(はた) (もと)(はく)、MTV Unplugged出演(しゅつえん)!この()だけのアコースティック編成(へんせい)で「ひまわりの約束(やくそく)」「(うろこ)(うろこ)」「Raspberry Lover」など(ぜん)13(きょく)披露(ひろう)

【さらに写真(しゃしん)見る(みる)(はた) (もと)(はく)

世界中(せかいじゅう)のトップアーティストが出演(しゅつえん)し、 独創(どくそう)(てき)個性(こせい)あふれるアコースティックライブの源流(げんりゅう)としてその歴史(れきし)刻ん(きざん)できた「MTV Unplugged」。 日本(にっぽん)制作(せいさく)としては宇多田(うただ)ヒカル、 平井(ひらい)(けん)加藤(かとう)ミリヤ、 VAMPS、 KinKi Kids、 ゲスの極み(きわみ)乙女(おとめ)。 など、 一流(いちりゅう)アーティストが登場(とうじょう)しいつものライブとは一味(ひとあじ)違う(ちがう)パフォーマンスを披露(ひろう)してきた

今回(こんかい)出演(しゅつえん)したのは、 「(はがね)硝子(がらす)でできた(こえ)」と称さ(しょうさ)れる歌声(うたごえ)と、 叙情(じょじょう)(てき)あふれる歌詞(かし)、 そして琴線(きんせん)触れる(ふれる)メロディーで幅広い(はばひろい)(そう)から支持(しじ)されている (しん) (もと)(はく)

2006(ねん)のデビュー()、 「(うろこ)(うろこ)」「アイ」などで注目(ちゅうもく)集め(あつめ)、 2014(ねん)にリリースした「ひまわりの約束(やくそく)」が(だい)ヒットを記録(きろく)。 これまでには、 自身(じしん)原点(げんてん)ともいえる弾き語り(ひきがたり)(じく)とした活動(かつどう)多く(おおく)弾き語り(ひきがたり)ベストアルバム『evergreen』のリリースや、 アコースティックライブシリーズ「GREEN MIND」の開催(かいさい)日本(にっぽん)各地(かくち)世界(せかい)遺産(いさん)での野外(やがい)公演(こうえん)、 たった(いち)(にん)全編(ぜんぺん)弾き語り(ひきがたり)行なっ(おこなっ)日本武道館(にほんぶどうかん)公演(こうえん)など、 バラエティに富ん(とん)だパフォーマンスを展開(てんかい)している。

12(つき)11(にち)には(やく)4(ねん)ぶりとなるニューアルバム『コペルニクス』をリリース、 この(たび)の「MTV Unplugged」は、 リリース直後(ちょくご)絶好(ぜっこう)のタイミングとなり、 ライブではアルバム収録(しゅうろく)(きょく)自身(じしん)代表(だいひょう)(きょく)など、 新旧(しんきゅう)織り(おり)交ぜ(まぜ)贅沢(ぜいたく)なセットリストで、 250(にん)のオーディエンスを魅了(みりょう)した。

このライブの模様(もよう)は 2020(ねん)1(つき)25(にち)()(よる)7()よりMTVにて放送(ほうそう)
また、 スカパー! でMTVを新規(しんき)加入(かにゅう)されたお客様から抽選(ちゅうせん)で、 合計(ごうけい)5(めい)(さま)(しん) (もと)(はく)のサイン入り(いり)オリジナルポスターが当たる(あたる)キャンペーンを実施(じっし)する。

●『MTV Unplugged: Hata Motohiro』概要(がいよう)
(おさむ) (ろく) (にち):2019(ねん)12(つき)16(にち)(つき)
収録(しゅうろく)場所(ばしょ):Billboard Live OSAKA
番組(ばんぐみ)放送(ほうそう):1(つき)25(にち)())19:00-20:00、 1(つき)31(にち)(きん))18:00-19:00

