「LINE」メッセージ配信(はいしん)「WEBCAS taLk」にパーソナライズ配信(はいしん)手軽(てがる)実現(じつげん)する機能(きのう)搭載(とうさい)

CRM(顧客(こきゃく)関係(かんけい)管理(かんり))運用(うんよう)支援(しえん)のエイジアは、同社(どうしゃ)のマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの「LINE」メッセージ配信(はいしん)「WEBCAS taLk(ウェブキャストーク)」に、パーソナライズ配信(はいしん)手軽(てがる)実現(じつげん)する機能(きのう)搭載(とうさい)した、と12(つき)17(にち)発表(はっぴょう)した。LINEでのコミュニケーションを容易(ようい)にする。

LINEのユーザーIDと、顧客(こきゃく)会員(かいいん)情報(じょうほう)をひも付け(つけ)たデータ(コネクト情報(じょうほう))をAPIで受け取る(うけとる)機能(きのう)追加(ついか)した。WEBCAS taLkでパーソナライズ配信(はいしん)する場合(ばあい)従来(じゅうらい)会員(かいいん)情報(じょうほう)とLINEユーザーのID連携(れんけい)をWEBCAS taLk(がわ)でだけ実行(じっこう)する仕組み(しくみ)だった。このため、コネクト情報(じょうほう)自社(じしゃ)管理(かんり)したい企業(きぎょう)はカスタマイズする必要(ひつよう)があった。

ID連携(れんけい)仕組み(しくみ)自社(じしゃ)開発(かいはつ)して顧客(こきゃく)データも自社(じしゃ)管理(かんり)するものの、パーソナライズLINE配信(はいしん)外部(がいぶ)システムにして開発(かいはつ)費用(ひよう)抑え(おさえ)たい企業(きぎょう)や、既に(すでに)あるコネクト情報(じょうほう)生かし(いかし)、より高度(こうど)なパーソナライズLINE配信(はいしん)をしたい場合(ばあい)適し(てきし)ている。1(けん)ずつコネクト情報(じょうほう)受け取る(うけとる)APIと、複数(ふくすう)をまとめて受け取る(うけとる)パターンを用意(ようい)した。

関連(かんれん)リンク: 
Loading