ハイパワーこそ正義(まさよし)! ちょっと(まえ)(だい)排気(はいき)(りょう)セダン5(せん)

(しょう)燃費(ねんぴ)環境(かんきょう)性能(せいのう)のために(しょう)排気(はいき)(りょう)ターボの「ダウンサイジングエンジン」が増え(ふえ)ています。しかし、レスポンスが良く(よく)上質(じょうしつ)加速(かそく)(かん)は、排気(はいき)(りょう)自然(しぜん)吸気(きゅうき)エンジンが勝り(まさり)ます。そんな(だい)排気(はいき)(りょう)エンジンのセダンを5車種(しゃしゅ)紹介(しょうかい)します。

(だい)排気(はいき)(りょう)エンジンならではの上質(じょうしつ)加速(かそく)

 近年(きんねん)では(しょう)燃費(ねんぴ)高い(たかい)環境(かんきょう)性能(せいのう)実現(じつげん)のために、気筒(きとう)(すう)少なく(すくなく)して排気(はいき)(りょう)小さく(ちいさく)したエンジンに、ターボチャージャーやスーパーチャージャーを組み合わせ(くみあわせ)て、(こう)出力(しゅつりょく)両立(りょうりつ)する「ダウンサイジングエンジン」が増え(ふえ)ています。

いまや少数(しょうすう)()(だい)排気(はいき)(りょう)のNAエンジンを搭載(とうさい)したセダン

 ところが、エンジン回転(かいてん)(すう)上昇(じょうしょう)合わせ(あわせ)たリニアなパワー(かん)や、(だん)付き(つき)のない上質(じょうしつ)加速(かそく)(かん)では、排気(はいき)(りょう)大きな(おおきな)自然(しぜん)吸気(きゅうき)(NA)エンジンのほうが上手(じょうず)です。

 とくにセダンタイプのクルマにとって、普段(ふだん)はジェントルに振舞い(ふるまい)ながらも必要(ひつよう)(とき)気持ちよく(きもちよく)パワーを引き出せる(ひきだせる)(だい)排気(はいき)(りょう)NAエンジンは大きな(おおきな)魅力(みりょく)です。

 そこで、少し(すこし)(まえ)販売(はんばい)していた(だい)排気(はいき)(りょう)NAセダンを5(だい)ピックアップして紹介(しょうかい)します。

日産(にっさん)「スカイライン 350GT」

「フェアレディZ」の心臓(しんぞう)持つ(もつ)「スカイライン 350GT」

 2001(ねん)発売(はつばい)された11代目(だいめ)日産(にっさん)「スカイライン」は、従来(じゅうらい)からスカイラインに搭載(とうさい)してきた直列(ちょくれつ)6気筒(きとう)エンジンからV(がた)6気筒(きとう)エンジンにスイッチし、インフィニティブランドの高級(こうきゅう)セダンを目指し(めざし)て、完全(かんぜん)新規(しんき)モデルとして開発(かいはつ)されました。

 当初(とうしょ)搭載(とうさい)されたエンジンは(どう)時期(じき)の「セドリック/グロリア」の2.5リッターと3リッターを改良(かいりょう)したもので、(たて)置き(おき)フロントミッドシップに搭載(とうさい)し、スポーツセダンとして理想(りそう)(てき)前後(ぜんご)重量(じゅうりょう)配分(はいぶん)実現(じつげん)

「インフィニティ Gシリーズ」に相応しい(ふさわしい)ものでしたが、古く(ふるく)からのスカイラインファンからは、V(がた)エンジンと空力(くうりょく)性能(せいのう)重視(じゅうし)した曲線(きょくせん)(てき)なボディデザインは「これはスカイラインではない」と酷評(こくひょう)されました。

 ファンには不評(ふひょう)だったV(がた)6気筒(きとう)()でしたが、2002(ねん)になると「エルグランド」(よう)の3.5リッターV(がた)6気筒(きとう)をチューニングしたエンジンと、パドルシフトによる8(そく)相当(そうとう)変速(へんそく)可能(かのう)なCVTを組み合わせ(くみあわせ)専用(せんよう)味付け(あじつけ)のサスペンションやブレーキなどを備え(そなえ)た「350GT-8」が追加(ついか)ラインナップされました。

 さらに、2003(ねん)になると6(そく)MTも選べる(えらべる)「350GT」シリーズが登場(とうじょう)しました。

 最高(さいこう)出力(しゅつりょく)272馬力(ばりき)最大(さいだい)トルク36.0kgmのスペックは、排気(はいき)(りょう)恩恵(おんけい)でゆっくりとジェントルに走ら(はしら)せることや、6(そく)MTを介し(かいし)てスポーティに走る(はしる)ことも可能(かのう)です。

●スバル「レガシィ 3.0R Spec B」

国産(こくさん)乗用車(じょうようしゃ)では唯一(ゆいいつ)無二(むに)存在(そんざい)だった水平(すいへい)対向(たいこう)6気筒(きとう)の「レガシィ 3.0R Spec B」

