すみやか)投資(とうし)資金(しきん)回収(かいしゅう)しようとする中国(ちゅうごく)(しき)「ヒット・エンド・ラン」の発想(はっそう)だ。歴史(れきし)(てき)政情(せいじょう)不安(ふあん)がつきまとう中国(ちゅうごく)では、未来(みらい)予測(よそく)不能(ふのう)だから、儲け(もうけ)られるときに儲けよ(もうけよ)うという強い(つよい)危機(きき)意識(いしき)表れ(あらわれ)でもある。それに加え(くわえ)て、米国(べいこく)投資(とうし)銀行(ぎんこう)大方(おおかた)見方(みかた)は、(おり)からの(べい)(ちゅう)貿易(ぼうえき)戦争(せんそう)でいよいよ外貨(がいか)不足(ふそく)陥っ(おちいっ)中国(ちゅうごく)が、あちらこちらから急い(いそい)外資(がいし)をかき集めている表れ(あらわれ)ではないかと分析(ぶんせき)する。

(べい)(ちゅう)激突(げきとつ)近づく(ちかずく)(だい)(さん)()世界(せかい)大戦(たいせん)

 ニューヨークのエコノミストのひとりは、(べい)(ちゅう)貿易(ぼうえき)戦争(せんそう)新た(あらた)なフェーズに入っ(はいっ)たとして、強い(つよい)危機(きき)(かん)募ら(つのら)せる。関税(かんぜい)引き上げ(ひきあげ)競争(きょうそう)加え(くわえ)て、為替(かわせ)競争(きょうそう)という通貨(つうか)戦争(せんそう)始まっ(はじまっ)たからだ。

(だい)(いち)()世界(せかい)大戦(たいせん)思い出し(おもいだし)てください。当時(とうじ)敗戦(はいせん)(こく)のドイツ、ポーランドに対して、戦勝(せんしょう)(こく)過剰(かじょう)戦争(せんそう)賠償(ばいしょう)(きん)課し(かし)た。その一方(いっぽう)戦勝(せんしょう)(こく)(がわ)でも、それまで世界(せかい)君臨(くんりん)してきた『パクス・ブリタニカ』が衰退(すいたい)して、米国(べいこく)台頭(たいとう)してきた。しかし、『パクス・アメリカーナ』は順調(じゅんちょう)進ま(すすま)ず、そうこうするうち1929(ねん)のニューヨーク(はつ)金融(きんゆう)(だい)恐慌(きょうこう)起こっ(おこっ)た。米国(べいこく)(きむ)平価(へいか)切り下げ(きりさげ)行っ(おこなっ)輸出(ゆしゅつ)攻勢(こうせい)()た。その結果(けっか)世界(せかい)国々(くにぐに)通貨(つうか)切り下げ(きりさげ)競争(きょうそう)走り(はしり)、とりわけ為替(かわせ)圧力(あつりょく)受け(うけ)敗戦(はいせん)(こく)・ドイツでは不満(ふまん)一挙(いっきょ)爆発(ばくはつ)してヒットラーを生み出し(うみだし)(だい)()()世界(せかい)大戦(たいせん)突入(とつにゅう)したのです」

現在(げんざい)同じ(おなじ)構図(こうず)になっています。トランプ政権(せいけん)のしかけた(べい)(ちゅう)貿易(ぼうえき)戦争(せんそう)は、世界(せかい)のIT覇権(はけん)をかけた熾烈(しれつ)競争(きょうそう)ですが、米国(べいこく)がしかけた経済(けいざい)制裁(せいさい)で、関税(かんぜい)引き上げ(ひきあげ)には同じ(おなじ)関税(かんぜい)引き上げ(ひきあげ)対抗(たいこう)してきた中国(ちゅうごく)が、先日(せんじつ)人民元(じんみんげ)(やす)へかじを切っ(きっ)たことです。これに対して、米国(べいこく)中国(ちゅうごく)を『為替(かわせ)操作(そうさ)(こく)』に指定(してい)してブラックリストに載せ(のせ)ました。

