(よし)()京子(きょうこ)『ラスト♡シンデレラ』以来(いらい)6(ねん)ぶりの共演(きょうえん)三浦(みうら)(はる)()の「印象(いんしょう)残り(のこり)たい」

毎週(まいしゅう)())21()~『TWO WEEKS』

殺人(さつじん)(つみ)着せ(きせ)られた主人公(しゅじんこう)結城(ゆうき)大地(だいち)三浦(みうら)(はる)())が、白血病(はっけつびょう)(むすめ)のドナーとなって(いのち)救う(すくう)ため、2週間(しゅうかん)逃亡(とうぼう)(げき)繰り広げる(くりひろげる)タイムリミットサスペンス『TWO WEEKS』。

警察(けいさつ)黒幕(くろまく)たちが結城(ゆうき)追う(おう)(なか)結城(ゆうき)無実(むじつ)証明(しょうめい)し、8(ねん)(まえ)(ちち)死に(しに)追いやっ(おいやっ)黒幕(くろまく)復讐(ふくしゅう)するため、担当(たんとう)検事(けんじ)となり結城(ゆうき)追いかけ(おいかけ)ているのが、(よし)()京子(きょうこ)演じる(えんじる)新米(しんまい)検事(けんじ)月島(つきしま)(かえで)だ。

(かえで)演じる(えんじる)(かおる)()に、役柄(やくがら)やドラマへの向き合い(むきあい)(かた)自身(じしん)性格(せいかく)女優(じょゆう)としての姿勢(しせい)聞い(きい)た。

(よし)()京子(きょうこ)インタビュー>

Q.初めて(はじめて)検事(けんじ)(やく)となる(かえで)演じ(えんじ)てこられていかがですか?

(かえで)は、まっすぐで、一つ(ひとつ)のことしか見え(みえ)なくなってしまう不器用(ぶきよう)人間(にんげん)ですが、正義(せいぎ)(かん)使命(しめい)(かん)持っ(もっ)ている女性(じょせい)なので、演じ(えんじ)ていてすごく気持ち(きもち)がいいです。半面(はんめん)、ちょっとヌケている部分(ぶぶん)があったり、まだ検事(けんじ)2(ねん)()という新人(しんじん)(かん)があるので、その(ひま)(ぎゃく)人間(にんげん)らしいと思い(おもい)ます。

(かえで)のそういう部分(ぶぶん)明るく(あかるく)演じ(えんじ)ていたら、監督(かんとく)がほめてくださったので、そこで自分(じぶん)立ち(たち)位置(いち)がなんとなくわかったような()がしました。張り詰め(はりつめ)たシーンが多い(おおい)(なか)()ている(ほう)がちょっと息抜き(いきぬき)できるような役割(やくわり)もできたらと思っ(おもっ)ています。

Q.(かえで)は、父親(ちちおや)死に(しに)追いやっ(おいやっ)黒幕(くろまく)柴崎(しばざき)(かなめ)高嶋(たかしま)政伸(まさのぶ))に復讐(ふくしゅう)(しん)抱い(だい)ています。

(かえで)にとって、復讐(ふくしゅう)するというのは“(ほう)裁く(さばく)”ということ。それは、(かえで)大きな(おおきな)信頼(しんらい)寄せ(よせ)ている国会(こっかい)議員(ぎいん)久我(くが)(はや)()()さん(黒木(くろき)(ひとみ))から言わ(いわ)れた言葉(ことば)ですが、そう言わ(いわ)れて検事(けんじ)志し(こころざし)たという、そのまっすぐさも(かえで)らしいと思い(おもい)ます。

自分(じぶん)でも、スーツ姿(すがた)前髪(まえがみ)上げ(あげ)髪型(かみがた)新鮮(しんせん)ですし、()てくださる(ほう)が「こういう表情(ひょうじょう)もするんだな、こんな(よし)()京子(きょうこ)()たことない」と驚い(おどろい)てもらえたらうれしいです。

Q.ストーリーのおもしろさはどう感じ(かんじ)ていますか?