●セットリスト
1. ひまわりの約束(やくそく)
2. Fast Life
3. 聖なる(せいなる)(よる)贈り物(おくりもの)
4. Joan
5. (あか)か゛沈む(しずむ)
6. 仰け(あおのけ)゛は゛?(そら)
7. (うろこ)(うろこ)
8. 初恋(はつこい)
9. シンクロ
10. Raspberry Lover
11. 9inch Space Ship
12. Girl
13. アイ

ポスタープレゼントキャンペーン
内容(ないよう)(しん) (もと)(はく)のサイン入り(いり)MTV Unpluggedオリジナルポスターを(けい)5(めい)にプレゼント
応募(おうぼ)期間(きかん):12(つき)17(にち)())12:00〜2020(ねん)1(つき)31(にち)(きん))23:59
応募(おうぼ)資格(しかく):12(つき)1(にち)(())〜2020(ねん)1(つき)31(にち)((きん))までの期間(きかん)、 スカパー!にてMTVを新規(しんき)契約(けいやく)いただいた(ほう)
詳細(しょうさい): http://www.mtvjapan.com/event/unplugged/hata-motohiro

MTV Unpluggedとは
「MTV Unplugged」は、 “プラグを抜い(ぬい)た”の()通り(とおり)、 アコースティックな手法(しゅほう)とオーディエンスとの親密(しんみつ)距離(きょり)にこだわり、 独特(どくとく)緊張(きんちょう)(かん)一体(いったい)(かん)包ま(つつま)れたライブ空間(くうかん)実現(じつげん)する、 MTVが誇る(ほこる)大人気(だいにんき)企画(きかく)です。 1989(ねん)にニューヨークで初めて(はじめて)実施(じっし)されて以来(いらい)、 エリック・クラプトンやマライア・キャリー、 オアシスといった音楽(おんがく)(かい)のスーパースターから、 アデル、 ケイティ・ペリー、 アダム・ランバートらポップシーンの実力(じつりょく)()まで、 100(くみ)超える(こえる)アーティストが出演(しゅつえん)し、 音楽(おんがく)ファンのみならず、 アーティストや音楽(おんがく)業界(ぎょうかい)全体(ぜんたい)熱烈(ねつれつ)な「Unplugged」ファンを生み出し(うみだし)てきました。 ライブCD「アンプラグド〜アコースティック・クラプトン」で、 エリック・クラプトンが1992(ねん)グラミー(しょう)の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」以下(いか)6部門(ぶもん)独占(どくせん)するなど、 数々(かずかず)記録(きろく)やエピソードを生み出し(うみだし)てきたことでも知ら(しら)れ、 「出演(しゅつえん)できるのは一流(いちりゅう)(あかし)」とさえ言わ(いわ)れています。 日本(にっぽん)制作(せいさく)ではこれまで宇多田(うただ)ヒカル、 平井(ひらい)(けん)()井田(いだ)(ひとみ)布袋(ほてい)寅泰(ともやす)、 KREVA、 長瀬(ながせ)智也(ともや)
絢香(あやか)、 Salyu、 加藤(かとう)ミリヤ、 JUJU、 Chara、 the HIATUS、 西野(にしの)カナ、 長渕(ながぶち)(つよし)中島(なかじま)(よし)(よしみ)、 VAMPS、 高橋(たかはし)(ゆう)水樹(みずき)奈々(なな)木村(きむら)カエラ、 KinKi Kids、 ももいろクローバーZ、 生田(いくた)絵梨(えり)(はな)乃木坂(のぎざか)46)、 ゲスの極み(きわみ)乙女(おとめ)。 、 Little Glee Monster、 徳永(とくなが)英明(ひであき)などが出演(しゅつえん)しています。

