付き合う(つきあう)(まえ)にこんな“違和感(いわかん)”ない? 付き合っ(つきあっ)ても長続き(ながつずき)しない4つのサイン

互いに(たがいに)探り(さぐり)探り(さぐり)感じ(かんじ)もあるけれど、「好き(すき)合っ(あっ)ている」ことは伝わっ(つたわっ)てきて、そのうち付き合う(つきあう)ことになるんだろうな……。そんな「付き合う(つきあう)直前(ちょくぜん)()」は、ある意味(いみ)付き合い(つきあい)始め(はじめ)(のち)よりも、ドキドキできる時間(じかん)かもしれません。

でも、もしそのときに、ちょっとした違和感(いわかん)覚え(おぼえ)たら、果たして(はたして)モヤモヤを隠し(かくし)付き合う(つきあう)べきか、付き合わ(つきあわ)ずに友達(ともだち)のままでいたほうがいいのか、考える(かんがえる)時間(じかん)設け(もうけ)たいもの。

違和感(いわかん)というひとつの直感(ちょっかん)は、意外と(いがいと)当たる(あたる)ものです。

今回(こんかい)は、付き合っ(つきあっ)ても長続き(ながつずき)しない4つのサインをご紹介(しょうかい)します。

はじめに気づい(きずい)たのは小さな(ちいさな)違和感(いわかん)かもしれませんが、後に(のちに)それが大きく(おおきく)なっていくので、決して(けっして)スルーしないでくださいね。

付き合う(つきあう)(まえ)(よう)チェック! 「長続き(ながつずき)しない」サインはこれ! 1: こちらに関心(かんしん)がない

一応(いちおう)楽しく(たのしく)会話(かいわ)をしているけれど、男性(だんせい)自分(じぶん)に対して質問(しつもん)してこない。LINEのやりとりはあるけれど、(かれ)自身(じしん)(はなし)ばかりでこちらに(はなし)振ろ(ふろ)うとしない。

そんなふうに男性(だんせい)がこちらに対して「あまりにも()関心(かんしん)」な場合(ばあい)は、違和感(いわかん)だと解釈(かいしゃく)したほうがいいでしょう。

いざ付き合う(つきあう)ようになると、自分(じぶん)()起き(おき)(はなし)悩み(なやみ)(ごと)なども、じっくり聞い(きい)てほしいもの。でも、こちらに関心(かんしん)のない男性(だんせい)は、そもそも(ひと)(はなし)聞こ(きこ)うとしません。

(ばなし)聞く(きく)態度(たいど)にならない、と言っ(いっ)てもいいでしょう。なにせ、関心(かんしん)がないわけですから。

相手(あいて)に対し関心(かんしん)がなくても、付き合える(つきあえる)(ひと)はいます。

単に(たんに)(からだ)関係(かんけい)持てる(もてる)相手(あいて)欲しかっ(ほしかっ)たり、とりあえず手近(てじか)なところで恋人(こいびと)作り(つくり)たかったり、(ひと)として嫌い(きらい)じゃないから付き合っ(つきあっ)たりと、理由(りゆう)はさまざま。

ただ、関心(かんしん)持っ(もっ)てくれない相手(あいて)付き合っ(つきあっ)ても、そのうち自分(じぶん)がつらくなってしまうだけです。(はなし)上の空(うわのそら)聞か(きか)れたり、自分(じぶん)(はなし)だけ「聞い(きい)て! 聞い(きい)て!」モードになられたりするとイラッとするはず。

2: 言葉(ことば)行動(こうどう)伴わ(ともなわ)ない

()電話(でんわ)するよ」「今度(こんど)(ぼく)誘う(さそう)よ」など、(くち)ではなんとでも言える(いえる)もの。LINEも同じ(おなじ)書き言葉(かきことば)であれば、相手(あいて)気持ちよく(きもちよく)させて、期待(きたい)させる文章(ぶんしょう)をいくらでも書く(かく)ことはできます。

もちろん、その()のことを言う(いう)のも書く(かく)のも自由(じゆう)です。でも、その発言(はつげん)文章(ぶんしょう)がアクションに変わら(かわら)なければ、相手(あいて)は「(ゆう)(げん)()実行(じっこう)(ひと)」だと思っ(おもっ)間違い(まちがい)ありません。

