元日(がんじつ)営業(えいぎょう)本部(ほんぶ)社員(しゃいん)派遣(はけん)、ファミマの目論見(もくろみ)

ファミリーマートは、2020(ねん)元日(がんじつ)休暇(きゅうか)取得(しゅとく)希望(きぼう)するフランチャイズチェーン加盟(かめい)(てん)オーナー向け(むけ)に、店長(てんちょう)ヘルプ制度(せいど)活用(かつよう)する。本部(ほんぶ)社員(しゃいん)店舗(てんぽ)業務(ぎょうむ)代行(だいこう)し、オーナーは最大(さいだい)時間(じかん)45分の(ぶんの)休暇(きゅうか)取得(しゅとく)できる。元日(がんじつ)休暇(きゅうか)取得(しゅとく)希望(きぼう)するのは109(にん)で、オフィスビル(ない)など一部(いちぶ)店舗(てんぽ)除い(のぞい)原則(げんそく)元日(がんじつ)営業(えいぎょう)する。元日(がんじつ)営業(えいぎょう)巡っ(めぐっ)ては都内(とない)中心(ちゅうしん)にローソンが100店舗(てんぽ)、セブン―イレブンが50店舗(てんぽ)休業(きゅうぎょう)する予定(よてい)だが、ファミマはオーナーが選択(せんたく)できる体制(たいせい)柔軟(じゅうなん)対応(たいおう)する。

沢田(さわだ)貴司(たかし)ファミリーマート社長(しゃちょう)が17(にち)にマスコミ各社(かくしゃ)とのインタビューで明らか(あきらか)にした。人手(ひとで)不足(ふそく)働き(はたらき)(かた)改革(かいかく)で、20(ねん)元日(がんじつ)百貨店(ひゃっかてん)やスーパーなどで休業(きゅうぎょう)する(みせ)多い(おおい)。このため開店(かいてん)すれば来店(らいてん)(きゃく)増える(ふえる)(みせ)()てくる。沢田(さわだ)社長(しゃちょう)は「オーナーが開け(あけ)たいと思う(おもう)のは自然(しぜん)」とし、オーナーの希望(きぼう)合わせ(あわせ)られるようにした。12月31(にち)から20(ねん)1月3(にち)まで4日間(にちかん)で320(にん)制度(せいど)利用(りよう)する。

6月から始め(はじめ)店長(てんちょう)ヘルプ制度(せいど)は、年間(ねんかん)で1(にち)、オーナーが自由(じゆう)休む(やすむ)ことができる。利用(りよう)無料(むりょう)で、派遣(はけん)された本部(ほんぶ)社員(しゃいん)が、レジや接客(せっきゃく)代行(だいこう)する。発注(はっちゅう)業務(ぎょうむ)はしない。11月(まつ)までに1200(にん)利用(りよう)した。240(にん)いる代行(だいこう)可能(かのう)社員(しゃいん)増員(ぞういん)検討(けんとう)している。

同社(どうしゃ)は20(ねん)3月から、加盟(かめい)(てん)判断(はんだん)時短(じたん)営業(えいぎょう)本格(ほんかく)導入(どうにゅう)することを決め(きめ)ている。「この時短(じたん)営業(えいぎょう)結果(けっか)検証(けんしょう)して、元日(がんじつ)含む(ふくむ)特定(とくてい)()休業(きゅうぎょう)導入(どうにゅう)できるかどうかを検討(けんとう)する」(沢田(さわだ)社長(しゃちょう))とした。

Loading