 2003(ねん)登場(とうじょう)した4代目(だいめ)スバル「レガシィ」は、ボディサイズが拡大(かくだい)され3ナンバーサイズ()されたことや、(ひとし)(ちょう)エキゾーストマニホールドの採用(さいよう)により「ボクサーサウンド(スバルの水平(すいへい)対向(たいこう)エンジン独特(どくとく)のエキゾーストサウンド)」が消え(きえ)たことで、より上質(じょうしつ)高性能(こうせいのう)4WDセダン/ワゴンとなりました。

 4代目(だいめ)レガシィでは先代(せんだい)から引き続き(ひきつずき)ターボモデルがメインでしたが、エンジンの改良(かいりょう)により、上質(じょうしつ)さは大きく(おおきく)進化(しんか)していました。

 その上質(じょうしつ)さをさらに高め(たかめ)たのが、追加(ついか)ラインナップされた3リッター水平(すいへい)対向(たいこう)6気筒(きとう)エンジンを搭載(とうさい)する「3.0R」です。

 最高(さいこう)出力(しゅつりょく)250馬力(ばりき)最大(さいだい)トルク31.0kgmを発揮(はっき)するエンジンは、2リッター4気筒(きとう)ターボエンジン搭載(とうさい)(しゃ)とは違っ(ちがっ)上質(じょうしつ)さを持ち(もち)車両(しゃりょう)重量(じゅうりょう)1460kgのボディをエレガンスに走ら(はしら)せることも可能(かのう)でした。

 さらに2004(ねん)には、専用(せんよう)チューニングのビルシュタイン(せい)ダンパーや、専用(せんよう)外装(がいそう)パーツ、18インチホイールを備える(そなえる)「3.0R Spec B」が登場(とうじょう)します。

 エンジンのスペックは3.0Rと同じ(おなじ)で、(てい)回転(かいてん)からスロットルを踏み込ん(ふみこん)でいくと気持ち(きもち)良い(よい)加速(かそく)伴う(ともなう)ものでした。

 6(そく)MTのみが組み合わさ(くみあわさ)れていた(()に5(そく)ATも追加(ついか))のは、水平(すいへい)対向(たいこう)6気筒(きとう)エンジンの心地(ここち)()さを味わっ(あじわっ)てほしいという、スバルからのメッセージだったのでしょう。

●メルセデス・ベンツ「500E」

派手(はで)さはないが迫力(はくりょく)満点(まんてん)だったメルセデス・ベンツ「500E」

 日本(にっぽん)がバブル景気(けいき)真っ(まっ)(ただ)(ちゅう)だった1989(ねん)発売(はつばい)された、メルセデス・ベンツの高級(こうきゅう)スポーツカー「500SL」は、当然(とうぜん)のように商業(しょうぎょう)(てき)成功(せいこう)しました。

 そこで、メルセデス・ベンツは、500SLのエンジンを搭載(とうさい)するスポーティセダンとして、1991(ねん)に「500E」を発売(はつばい)します。

 5リッターV(がた)8気筒(きとう)エンジンは、最高(さいこう)出力(しゅつりょく)330馬力(ばりき)最大(さいだい)トルク50kgmのスペックで、1700kgのボディながら0-100km/h加速(かそく)6.5(びょう)、0-400m発進(はっしん)加速(かそく)では14.8(びょう)駆け抜ける(かけぬける)当時(とうじ)のスポーツカーも顔負け(かおまけ)俊足(しゅんそく)さでした。

 フロアパネルやバルクヘッドはV(がた)8気筒(きとう)エンジンを収める(おさめる)ために拡大(かくだい)され、サスペンションやトランスミッションは500SL(よう)などを流用(りゅうよう)

 (だい)径のベンチレーテッドディスクも500SLからの流用(りゅうよう)で、フロントのブレンボ(せい)4ポットブレーキキャリパーは「190E 2.5-16」のパーツが使用(しよう)されていました。

 外観(がいかん)ではトレッドを拡大(かくだい)したことでワイドになったフェンダーと、前後(ぜんご)バンパーが500Eの(あかし)となりますが、派手(はで)なエアロパーツもなく、外観(がいかん)から秘め(ひめ)られた性能(せいのう)想像(そうぞう)できる(ひと)少なかっ(すくなかっ)たと思い(おもい)ます。

 500Eはポルシェに開発(かいはつ)依頼(いらい)したことから、そのブランド(りょく)(たか)さで日本(にっぽん)では人気(にんき)となりましたが、ターゲットとしていたアメリカでは振るわ(ふるわ)ず、日本(にっぽん)国内(こくない)への正規(せいき)輸入(ゆにゅう)台数(だいすう)並行輸入(へいこうゆにゅう)台数(だいすう)合わせる(あわせる)と、(そう)生産(せいさん)台数(だいすう)の3分の(ぶんの)1が日本(にっぽん)入っ(はいっ)てきたともいわれています。

