日本(にっぽん)(はつ)心臓(しんぞう)動かし(うごかし)たままの手術(しゅじゅつ)成功(せいこう)(そう)(ぼう)(べん)(けん)組織(そしき)再建(さいけん)

大阪大学(おおさかだいがく)大学院(だいがくいん)医学(いがく)(けい)研究(けんきゅう)()(さわ)芳樹(よしき)教授(きょうじゅ)らは16(にち)人工(じんこう)心肺(しんぱい)用い(もちい)患者(かんじゃ)心臓(しんぞう)動かし(うごかし)たまま、心臓(しんぞう)()(りゅう)制御(せいぎょ)する(そう)(ぼう)(べん)正常(せいじょう)にする臨床(りんしょう)研究(けんきゅう)日本(にっぽん)初めて(はじめて)成功(せいこう)したと発表(はっぴょう)した。心臓(しんぞう)(ない)(そう)(ぼう)(べん)支える(ささえる)(けん)(けん)組織(そしき)再建(さいけん)し、機能(きのう)正常(せいじょう)()する手術(しゅじゅつ)を2(けん)行っ(おこなっ)た。(のう)梗塞(こうそく)臓器(ぞうき)障害(しょうがい)などの合併症(がっぺいしょう)回避(かいひ)でき手術(しゅじゅつ)()回復(かいふく)早い(はやい)従来(じゅうらい)手術(しゅじゅつ)のリスクが高かっ(たかかっ)た、すでに合併症(がっぺいしょう)のある患者(かんじゃ)高齢(こうれい)(しゃ)にも対応(たいおう)できる。

(そう)(ぼう)(べん)(はい)酸素(さんそ)()血液(けつえき)流れ込む(ながれこむ)(ひだり)心房(しんぼう)と、全身(ぜんしん)血液(けつえき)送り出す(おくりだす)(ひだり)心室(しんしつ)()開閉(かいへい)し、()(りゅう)制御(せいぎょ)する。(けん)組織(そしき)異常(いじょう)などで閉鎖(へいさ)不完全(ふかんぜん)だと血液(けつえき)逆流(ぎゃくりゅう)起こり(おこり)心不全(しんふぜん)原因(げんいん)となる。

ただ従来(じゅうらい)手術(しゅじゅつ)()心肺(しんぱい)停止(ていし)することによるリスクがあるため、症状(しょうじょう)進ん(すすん)でから手術(しゅじゅつ)することが多かっ(おおかっ)た。米国(べいこく)(はつ)(どう)技術(ぎじゅつ)はすでに欧州(おうしゅう)普及(ふきゅう)し、(さわ)教授(きょうじゅ)らは日本(にっぽん)での症例(しょうれい)積み重ね(つみかさね)普及(ふきゅう)目指す(めざす)

会見(かいけん)した(さわ)教授(きょうじゅ)は「手術(しゅじゅつ)安全(あんぜん)(せい)高まり(たかまり)心不全(しんふぜん)症状(しょうじょう)出る(でる)(まえ)手術(しゅじゅつ)踏み切り(ふみきり)やすくなる」と話し(はなし)た。4(にち)手術(しゅじゅつ)受け(うけ)16(にち)退院(たいいん)した70(だい)男性(だんせい)患者(かんじゃ)は「心臓(しんぞう)動い(うごい)たままと聞き(きき)安心(あんしん)(かん)があった。手術(しゅじゅつ)翌日(よくじつ)から食事(しょくじ)会話(かいわ)もできた」と述べ(のべ)た。

Loading