ラグビー伏見(ふしみ)(こう)OBが結成(けっせい)京都(きょうと)伏見(ふしみ)クラブ」企業(きぎょう)連携(れんけい)社会(しゃかい)(じん)チーム結成(けっせい)視野(しや)

選手(せんしゅ)学習(がくしゅう)やセカンドキャリア支援(しえん)などを表明(ひょうめい)した京都(きょうと)伏見(ふしみ)クラブの関係(かんけい)(しゃ)ら(京都(きょうと)市内(しない)

 小中学生(しょうちゅうがくせい)らのラグビースクールを運営(うんえい)してきたNPO法人(ほうじん)伏見(ふしみ)クラブ」は17(にち)企業(きぎょう)連携(れんけい)新た(あらた)なスタイルを目指す(めざす)京都(きょうと)伏見(ふしみ)クラブ」として(さい)スタートしたと発表(はっぴょう)した。ラグビースクールに英語(えいご)学習(がくしゅう)支援(しえん)プログラムを取り入れ(とりいれ)、セカンドキャリアを考える(かんがえる)トップ選手(せんしゅ)就職(しゅうしょく)後押し(あとおし)する。社会(しゃかい)(じん)チームの結成(けっせい)視野(しや)入れ(いれ)、ラグビーを通し(とおし)幅広い(はばひろい)人材(じんざい)交流(こうりゅう)拠点(きょてん)づくりに挑む(いどむ)


 伏見(ふしみ)クラブは伏見(ふしみ)工高(こうこう)(げん)京都(きょうと)工学(こうがく)(いん)(だか))のOBらが2011(ねん)設立(せつりつ)幼児(ようじ)から中学生(ちゅうがくせい)対象(たいしょう)にしたチームの運営(うんえい)社会(しゃかい)貢献(こうけん)活動(かつどう)続け(つずけ)てきた。国際(こくさい)()への対応(たいおう)選手(せんしゅ)のセカンドキャリア、()活動(かつどう)指導(しどう)する教員(きょういん)働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)などスポーツが抱える(かかえる)課題(かだい)取り組む(とりくむ)ため、活動(かつどう)内容(ないよう)大幅(おおはば)充実(じゅうじつ)させる。
 学習(がくしゅう)(じゅく)運営(うんえい)する企業(きぎょう)連携(れんけい)し、来年(らいねん)4月からクラブに所属(しょぞく)する子ども(こども)学習(がくしゅう)支援(しえん)始める(はじめる)予定(よてい)世界(せかい)でプレーする機会(きかい)役立つ(やくだつ)ように、英語(えいご)指導(しどう)引き受ける(ひきうける)という。
 また、トップリーグを退団(たいだん)した選手(せんしゅ)大学(だいがく)卒業(そつぎょう)()競技(きょうぎ)続け(つずけ)たい学生(がくせい)のために、京都(きょうと)拠点(きょてん)とする社会(しゃかい)(じん)チームの誕生(たんじょう)を2(ねん)()をめどに目指す(めざす)就職(しゅうしょく)支援(しえん)行う(おこなう)企業(きぎょう)仲介(ちゅうかい)し、選手(せんしゅ)働く(はたらく)場所(ばしょ)探す(さがす)。クラブの子ども(こども)指導(しどう)しながら、コーチ資格(しかく)取得(しゅとく)できる環境(かんきょう)整備(せいび)行う(おこなう)
 京都(きょうと)伏見(ふしみ)クラブの杉本(すぎもと)(まき)(おさむ)代表(だいひょう)は「ラグビーというスポーツの特性(とくせい)最大(さいだい)生かし(いかし)京都(きょうと)のコミュニティーを創造(そうぞう)していきたい」と意気込み(いきごみ)語る(かたる)伏見(ふしみ)クラブの発起人(ほっきにん)でもある山口(やまぐち)良治(よしはる)京都(きょうと)工学(こうがく)(いん)(だか)ラグビー()(そう)監督(かんとく)は「いつまでもラグビーができる環境(かんきょう)をつくろうと考え(かんがえ)てきた。新た(あらた)設立(せつりつ)にご理解(りかい)をいただき、広く(ひろく)伝え(つたえ)てほしい」と期待(きたい)込め(こめ)た。

Loading