ライブレポート
MTVの人気(にんき)シリーズ『MTV Unplugged』に(しん) (もと)(はく)登場(とうじょう)――と聞い(きい)て「待っ(まっ)てました!」とヒザを打っ(うっ)音楽(おんがく)ファンも多い(おおい)ことだろう。 弾き語り(ひきがたり)筆頭(ひっとう)(はた)音楽(おんがく)にはアコースティックギターが欠か(かか)せないし、 アコースティックセットを中心(ちゅうしん)としたライブシリーズ「GREEN MIND」もデビュー直後(ちょくご)から定期(ていき)(てき)開催(かいさい)してきた。 そんな“アコースティック(どう)”を極めて(きわめて)きた(かれ)が、 数々(かずかず)名演(めいえん)行わ(おこなわ)れた(ゆめ)舞台(ぶたい)(なに)見せる(みせる)のか?――12(つき)16(にち)(つき))のBillboard Live OSAKAは、 クリスマス(まえ)華やぎ(はなやぎ)加え(くわえ)詰めかけ(つめかけ)たオーディエンスの期待(きたい)(かん)であふれていた。
フラリとステージに登場(とうじょう)した(はた)はアコギを抱える(かかえる)と、 (なに)言わ(いわ)聞き(きき)慣れ(なれ)たリフを弾き(はじき)はじめた。 挨拶(あいさつ)代わり(かわり)の 「ひまわりの約束(やくそく)」 。 繊細(せんさい)なタッチと(かれ)独特(どくとく)深み(ふかみ)のある(こえ)がこれ以上(いじょう)ないブレンドを見せる(みせる)
「あこがれの『MTV Unplugged』、 Billboard Live OSAKAでのライブも初めて(はじめて)になります。 みなさんにはゆっくり楽しん(たのしん)でいってもらいたいと思い(おもい)ます」
MCを挟み(はさみ)弾き語り(ひきがたり)形態(けいたい)のまま 「Fast Life」 へ。 こちらは 「ひまわりの約束(やくそく)」 から一転(いってん)激しい(はげしい)カッティングにラップのようなボーカルスタイル。 冒頭(ぼうとう)から対極(たいきょく)(てき)な2つの(かお)描き出す(えがきだす)姿(すがた)に、 この(さき)のライブがどんな展開(てんかい)見せる(みせる)のか期待(きたい)はさらに高まる(たかまる)
そこからは1(きょく)ずつバンドメンバーを迎える(むかえる)(かたち)進ん(すすん)でいった。 まず、 ピアノのトウミ ヨウトオミ ヨウと2(にん)で 「聖なる(せいなる)(よる)贈り物(おくりもの)」 。 (こころ)込め(こめ)歌い(うたい)ぶりは、 観客(かんきゃく)向け(むけ)(うた)のクリスマスプレゼントのようである。 次に(つぎに)登場(とうじょう)したのはパーカッションの朝倉(あさくら)真司(しんじ)実は(じつは)(はた)は4(ねん)ぶりとなるオリジナルアルバム『コペルニクス』を5(にち)(まえ)発表(はっぴょう)したばかりで、 今回(こんかい)発売(はつばい)()(はつ)のライブとなる。


「アルバムでもこの3(にん)でレコーディングした(きょく)があって、 今日(きょう)はオリジナルメンバーでお送りします」
演奏(えんそう)された 「Joan」 はトオミのアコーディオンに朝倉(あさくら)のコーラスが重なり(かさなり)、 あたたかな空気(くうき)作り出す(つくりだす)。 そんなぬくもりから急転(きゅうてん)、 ベースの鈴木(すずき)正人(まさと)とマンツーマンでの 「(あか)沈む(しずむ)」 は荒々しい(あらあらしい)ベースラインとスリリングなセッションを見せつけ(みせつけ)たのだった。
()参加(さんか)したのはバイオリン・室屋(むろや)光一郎(こういちろう)とチェロ・水野(みずの)由紀(ゆき)(はた)と共に最新(さいしん)(さく)のサウンドプロデュースを担当(たんとう)したトオミのピアノに先導(せんどう)され、 「仰げ(あおげ)青空(あおぞら)」 に突入(とつにゅう)する。 2(ほん)(つる)情感(じょうかん)引き立て(ひきたて)地下(ちか)のライブスペースに澄ん(すん)青空(あおぞら)映し出す(うつしだす)


