(いたる)(がわ)光男(みつお)() 「対戦(たいせん)した(なか)でいえば江川(えがわ)(たく)歴代(れきだい)No.1投手(とうしゅ)

江川(えがわ)(たく)は「怪物(かいぶつ)」と呼ば(よば)れた(写真(しゃしん)時事通信(じじつうしん)フォト)

 簡単(かんたん)には比べ(くらべ)られない。だからこそ、面白い(おもしろい)。80(ねん)以上(いじょう)にわたる日本(にっぽん)のプロ野球(やきゅう)歴史(れきし)のなかで、(だれ)が「史上(しじょう)最高(さいこう)選手(せんしゅ)」なのか? ()(ころも)着せ(きせ)物言い(ものいい)知ら(しら)れる(いたる)(がわ)光男(みつお)()現役(げんえき)/1978~1992(ねん)所属(しょぞく)広島(ひろしま)以下(いか)(どう))も「週刊(しゅうかん)ポストさんの頼み(たのみ)でも、史上(しじょう)最高(さいこう)選手(せんしゅ)を1(にん)選ぶ(えらぶ)なんてできんよ」と苦笑い(にがわらい)する。

【ランキング】プロ野球(やきゅう)レジェンド105(にん)選ん(えらん)だ「史上(しじょう)最高(さいこう)投手(とうしゅ)打者(だしゃ)」ランキング

数字(すうじ)だけを見れ(みれ)ば、金田(かねだ)正一(しょういち)()=1950~1969(ねん)国鉄(こくてつ)ほか)さんの400(しょう)(おう)貞治(さだはる)さん(1959~80(ねん)巨人(きょじん))の868本塁打(ほんるいだ)、イチロー(1992~2019(ねん)、マリナーズほか)の(にち)(べい)通算(つうさん)4367(ほん)安打(あんだ)といった長年(ながねん)活躍(かつやく)続け(つずけ)選手(せんしゅ)記録(きろく)飛び抜け(とびぬけ)ているが、一方(いっぽう)短命(たんめい)でも凄い(すごい)選手(せんしゅ)はいましたからね。

 結局(けっきょく)自分(じぶん)直接(ちょくせつ)戦っ(たたかっ)相手(あいて)のことしか言え(いえ)ないよ。ワシの経験(けいけん)でいえば、江川(えがわ)(たく)(1979~1987(ねん)巨人(きょじん)ほか)がズバ抜け(ぬけ)ていたと思う(おもう)(こう)3の(とき)のセンバツで江川(えがわ)投げる(なげる)のをスタンドで初めて(はじめて)()(とき)は、度肝(どぎも)抜か(ぬか)れたね。まさに、“ボールがうなりをあげている”という感じ(かんじ)でしたよ」

 (たち)(がわ)()は「自分(じぶん)対戦(たいせん)したことのある選手(せんしゅ)のなかから選ぶ(えらぶ)なら」と限定(げんてい)した(うえ)で、江川(えがわ)()投手(とうしゅ)ナンバーワンとしたが、同い年(おないどし)の2(にん)甲子園(こうしえん)でも対戦(たいせん)している。“怪物(かいぶつ)江川(えがわ)”を目の当たり(まのあたり)にした思い出(おもいで)をこう振り返る(ふりかえる)

「1973(ねん)(はる)のセンバツ準決勝(じゅんけっしょう)江川(えがわ)(さく)(しん)とぶつかって、ワシら(ひろ)(しょう)広島(ひろしま)商業(しょうぎょう))が2(たい)1で勝ち(かち)ました。ただ、50(さい)(とき)に、江川(えがわ)言わ(いわ)れてしまったんです。“あの試合(しあい)前日(ぜんじつ)寝違え(ねちがえ)軽く(かるく)投げ(なげ)ていた”と(笑い(わらい))。

 江川(えがわ)とは(なか)がいいから、ワシに対してははっきりとものを言う(いう)。プロになってからも“タツ((いたる)(がわ)())には思いっきり(おもいっきり)投げ(なげ)ていない。衣笠(きぬがさ)祥雄(よしお)さん(1965~1987(ねん))や山本(やまもと)浩二(こうじ)さん(1969(ねん)~1986(ねん))には本気(ほんき)投げ(なげ)ないといけないから”と真顔(まがお)言っ(いっ)ていた。得点(とくてん)(けん)にランナーが進ん(すすん)だら一気に(いっきに)ギアを上げ(あげ)たり、相手(あいて)状況(じょうきょう)合わせ(あわせ)投げ(なげ)ていたよね。ただ、ここ一番(いちばん)投げ(なげ)てくる真っ直ぐ(まっすぐ)はファウルチップが精一杯(せいいっぱい)で、(まえ)飛ば(とば)なかった。あとはカーブのコントロールが抜群(ばつぐん)稲尾(いなお)和久(かずひさ)()=1956~1969(ねん)西鉄(にしてつ))さんも(はり)(あな)通す(とおす)コントロールだったと聞く(きく)が、打席(だせき)()たことがないから比べ(くらべ)られないよね……」

週刊(しゅうかん)ポスト2019(ねん)8(つき)16・23(にち)(ごう)

Loading