(にち)(はく)には(きずな)強める(つよめる)余地(よち)がある」=山田(やまだ)(あきら)大使(たいし)がジャパン・ハウスで講演(こうえん)=2(こく)関係(かんけい)将来(しょうらい)展望(てんぼう)

()(はく)対等(たいとう)関係(かんけい)共に(ともに)発展(はってん)できる」と語る(かたる)山田(やまだ)大使(たいし)

 「()(はく)関係(かんけい)はすでに親密(しんみつ)だが、さらに(きずな)強める(つよめる)余地(よち)がある」――山田(やまだ)(あきら)(ちゅう)ブラジル日本国(にっぽんこく)特命(とくめい)全権(ぜんけん)大使(たいし)は11(にち)(よる)にサンパウロ()のジャパンハウスで開催(かいさい)されたポルトガル()講演(こうえん)(かい)我が国(わがくに)外交(がいこう)政策(せいさく)(にち)ブラジル関係(かんけい)(はん)世紀(せいき)今後(こんご)展望(てんぼう))」で、(やく)100(にん)熱心(ねっしん)聴講(ちょうこう)(しゃ)(まえ)でそのように熱く(あつく)語っ(かたっ)た。

 「ボウソナロ大統領(だいとうりょう)今年(ことし)1月に就任(しゅうにん)して以来(いらい)、3(かい)安倍(あべ)総理(そうり)会談(かいだん)している。1月、6月、10月と両国(りょうこく)トップがこんなに頻繁(ひんぱん)会談(かいだん)するのはごく珍しい(めずらしい)」と(にち)(はく)関係(かんけい)深まり(ふかまり)強調(きょうちょう)した。ジウマ政権(せいけん)(PT)時代(じだい)には2()訪日(ほうにち)直前(ちょくぜん)にキャンセルしたことすらあった。
 2014(ねん)安倍(あべ)総理(そうり)(らい)(はく)()のスピーチで『プログレジール(進歩(しんぽ)する)・ジュントス』『リデラール(導く(みちびく))・ジュントス』『インスピラール(発想(はっそう)する)・ジュントス』という3理念(りねん)提案(ていあん)したことをふり返り(かえり)(にち)(はく)対等(たいとう)共に(ともに)発展(はってん)する方針(ほうしん)改めて(あらためて)確認(かくにん)した。
 その過去(かこ)(れい)としてセラード開発(かいはつ)をとりあげ、「世界(せかい)農業(のうぎょう)開発(かいはつ)残る(のこる)(だい)プロジェクト、成功(せいこう)(れい)」と位置づけ(いちずけ)た。
 労働(ろうどう)(しゃ)(とう)(PT)政権(せいけん)()ずっと交渉(こうしょう)止まっ(とまっ)ていた「メルコスルEU貿易(ぼうえき)協定(きょうてい)」が、今年(ことし)6月に基本(きほん)合意(ごうい)達し(たっし)たことを受け(うけ)、「ブラジル経済(けいざい)回復(かいふく)すれば投資(とうし)戻っ(もどっ)来る(くる)今年(ことし)日本(にっぽん)からソフトバンクが210(おく)レアルのラ(まい)基金(ききん)作り(つくり)、トヨタが10(おく)レアルの投資(とうし)発表(はっぴょう)した。(にち)(はく)(かん)経済(けいざい)関係(かんけい)深まり(ふかまり)つつある。メルコスル日本(にっぽん)EPA締結(ていけつ)開始(かいし)のための手続き(てつずき)が、早く(はやく)始まる(はじまる)ことに期待(きたい)する」と語っ(かたっ)た。

多様(たよう)なテーマを講演(こうえん)した山田(やまだ)大使(たいし)