続く(つずく)(うろこ)(うろこ)」 は(はた)代表(だいひょう)(きょく)のひとつだが、 これをバイオリンとアコースティックギターの伴奏(ばんそう)のみで披露(ひろう)したのには驚い(おどろい)た。 このできるかぎり装飾(そうしょく)削ぎ(そぎ)落とし(おとし)たギリギリのアレンジこそ、 『MTV Unplugged』に臨む(のぞむ)にあたって(はた)仕掛け(しかけ)たチャレンジなのだろう。
「それでは(つぎ)(きょく)から全員(ぜんいん)集合(しゅうごう)でお送りします」の(こえ)壇上(だんじょう)にはミュージシャンが勢揃い(せいぞろい)した。 しっとりと演奏(えんそう)された 「初恋(はつこい)」 は、 テンポを落とし(おとし)たことで過去(かこ)記憶(きおく)噛みしめる(かみしめる)ドラマチック成分(せいぶん)増し(まし)()がする。 デビュー(きょく)の 「シンクロ」 は大胆(だいたん)にもボサノバ調(ちょう)にリアレンジ。 デビュー13(ねん)()遊び心(あそびごころ)音楽(おんがく)(せい)拡がり(ひろがり)にうならされる。


意外(いがい)といえば最新(さいしん)シングル 「Raspberry Lover」 にも度肝(どぎも)抜か(ぬか)れた。 チェロを基調(きちょう)(さい)編曲(へんきょく)。 アコースティックなのにサスペンスフルというこの世界(せかい)(かん)()(るい)()ないものだ。 そしてアルバムからもう1(きょく)「 9inch Space Ship」 。 メンバー一丸(いちがん)となっての力強い(ちからずよい)演奏(えんそう)(こころ)高く(たかく)舞い(まい)上げ(あげ)られる。 そのポジティブな高揚(こうよう)(かん)(そら)へと羽ばたく(はばたく) 「Girl」 の浮遊(ふゆう)(かん)昇華(しょうか)され、 ひとりひとりメンバーを紹介(しょうかい)しながら送り出す(おくりだす)と、 舞台(ぶたい)(うえ)には再び(ふたたび)(はた)ひとりが残さ(のこさ)れた。
(はた)はここで「今回(こんかい)はあこがれの『MTV Unplugged』に呼ん(よん)でもらえて本当に(ほんとうに)嬉しかっ(うれしかっ)たです」と感謝(かんしゃ)述べ(のべ)たが、 “あこがれの”という言葉(ことば)()()(くち)にしたところにもこのライブに対する並々(なみなみ)ならぬ想い(おもい)感じ(かんじ)られる。 「アコースティックというスタイルは(ぼく)原点(げんてん)今回(こんかい)はたっぷり聴い(きい)てもらえて嬉しかっ(うれしかっ)たです」。


最後(さいご)歌っ(うたっ)たのは、 冒頭(ぼうとう)同じ(おなじ)弾き語り(ひきがたり)での 「アイ」 。 この(きょく)(はた)(うた)への集中(しゅうちゅう)凄まじく(すさまじく)、 まさに 「アイ」 の歌詞(かし)にある〈ただの(いち)(びょう)永遠(えいえん)よりながくなる〉を実感(じっかん)させる瞬間(しゅんかん)があった。 Unpluggedだからこその、 むき出しの(たましい)(うそ)偽り(いつわり)のない(こころ)叫び(さけび)がそこには表れ(あらわれ)ていたのである。
(しん) (もと)(はく)の『MTV Unplugged』は楽曲(がっきょく)緩急(かんきゅう)新旧(しんきゅう)のセレクション、 さまざまな形態(けいたい)でのセッションなど、 自ら(みずから)持ち味(もちあじ)総動員(そうどういん)した極めて(きわめて)完成(かんせい)()高い(たかい)メニューだった。 そこにこの()限り(かぎり)濃密(のうみつ)なテンションが加わっ(くわわっ)たパフォーマンスは、 (はた)にとっても、 『MTV Unplugged』の歴史(れきし)にとっても新た(あらた)なる金字塔(きんじとう)となったに違い(ちがい)ない(text:清水(しみず)浩司(こうじ)

Loading