 追い込ま(おいこま)れた中国(ちゅうごく)(つぎ)(いち)()はなんでしょうか。外貨(がいか)準備(じゅんび)(だか)の60%以上(いじょう)占める(しめる)米国(べいこく)国債(こくさい)売る(うる)こと以外(いがい)に、打つ手(うつて)はないでしょう。しかしこれは『両刃(りょうば)(けん)』なのです。短期(たんき)国債(こくさい)ならまだしも、長期(ちょうき)国債(こくさい)売り払え(うりはらえ)ば、両国(りょうこく)深刻(しんこく)なインフレをもたらし、世界(せかい)経済(けいざい)大きな(おおきな)ダメージを与える(あたえる)ことにも繋がり(つながり)ます。(だい)(さん)()世界(せかい)大戦(たいせん)入り口(いりくち)(いち)()近づい(ちかずい)たと言っ(いっ)ても大げさ(おおげさ)ではありません」

貿易(ぼうえき)戦争(せんそう)」に「通貨(つうか)戦争(せんそう)」が加わっ(くわわっ)結果(けっか)(べい)(ちゅう)対立(たいりつ)はさらに緊縛(きんばく)(たび)増し(まし)、もはや予断(よだん)許さ(ゆるさ)ない段階(だんかい)になったというのである。

 ところで、冒頭(ぼうとう)にあげたベネズエラへの経済(けいざい)制裁(せいさい)だが、米国(べいこく)制裁(せいさい)対象(たいしょう)(こく)はこれで北朝鮮(きたちょうせん)、キューバ、イラン、シリア、スーダンに次いで(ついで)6カ国()(2019(ねん)8(つき)現在(げんざい))。米国(べいこく)財務省(ざいむしょう)外国(がいこく)資産(しさん)管理(かんり)(しつ)(OFAC)による米国(べいこく)(ない)資産(しさん)凍結(とうけつ)至っ(いたっ)ては、キューバ、イラン、イラク、北朝鮮(きたちょうせん)、スーダン、シリア、ジンバブエ、ベラルーシ、イエメン、ソマリア、リビア、コンゴ民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)共和(きょうわ)(こく)、ロシア、ベネズエラ、レバノンなど15カ国と4地域(ちいき)、26(けん)にも及ぶ(およぶ)

 また、国際(こくさい)連合(れんごう)欧州(おうしゅう)連合(れんごう)課す(かす)経済(けいざい)制裁(せいさい)は、北朝鮮(きたちょうせん)、ジンバブエ、ベラルーシ、ロシアの4か国だ。日本(にっぽん)(たい)韓国(かんこく)輸出(ゆしゅつ)(ひん)優遇(ゆうぐう)取り消し(とりけし)も、経済(けいざい)制裁(せいさい)一種(いっしゅ)だろう。21世紀(せいき)世界(せかい)で、これほど経済(けいざい)制裁(せいさい)(あらし)吹き荒れる(ふきあれる)とは、いったい(だれ)想像(そうぞう)しただろう。

 現代(げんだい)価値(かち)(かん)では、戦争(せんそう)を「絶対(ぜったい)(あく)」だとみなし、経済(けいざい)制裁(せいさい)戦争(せんそう)よりも「(ぜん)」だと受け止め(うけとめ)られているが、果たして(はたして)それは本当に(ほんとうに)正しい(ただしい)のだろうか?

