従業(じゅうぎょう)(いん)(にん)(まち)工場(こうじょう)家族(かぞく)経営(けいえい)ならではの緊張(きんちょう)(かん)

(しん)生化学工業(せいかがくこうぎょう)兵庫(ひょうご)(けん)多可(たか)(まち))は、地場(じば)産業(さんぎょう)播州(ばんしゅう)織り(おり)知ら(しら)れる兵庫(ひょうご)(けん)(きた)播磨(はりま)地域(ちいき)立地(りっち)する。電気(でんき)亜鉛(あえん)メッキを手がけ(てがけ)従業(じゅうぎょう)(いん)は7(にん)(まち)工場(こうじょう)だ。杉本(すぎもと)寿(ことぶき)(のりひさ)社長(しゃちょう)は「規模(きぼ)大きい(おおきい)企業(きぎょう)()回ら(まわら)ない少量(しょうりょう)()品種(ひんしゅ)強み(つよみ)」と(むね)張る(はる)。1(にち)に1(しゃ)当たり(あたり)最大(さいだい)80種類(しゅるい)対応(たいおう)することもある。(てつ)部材(ぶざい)にメッキを施し(ほどこし)腐食(ふしょく)防ぎ(ふせぎ)建設(けんせつ)農業(のうぎょう)機械(きかい)鉄道(てつどう)車両(しゃりょう)部品(ぶひん)など()業種(ぎょうしゅ)採用(さいよう)されている。

(しん)生化学工業(せいかがくこうぎょう)は1960(ねん)創業(そうぎょう)し、80(ねん)に謄寿(ことぶき)社長(しゃちょう)(ちち)である杉本(すぎもと)(あん)(あきら)(ぜん)社長(しゃちょう)設立(せつりつ)した。部材(ぶざい)脱脂(だっし)し、塩酸(えんさん)(ひた)漬してメッキを施す(ほどこす)部材(ぶざい)種類(しゅるい)表面(ひょうめん)状態(じょうたい)応じ(おうじ)(ひた)時間(じかん)手作業(てさぎょう)調整(ちょうせい)するなど、メッキの(ぜん)処理(しょり)にも独自(どくじ)技術(ぎじゅつ)発揮(はっき)している。

社内(しゃない)改善(かいぜん)

(ぜん)社長(しゃちょう)が70(さい)迎え(むかえ)た2019(ねん)7月、長男(ちょうなん)の謄寿(ことぶき)社長(しゃちょう)が38(さい)経営(けいえい)のバトンを引き継い(ひきつい)だ。(あん)(あきら)(ぜん)社長(しゃちょう)は「たとえ失敗(しっぱい)しても踏ん張り(ふんばり)新しい(あたらしい)時代(じだい)合っ(あっ)考え方(かんがえかた)会社(かいしゃ)引っ張っ(ひっぱっ)行っ(いっ)てほしい」と背中(せなか)押す(おす)

寿(ことぶき)社長(しゃちょう)大学(だいがく)卒業(そつぎょう)()金融(きんゆう)機関(きかん)で5年間(ねんかん)勤務(きんむ)した。「いずれは家業(かぎょう)引き継ぐ(ひきつぐ)ことを意識(いしき)していた」と振り返る(ふりかえる)。その後(しん)生化学工業(せいかがくこうぎょう)入社(にゅうしゃ)金融(きんゆう)機関(きかん)時代(じだい)営業(えいぎょう)任せ(まかせ)られ、多く(おおく)企業(きぎょう)訪問(ほうもん)培っ(つちかっ)知見(ちけん)現在(げんざい)社内(しゃない)改善(かいぜん)生かし(いかし)ている。

メッキ現場(げんば)化学(かがく)(ひん)取り扱う(とりあつかう)ため、常に(つねに)汚れ(よごれ)危険(きけん)隣り合わせ(となりあわせ)だ。作業(さぎょう)環境(かんきょう)改善(かいぜん)加え(くわえ)従来(じゅうらい)の“丼勘定(どんぶりかんじょう)”の考え方(かんがえかた)変える(かえる)必要(ひつよう)があった。

これまで余分(よぶん)部材(ぶざい)仕入れ(しいれ)てメッキ処理(しょり)していたが、顧客(こきゃく)からの数量(すうりょう)品質(ひんしつ)管理(かんり)要求(ようきゅう)高度(こうど)()した。「家族(かぞく)経営(けいえい)でも会社(かいしゃ)である以上(いじょう)取引(とりひき)(さき)監査(かんさ)()光らせ(ひからせ)ている」という。在庫(ざいこ)納期(のうき)管理(かんり)清掃(せいそう)老朽(ろうきゅう)()設備(せつび)改修(かいしゅう)など課題(かだい)洗い出し(あらいだし)た。

新規(しんき)開拓(かいたく)(あせ)

10月には兵庫(ひょうご)県内(けんない)企業(きぎょう)同士(どうし)情報(じょうほう)交換(こうかん)やネットワーク形成(けいせい)支援(しえん)する「成長(せいちょう)期待(きたい)企業(きぎょう)」に選定(せんてい)された。これを()営業(えいぎょう)活動(かつどう)強化(きょうか)やホームページの作成(さくせい)通じ(つうじ)知名度(ちめいど)向上(こうじょう)取り組む(とりくむ)

兵庫(ひょうご)(けん)中部(ちゅうぶ)中心(ちゅうしん)とした既存(きそん)取引(とりひき)(さき)のほか、(どう)(けん)北部(ほくぶ)へも新規(しんき)開拓(かいたく)進める(すすめる)。謄寿(ことぶき)社長(しゃちょう)自ら(みずから)トップセールスに(あせ)流す(ながす)日々(ひび)少量(しょうりょう)()品種(ひんしゅ)への対応(たいおう)(りょく)をさらに上げる(あげる)ため、現在(げんざい)活用(かつよう)している大型(おおがた)のバレルメッキ装置(そうち)今後(こんご)年間(ねんかん)小回り(こまわり)利く(きく)小型(こがた)装置(そうち)入れ替える(いれかえる)計画(けいかく)だ。

寿(ことぶき)社長(しゃちょう)は「主力(しゅりょく)取引(とりひき)(さき)充実(じゅうじつ)した関係(かんけい)築き(きずき)収益(しゅうえき)安定(あんてい)させたい」と戦略(せんりゃく)描く(えがく)小規模(しょうきぼ)のメリットを生かし(いかし)細やか(こまやか)要求(ようきゅう)応え(こたえ)日本(にっぽん)のモノづくりの発展(はってん)支える(ささえる)。(神戸(こうべ)中野(なかの)恵美子(えみこ)

Loading