米国(べいこく)で「喫煙(きつえん)年齢(ねんれい)を21(さい)引き上げる(ひきあげる)法案(ほうあん)」、年内(ねんない)成立(せいりつ)

米国(べいこく)では若い(わかい)世代(せだい)電子(でんし)タバコの使用(しよう)増加(ぞうか)懸念(けねん)される(なか)で、議会(ぎかい)喫煙(きつえん)可能(かのう)年齢(ねんれい)を21(さい)引き上げる(ひきあげる)法案(ほうあん)を、成立(せいりつ)させようとしている。

この法案(ほうあん)党派(とうは)超え(こえ)支持(しじ)されており、共和党(きょうわとう)ではミッチ・マコーネル上院(じょういん)院内(いんない)総務(そうむ)やマサチューセッツ(しゅう)知事(ちじ)のミット・ロムニー、民主党(みんしゅとう)ではブライアン・シャッツやティム・ケインらが賛同(さんどう)している。

米国(べいこく)では今年(ことし)電子(でんし)タバコの喫煙(きつえん)絡む(からむ)若年(じゃくねん)(そう)健康(けんこう)被害(ひがい)度々(たびたび)報じ(ほうじ)られたことも、この法案(ほうあん)への支持(しじ)後押し(あとおし)した。米国(べいこく)連邦(れんぽう)レベルでは、喫煙(きつえん)最低(さいてい)年齢(ねんれい)は18(さい)とされている。しかし、グアムを含む(ふくむ)19(しゅう)では独自(どくじ)判断(はんだん)で21(さい)引き上げ(ひきあげ)られた。

タバコの健康(けんこう)被害(ひがい)訴える(うったえる)団体(だんたい)や、一部(いちぶ)のタバコ業界(ぎょうかい)関係(かんけい)(しゃ)も、この法案(ほうあん)前向き(まえむき)なスタンスをとっている。電子(でんし)タバコ大手(おおて)のJuulの株式(かぶしき)の35%を保有(ほゆう)するAltriaも、喫煙(きつえん)可能(かのう)年齢(ねんれい)引き上げ(ひきあげ)賛成(さんせい)立場(たちば)だ。

しかし、年齢(ねんれい)引き上げ(ひきあげ)だけでは、若年(じゃくねん)(そう)電子(でんし)タバコ使用(しよう)増加(ぞうか)食い止め(くいとめ)られないと指摘(してき)する(こえ)もあがる。(はん)タバコ団体(だんたい)議会(ぎかい)に対し、フレーバーつき電子(でんし)タバコの全面(ぜんめん)禁止(きんし)や、オンライン販売(はんばい)制限(せいげん)求め(もとめ)ている。さらに、この分野(ぶんや)広告(こうこく)透明(とうめい)(せい)高める(たかめる)ことを求め(もとめ)ている。

議会(ぎかい)当局(とうきょく)は、電子(でんし)タバコの被害(ひがい)抑制(よくせい)するためにさらなる対策(たいさく)講じる(こうじる)べきだ」とAmerican Lung Associationの広報(こうほう)担当(たんとう)はフォーブスの取材(しゅざい)述べ(のべ)た。

ドナルド・トランプはフレーバーつき電子(でんし)タバコの販売(はんばい)禁止(きんし)すると宣言(せんげん)したが、業界(ぎょうかい)団体(だんたい)のロビー活動(かつどう)や、一部(いちぶ)保守(ほしゅ)()議員(ぎいん)からあがった大統領(だいとうりょう)(せん)への影響(えいきょう)懸念(けねん)する(こえ)受け(うけ)て、法案(ほうあん)への署名(しょめい)延期(えんき)した。

合衆国(がっしゅうこく)下院(かいん)は12(つき)19(にち)に、予算(よさん)(あん)通過(つうか)させる予定(よてい)で、それにともない喫煙(きつえん)年齢(ねんれい)引き上げ(ひきあげ)法案(ほうあん)可決(かけつ)される見通し(みとおし)だ。その翌日(よくじつ)の20(にち)には、上院(じょういん)法案(ほうあん)審議(しんぎ)行わ(おこなわ)れる。ワシントン・ポストによると、トランプは昨年(さくねん)記者(きしゃ)(だん)らに喫煙(きつえん)年齢(ねんれい)引き上げ(ひきあげ)賛成(さんせい)だと話し(はなし)ていたという。

Loading