(ゆう)(げん)()実行(じっこう)相手(あいて)付き合う(つきあう)と、楽しみ(たのしみ)にしては裏切ら(うらぎら)れ、惨め(みじめ)思い(おもい)重ねる(かさねる)ことに…。

それなら無言(むごん)()実行(じっこう)のほうがまだマシです。調子(ちょうし)がいいことを言っ(いっ)ているわりに、全然(ぜんぜん)行動(こうどう)しない(ひと)だなと気づい(きずい)たら、それは立ち止まる(たちどまる)べき違和感(いわかん)のあらわれといえます。

いくら()気に入っ(きにいっ)ている部分(ぶぶん)があったとしても、付き合う(つきあう)べきかどうかは(さい)検討(けんとう)したほうがいいでしょう。

3: 健康(けんこう)への意識(いしき)(たか)さに()がある

たとえば、こちらは()喫煙(きつえん)(しゃ)で、健康(けんこう)(てき)理由(りゆう)からタバコが嫌い(きらい)一方(いっぽう)相手(あいて)喫煙(きつえん)(しゃ)で、()喫煙(きつえん)(しゃ)付き合っ(つきあっ)場合(ばあい)でも、タバコを愛し(あいし)ているから絶対(ぜったい)にやめない。そんなふたりは上手く(うまく)歩み寄る(あゆみよる)ことができるでしょうか。

一緒(いっしょ)過ごし(すごし)ているとき、どちらかが自分(じぶん)嗜好(しこう)(ひん)我慢(がまん)して、ストレスを溜める(ためる)状態(じょうたい)(こころ)不健康(ふけんこう)にします。

好き(すき)(ひと)と共にいる楽しい(たのしい)時間(じかん)のはずなのに、行動(こうどう)制限(せいげん)されて苦しい(くるしい)時間(じかん)になっている、という不自然(ふしぜん)(いびつ)状況(じょうきょう)になるのです。

結果(けっか)、「この(ひと)会っ(あっ)ているときに、自分(じぶん)好き(すき)なものを我慢(がまん)しないといけない」となり、相手(あいて)離れ(はなれ)やすくなる要因(よういん)になるともいえます。

無理(むり)をしても続か(つずか)ないことが伝わる(つたわる)、わかりやすい事例(じれい)だと思い(おもい)ます。

4: (しょく)に関する熱量(ねつりょう)違う(ちがう)

こちらは(いち)(しょく)(いち)(しょく)妥協(だきょう)せずに、そのときに食べ(たべ)たいものを食べ(たべ)たい。でも、相手(あいて)食べる(たべる)ものには無頓着(むとんじゃく)で「お腹さえ満たさ(みたさ)れたら(なに)でもいい」()だったら……。

日頃(ひごろ)食事(しょくじ)外食(がいしょく)旅行(りょこう)(さき)での食事(しょくじ)など、あらゆるシーンで「合わ(あわ)ない」ストレスが発生(はっせい)する可能(かのう)(せい)も。

付き合う(つきあう)食事(しょくじ)共に(ともに)するシーンが増え(ふえ)ます。その(たび)小さな(ちいさな)イライラが積み重なっ(つみかさなっ)ていくと、決して(けっして)交際(こうさい)長続き(ながつずき)しません。

たとえば、相手(あいて)が「別に(べつに)どこの(みせ)でもいいじゃん。とりあえずどこか入ろう(にゅうろう)よ」と言う(いう)のに対し、こだわりたい自分(じぶん)苛立つ(いらだつ)こと間違い(まちがい)なし。

(しょく)へのこだわりや情熱(じょうねつ)関心(かんしん)()がありすぎると要注意(ようちゅうい)です。

違和感(いわかん)生み出す(うみだす)(おも)原因(げんいん)は、「(ひと)として信用(しんよう)できない」「ライフスタイル、思想(しそう)がかけ離れている」ことでしょう。

付き合う(つきあう)(まえ)にそういった「ん?」という違和感(いわかん)感じ(かんじ)たら、そこを許容(きょよう)できるのか、許容(きょよう)してまで付き合い(つきあい)たい相手(あいて)なのか、冷静(れいせい)になって考え(かんがえ)てみるのが大切(たいせつ)です。

(mimot.(ミモット))

Loading