戦争(せんそう)(ぜん)」だった時代(じだい)

 実は(じつは)、かつて世界(せかい)では、「戦争(せんそう)(ぜん)」だと考え(かんがえ)られていた時代(じだい)がある。欧米(おうべい)列強(れっきょう)世界(せかい)支配(しはい)していた()(じゅう)世紀(せいき)前半(ぜんはん)までのことだが、強大(きょうだい)軍事(ぐんじ)(りょく)をもつ欧米(おうべい)諸国(しょこく)はアジア、アフリカ、南米(なんべい)国々(くにぐに)戦争(せんそう)をしかけ、他国(たこく)豊か(ゆたか)資源(しげん)奪い(うばい)続け(つずけ)てきた。そうした時代(じだい)には「戦争(せんそう)当然(とうぜん)権利(けんり)」であり、国際(こくさい)ルールの(うえ)で「違法(いほう)行為(こうい)」とは規定(きてい)されていなかった。無論(むろん)、それは「勝者(しょうしゃ)論理(ろんり)」だ。

 その共通(きょうつう)認識(にんしき)がようやく見直さ(みなおさ)れたのは、(だい)(いち)()世界(せかい)大戦(たいせん)終結(しゅうけつ)()のことである。ヨーロッパ諸国(しょこく)はどこも国土(こくど)荒廃(こうはい)し、経済(けいざい)不況(ふきょう)にあえぎ、人々(ひとびと)戦争(せんそう)疲れ(ずかれ)辟易(へきえき)していた。

 1928(ねん)、フランス、アメリカが主導(しゅどう)する「パリ不戦(ふせん)条約(じょうやく)」が締結(ていけつ)され、「戦争(せんそう)違法(いほう)行為(こうい)である」という画期的(かっきてき)国際(こくさい)ルールを生み出し(うみだし)た。「今後(こんご)世界(せかい)国々(くにぐに)対等(たいとう)関係(かんけい)とみなし、積極(せっきょく)(てき)国際(こくさい)貿易(ぼうえき)行お(おこなお)う」と定め(さだめ)たことが、『The Internationalists How A Radical Plan To Outlaw War Remade The World』(オーナ・ハサウェイ、スコット・シャピーロ(ちょ)邦訳(ほうやく)は『逆転(ぎゃくてん)(だい)戦争(せんそう)()文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう)(しゃ))に詳述(しょうじゅつ)されている。

 だが、罰則(ばっそく)規定(きてい)作る(つくる)(だん)になって議論(ぎろん)白熱(はくねつ)した。もし(しん)国際(こくさい)ルールを破っ(やぶっ)戦争(せんそう)をする(くに)があったら、どう処罰(しょばつ)すればよいのか? もし武力(ぶりょく)罰すれ(ばっすれ)ば、また戦争(せんそう)になってしまう。それでは戦争(せんそう)違法(いほう)行為(こうい)だと定め(さだめ)意味(いみ)がない。知恵(ちえ)絞っ(しぼっ)(すえ)にたどり着いた答え(こたえ)が「経済(けいざい)制裁(せいさい)」だった。「(しん)国際(こくさい)ルールを破っ(やぶっ)戦争(せんそう)をはじめた(くに)に対しては、経済(けいざい)制裁(せいさい)課す(かす)ことにしよう」と取り決め(とりきめ)たのだ。このときから、「戦争(せんそう)(あく)」であり「経済(けいざい)制裁(せいさい)(ぜん)」であるというのが、世界(せかい)共通(きょうつう)認識(にんしき)となったのである。

 だが、それから91(ねん)歳月(さいげつ)流れ(ながれ)た。21世紀(せいき)今日(きょう)では、経済(けいざい)制裁(せいさい)乱発(らんぱつ)されて()余る(あまる)ほどだ。厳しい(きびしい)経済(けいざい)制裁(せいさい)対象(たいしょう)(こく)罰する(ばっする)のと同時に(どうじに)、その(くに)人々(ひとびと)貧困(ひんこん)陥れ(おとしいれ)飢餓(きが)苦しみ(くるしみ)から暴動(ぼうどう)さえ誘発(ゆうはつ)して、多分(たぶん)暴力(ぼうりょく)(てき)である。(だい)(さん)()世界(せかい)大戦(たいせん)すら視野(しや)入れ(いれ)なければならない世界(せかい)情勢(じょうせい)(なか)で、そろそろ「経済(けいざい)制裁(せいさい)」を制限(せいげん)するための新た(あらた)国際(こくさい)ルール作り(ずくり)求め(もとめ)られているのではないだろうか。

Loading