 またブラジルに豊富(ほうふ)にあり、日本(にっぽん)技術(ぎじゅつ)(りょく)をもってすれば採掘(さいくつ)可能(かのう)資源(しげん)として、ニオブとグラフェンを挙げ(あげ)た。ニオブはコンデンサー陽極(ようきょく)適し(てきし)素材(そざい)として知ら(しら)れ、グラフェンも軽い(かるい)(うえ)薄く(うすく)強靱(きょうじん)素材(そざい)として知ら(しら)れている。この(けん)は、10月にボウソナロ大統領(だいとうりょう)訪日(ほうにち)した(さい)話題(わだい)上がっ(あがっ)たとブラジル国内(こくない)()報じ(ほうじ)られている。
 ブラジルが期待(きたい)する経済(けいざい)協力(きょうりょく)開発(かいはつ)機構(きこう)(OECD)入り(いり)に関しても「道のり(みちのり)長い(ながい)かもしれないが、日本(にっぽん)強く(つよく)支持(しじ)する」と表明(ひょうめい)。OECDは別名(べつめい)先進(せんしん)(こく)クラブ」とも呼ば(よば)れる組織(そしき)で、ボウソナロ大統領(だいとうりょう)はトランプ(まい)大統領(だいとうりょう)加盟(かめい)協力(きょうりょく)懇願(こんがん)している。
 日本(にっぽん)、ドイツ、インド、ブラジルは、国際(こくさい)連合(れんごう)安全(あんぜん)保障(ほしょう)理事(りじ)(かい)常任(じょうにん)理事(りじ)(こく)入り(いり)をお互いに支持(しじ)することで合意(ごうい)した「G4」を結成(けっせい)している。これに関しても「現実(げんじつ)問題(もんだい)として(にち)(はく)意見(いけん)異なる(ことなる)ことも多い(おおい)。だが、お互いが重要(じゅうよう)(くに)だと考え(かんがえ)ていることが大事(だいじ)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)などの基本(きほん)(てき)価値(かち)(かん)共通(きょうつう)しているから、交渉(こうしょう)によって折り合い(おりあい)をつけながら協力(きょうりょく)関係(かんけい)深め(ふかめ)ていける」と語っ(かたっ)た。
 質疑(しつぎ)応答(おうとう)で、サンパウロ(しゅう)調査(ちょうさ)研究(けんきゅう)支援(しえん)機関(きかん)(Fapesp)の経営(けいえい)技術(ぎじゅつ)審議(しんぎ)(かい)のカルロス・パシェコ会長(かいちょう)大学(だいがく)(かん)学術(がくじゅつ)交流(こうりゅう)振興(しんこう)(さく)を、平野(ひらの)オストン()(にち)(はく)経済(けいざい)関係(かんけい)深める(ふかめる)具体(ぐたい)(てき)なポイントなどを質問(しつもん)した。

上原(うえはら)アレシャンドレ教授(きょうじゅ)

 来場(らいじょう)(しゃ)で、ESPM大学(だいがく)国際(こくさい)関係(かんけい)(がく)教える(おしえる)上原(うえはら)アレシャンドレ教授(きょうじゅ)感想(かんそう)尋ねる(たずねる)と、「山田(やまだ)大使(たいし)は『自由(じゆう)開か(ひらか)れたインド太平洋(たいへいよう)戦略(せんりゃく)』の推進(すいしん)に関してもブラジルと一緒(いっしょ)にやっていくと話し(はなし)ていたのが興味深かっ(きょうみぶかかっ)た。ブラジルにとってもペルシャ湾のホルムズ海峡(かいきょう)地政学(ちせいがく)(てき)重要(じゅうよう)場所(ばしょ)世界(せかい)多く(おおく)(くに)同じ(おなじ)だ」と頷い(うなずい)た。

関連(かんれん)コラム□(だい)(みみ)小耳(こみみ)

 山田(やまだ)(あきら)大使(たいし)講演(こうえん)(なか)で、スポーツ分野(ぶんや)に関しても「リオ五輪(ごりん)(つぎ)東京(とうきょう)五輪(ごりん)という深い(ふかい)関係(かんけい)がある。サッカーや柔道(じゅうどう)をはじめ、繋がり(つながり)大変(たいへん)強い(つよい)分野(ぶんや)だ。ぜひ来年(らいねん)のサッカー決勝(けっしょう)(せん)で、(にち)(はく)対決(たいけつ)場面(ばめん)()てみたい」と語る(かたる)と、会場(かいじょう)からは歓声(かんせい)上がっ(あがっ)た。日本(にっぽん)サッカーは90年代(ねんだい)にジーコを始め(はじめ)多く(おおく)のブラジル選手(せんしゅ)活躍(かつやく)したことで、盛り上がっ(もりあがっ)()経緯(けいい)がある。いわば日本(にっぽん)の「師匠(ししょう)」「(だい)先輩(せんぱい)」だ。それが決勝(けっしょう)(せん)対決(たいけつ)するとなれば、まさに“対等(たいとう)関係(かんけい)”になったことを象徴(しょうちょう)する場面(ばめん)か。

Loading