(にち)(おう)代表(だいひょう)するスーパーセダン

●BMW「M5」

F1テクノロジーが注が(そそが)れたV10エンジンを搭載(とうさい)したBMW「M5」

 1972(ねん)にデビューしたBMW「5シリーズ」は豊富(ほうふ)なエンジンバリエーションを持つ(もつ)クルマで、初代(しょだい)のモデル末期(まっき)には3.5リッターエンジンを搭載(とうさい)した「M535i」が追加(ついか)されました。

 2代目(だいめ)5シリーズでは286馬力(ばりき)発揮(はっき)する3.5リッター直列(ちょくれつ)6気筒(きとう)エンジンを搭載(とうさい)する「M5」が発売(はつばい)され、当時(とうじ)世界(せかい)最速(さいそく)4ドアセダンの()をほしいままにしました。

 その後、5シリーズがモデルチェンジを重ねる(かさねる)ごとにM5も進化(しんか)し、5代目(だいめ)5シリーズのM5では、F1のテクノロジーがフィードバックされた、(しん)開発(かいはつ)の5リッターV(がた)10気筒(きとう)エンジンを搭載(とうさい)

 最高(さいこう)出力(しゅつりょく)507馬力(ばりき)最大(さいだい)トルク53.0kgmを絞り出す(しぼりだす)(こう)回転(かいてん)(がた)ユニットで、どこまでもエンジンが回り(まわり)続け(つずけ)そうな(いき)長い(ながい)加速(かそく)楽しめ(たのしめ)、0-100km/hを4.7(びょう)出す(だす)モンスターマシンでした。

 ただし、常に(つねに)507馬力(ばりき)出せる(だせる)わけではなく、エンジン始動(しどう)()には最高(さいこう)出力(しゅつりょく)を400馬力(ばりき)設定(せってい)した快適(かいてき)(せい)重視(じゅうし)の「P400パフォーマンスプログラム」が自動的(じどうてき)作動(さどう)し、507馬力(ばりき)モードにするには「P500プログラム」を作動(さどう)させる必要(ひつよう)がありました。

 5代目(だいめ)5シリーズは、エッジの効い(きい)たスポーティなボディラインを持ち(もち)ながら、(しな)のある外観(がいかん)のセダンでしたが、M5では専用(せんよう)のエアロパーツや専用(せんよう)アルミホイールなどが採用(さいよう)され、オーソドックスそうに見え(みえ)ても強い(つよい)存在(そんざい)(かん)持っ(もっ)たクルマに仕上がっ(しあがっ)ていました。

●レクサス「IS F」

ベース(しゃ)の2(ばい)となる排気(はいき)(りょう)のエンジンを搭載(とうさい)した「IS F」

 レクサス「IS」は、1998(ねん)にデビューしたトヨタのスポーティセダン「アルテッツァ」のレクサスブランド(ばん)として、1999(ねん)海外(かいがい)市場(しじょう)投入(とうにゅう)されました。

 ISはレクサスのエントリーモデルとして人気(にんき)集め(あつめ)、2005(ねん)日本(にっぽん)国内(こくない)でもレクサスブランドの本格(ほんかく)展開(てんかい)開始(かいし)すると、2代目(だいめ)ISが登場(とうじょう)。3.5リッターエンジンを搭載(とうさい)する「IS350」と2.5リッターエンジンの「IS250」を発売(はつばい)しました。

 トルクフルな3.5リッターエンジンを搭載(とうさい)したIS350でも十分(じゅうぶん)俊足(しゅんそく)でしたが、2007(ねん)にはレクサスのプレミアムスポーツブランドである「F」を冠し(かんし)た「IS F」が登場(とうじょう)します。

 Fは「富士(ふじ)スピードウェイ」やトヨタの開発(かいはつ)拠点(きょてん)である「東富士研究所(ひがしふじけんきゅうじょ)」に由来(ゆらい)するもので、ISをベースにしていながらも、外観(がいかん)前後(ぜんご)ドアやトランク、ルーフパネル以外(いがい)作り直さ(つくりなおさ)れ、専用(せんよう)のサスペンションによって、日本(にっぽん)仕様(しよう)では味わえ(あじわえ)ない(ちょう)高速(こうそく)(いき)でも、安定(あんてい)した走り(はしり)実現(じつげん)しています。

 エンジンはトヨタとヤマハの共同(きょうどう)開発(かいはつ)による5リッターV(がた)8気筒(きとう)で、最高(さいこう)出力(しゅつりょく)423馬力(ばりき)最大(さいだい)トルク51.5kgmと(だい)パワーを発揮(はっき)

 組み合わさ(くみあわさ)れるトランスミッションは、2(そく)から8(そく)までがロックアップ機構(きこう)により直結(ちょっけつ)され、マニュアル(しゃ)のようなダイレクトなフィーリングが味わえる(あじわえる)「8-Speed SPDS(Sport Direct Shift)」を採用(さいよう)

 (いち)()スロットルを深く(ふかく)踏み込め(ふみこめ)ば0-100km/h加速(かそく)5.1(びょう)世界(せかい)に、(やく)1700kgの(くるま)(じゅう)感じる(かんじる)ことなく飛び込む(とびこむ)ことができます。

Loading