(かえで)は、結城(ゆうき)追っ(おっ)ていって、真実(しんじつ)知っ(しっ)て、そのあとどう動く(うごく)かなど、視聴(しちょう)(しゃ)目線(めせん)近い(ちかい)立ち(たち)位置(いち)台本(だいほん)読ん(よん)でいても、「え? (つぎ)どうなるの?」「結城(ゆうき)捕まっ(つかまっ)たら終わっ(おわっ)ちゃうじゃん!」とか、(わたし)自身(じしん)(さき)展開(てんかい)楽しみ(たのしみ)です。

そして、登場(とうじょう)人物(じんぶつ)がいろいろな問題(もんだい)抱え(かかえ)ていて、それが複雑(ふくざつ)絡み合っ(からみあっ)ているので、それぞれがどんな結末(けつまつ)迎える(むかえる)のか。どこも見逃せ(みのがせ)ないと思い(おもい)ます。「まさかこの(ひと)悪い(わるい)(ひと)だとは思っ(おもっ)ていなかった!」という衝撃(しょうげき)真相(しんそう)明かさ(あかさ)れていきます。毎回(まいかい)、ハラハラドキドキは保証(ほしょう)できるので、ぜひ最後(さいご)まで()てほしいです!

Q.主演(しゅえん)三浦(みうら)(はる)()さんとは、(よし)()さんのデビュー(さく)のドラマ『ラスト♡シンデレラ』(2013(ねん)4(つき)()以来(いらい)ですね。

『ラスト♡シンデレラ』でご一緒(いっしょ)させていただいた(とき)は、あまり同じ(おなじ)シーンがなかったこともあって、(わたし)のことは印象(いんしょう)残ら(のこら)なかったと思い(おもい)ます。だから、今回(こんかい)はすごくチャンスだなと思っ(おもっ)ているんです。ただ、三浦(みうら)さん演じる(えんじる)主人公(しゅじんこう)結城(ゆうき)大地(だいち)とはすれ違ってばかりで((えみ))、これから後半(こうはん)向け(むけ)てやっと共演(きょうえん)シーンが()てきます。

たくさんの(ほう)共演(きょうえん)されて、舞台(ぶたい)映画(えいが)、ドラマなどいろいろな経験(けいけん)をされている三浦(みうら)さんの印象(いんしょう)残り(のこり)たい。(ひと)としてよりも、「あのお芝居(しばい)、すごくよかった」って、お芝居(しばい)印象(いんしょう)残り(のこり)たいと思っ(おもっ)ています。そして、どういう化学(かがく)反応(はんのう)起きる(おきる)のか、三浦(みうら)さんに引っ張っ(ひっぱっ)てもらったら、自分(じぶん)はどこまでいけるのか、すごく楽しみ(たのしみ)です。

Q.ほか、共演(きょうえん)(しゃ)、スタッフのみなさんともうれしい再会(さいかい)があったそうですね。

実は(じつは)有馬(ありま)(かい)(ただ)(やく)三浦(みうら)(たか)(だい)さんとは、今回(こんかい)で5(かい)()共演(きょうえん)です。(はつ)共演(きょうえん)(わたし)が16(さい)で、先生(せんせい)生徒(せいと)(やく)でした。今回(こんかい)は、刑事(けいじ)検事(けんじ)(やく)で「大人(おとな)になったね」って言わ(いわ)れました((えみ))。

スタッフさんも、ご一緒(いっしょ)したことがある(ほう)多く(おおく)て、すごくうれしいです。このお仕事(しごと)始め(はじめ)たばかりの(ころ)、1ヵ月(かん)泊まり(とまり)込み(こみ)合宿(がっしゅく)状態(じょうたい)で、映画(えいが)撮っ(とっ)ていた(とき)照明(てるあき)さんや、()にも(なん)()かご一緒(いっしょ)したスタッフさんがいらっしゃるので、すごく安心(あんしん)(かん)があります。

そういう(ほう)たちに、自分(じぶん)成長(せいちょう)をお見せ(みせ)できるのはうれしいし、自分(じぶん)(いま)まで一生懸命(いっしょうけんめい)続け(つずけ)てきたからうれしい再会(さいかい)があるんだな、ステップアップできたんだな、もっとがんばらないとな、と思え(おもえ)感謝(かんしゃ)気持ち(きもち)でいっぱいです。

性格(せいかく)自己(じこ)分析(ぶんせき)すると…「頑固(がんこ)直感(ちょっかん)(てき)なタイプ」

Q.タイトルにかけて、もし2週間(しゅうかん)自由(じゆう)になる時間(じかん)があるとしたら、(なに)をやりたいですか?

