【MLB】大谷(おおや)(しょう)(たいら)、2(せん)連続(れんぞく)2打点(だてん)連勝(れんしょう)貢献(こうけん) 3安打(あんだ)満足(まんぞく)げ「それぞれ良かっ(よかっ)た」

エンゼルス・大谷(おおや)(しょう)(たいら)写真(しゃしん):Getty Images】

(たけし)()(しょう)”は今季(こんき)7度目(どめ)勝て(かて)ていい流れ(ながれ)でホームに行ける(いける)

■エンゼルス 5-4 Rソックス(日本(にっぽん)時間(じかん)12(にち)・ボストン)

 エンゼルスの大谷(おおや)(しょう)(ひら)投手(とうしゅ)は11(にち)日本(にっぽん)時間(じかん)12(にち))、(てき)()レッドソックス(せん)に「3(ばん)・DH」で4試合(しあい)連続(れんぞく)でスタメン出場(しゅつじょう)し、5打数(だすう)3安打(あんだ)2打点(だてん)2三振(さんしん)活躍(かつやく)で5-4での勝利(しょうり)貢献(こうけん)した。“(たけし)()(しょう)”は9試合(しあい)ぶり、今季(こんき)7度目(どめ)。3(ほん)のヒットについて、試合(しあい)()には「それぞれ良かっ(よかっ)た」と納得(なっとく)表情(ひょうじょう)浮かべ(うかべ)た。

 大谷(おおや)初回(しょかい)無死(むし)(いち)二塁(にるい)好機(こうき)先発(せんぱつ)右腕(うわん)キャッシュナーの95マイル((やく)153キロ)の直球(ちょっきゅう)左前(ひだりまえ)鮮やか(あざやか)運ぶ(はこぶ)と、1-0のまま迎え(むかえ)た2(かい)は2()満塁(まんるい)絶好(ぜっこう)()初球(しょきゅう)のチェンジアップを右手(みぎて)(いち)(ほん)中前(ちゅうぜん)運ぶ(はこぶ)2(てん)タイムリー。2試合(しあい)連続(れんぞく)今季(こんき)26度目(どめ)のマルチ安打(あんだ)とした。

 さらに、1(てん)追う(おう)7(かい)1()走者(そうしゃ)なしの場面(ばめん)ではバーンズのカーブを左前(ひだりまえ)運び(はこび)今季(こんき)7度目(どめ)の“(たけし)()(しょう)”。エンゼルスは8(かい)にカルフーンの26(ごう)ソロで同点(どうてん)追いつき(おいつき)、10(かい)にベンブームの決勝(けっしょう)()飛び出し(とびだし)熱戦(ねっせん)制し(せいし)た。

 大谷(おおや)は3安打(あんだ)打率(だりつ).285から.290に上昇(じょうしょう)試合(しあい)()には「良かっ(よかっ)たと思い(おもい)ます」とうなずき、「勝て(かて)ていい流れ(ながれ)でホームに行ける(いける)んじゃないかなと思い(おもい)ます」と本拠地(ほんきょち)戻る(もどる)12(にち)(どう)13(にち))からのパイレーツ(せん)見据え(みすえ)た。

 3安打(あんだ)については「それぞれ良かっ(よかっ)たかなと思い(おもい)ます。アウトになった打席(だせき)ももちろん大事(だいじ)にしたいですし、ヒットになった打席(だせき)大事(だいじ)にしたいなと思い(おもい)ます」と満足(まんぞく)げ。「1打席(だせき)1打席(だせき)大事(だいじ)にしながら、結果(けっか)もそうですけど、内容(ないよう)大事(だいじ)にしながらまた明日(あした)から頑張り(がんばり)たいなと思い(おもい)ます」とさらなる活躍(かつやく)誓っ(ちかっ)ていた。

 エンゼルスは前日(ぜんじつ)連敗(れんぱい)を「8」で止め(とめ)、これで2連勝(れんしょう)試合(しあい)(まえ)まで8(つき)打率(だりつ).208と不調(ふちょう)だった大谷(おおや)のバットから当たり(あたり)()始め(はじめ)ただけに、ここから白星(しろぼし)取り戻し(とりもどし)ていきたいところだ。(木崎(きざき)英夫(ひでお) / Hideo Kizaki)

Loading