すっごく細かく(こまかく)スケジュールを組み(くみ)ます((えみ))。2週間(しゅうかん)どこに行く(いく)ではなくて、1週間(しゅうかん)旅行(りょこう)行っ(いっ)て、残り(のこり)の1週間(しゅうかん)(いえ)でできることとかをすごく細かく(こまかく)決め(きめ)ます。

普段(ふだん)から、休み(やすみ)()はきちんとスケジュールを立てる(たてる)タイプなので、やりたいことは全部(ぜんぶ)やります。旅行(りょこう)行き(いき)たいし、買い物(かいもの)にも行き(いき)たいし、友達(ともだち)食事(しょくじ)にも行き(いき)たいし。行き(いき)たいところは全部(ぜんぶ)リストアップして、下調べ(したしらべ)して、目的(もくてき)全部(ぜんぶ)ちゃんと達成(たっせい)します。(ゆう)(げん)実行(じっこう)はできるだけするタイプなので。

でも、最終(さいしゅう)()風邪(かぜ)引く(ひく)タイプなんです。それで結局(けっきょく)翌日(よくじつ)影響(えいきょう)()てしまって、マネージャーさんに怒ら(おこら)れるんですけどね((えみ))。

Q.ちなみに、自分(じぶん)性格(せいかく)分析(ぶんせき)すると?

頑固(がんこ)で、直感(ちょっかん)(てき)なタイプです。考え(かんがえ)行動(こうどう)するとミスしてしまうので、直感(ちょっかん)信じ(しんじ)ます。だから、たとえば行き(いき)たいところも、なんか楽し(たのし)そうとか、(なに)々があるから行っ(おこなっ)てみたいと直感(ちょっかん)選ぶ(えらぶ)ので、行っ(いっ)てみたらおもしろくなかったということも。でも、物事(ものごと)に対してこだわりがないので、(つぎ)楽しけれ(たのしけれ)ばOKです((えみ))。

Q.どんな状況(じょうきょう)でも楽しめる(たのしめる)タイプですね。

楽しみ(たのしみ)たいと思う(おもう)し、性格(せいかく)(てき)自分(じぶん)合わ(あわ)ないものは3(にち)経た(たた)ずに終わっ(おわっ)てしまいますので((えみ))。このお仕事(しごと)も、最初(さいしょ)はあまりやる気がなくて怒ら(おこら)れることばかりでした。でも、いろいろな(やく)をいただいて、現場(げんば)にいる時間(じかん)長く(ながく)なり、いろいろな(ひと)演じ(えんじ)、いろいろな(ひと)出会う(であう)うち、自分(じぶん)(なか)目標(もくひょう)(ゆめ)ができて楽しい(たのしい)思う(おもう)ようになりました。

(じん)から勧め(すすめ)られて始め(はじめ)たことが、こんなに楽しい(たのしい)思える(おもえる)のは、幸せ(しあわせ)巡り(めぐり)合わせ(あわせ)だと思い(おもい)ます。楽し(たのし)すぎて辞め(やめ)られないなぁと思い(おもい)ます((えみ))。

番組(ばんぐみ)概要(がいよう)

『TWO WEEKS』

放送(ほうそう)日時(にちじ)

毎週(まいしゅう)火曜(かよう)(よる)21()

出演(しゅつえん)(しゃ)

(さん)(うら)(はる)()(よし)()京子(きょうこ)比嘉(ひか)(あい)()三浦(みうら)(たか)(だい)稲垣(いながき)(らい)(いずみ)近藤(こんどう)公園(こうえん)鈴木(すずき) (ひとし)、バッファロー吾郎(ごろう)磯村(いそむら)(いさむ)()(はら)沙知絵(さちえ)池田(いけだ)(てつ)(よう)高嶋(たかしま)政伸(まさのぶ)黒木(くろき) (ひとみ) ほか

原作(げんさく)

『TWO WEEKS』(@MBC 脚本(きゃくほん):ソ・ヒョンギョン)

Loading