2020(ねん)F1シートを失っ(うしなっ)たヒュルケンベルグ「自分(じぶん)見つめ(みつめ)直す(なおす)いい機会(きかい)になる」と前向き(まえむき)

 ニコ・ヒュルケンベルグは、2020(ねん)にはF1に参戦(さんせん)しないことが確定(かくてい)したが、(こころ)のどこかでモータースポーツの喧騒(けんそう)から一時(いちじ)離れる(はなれる)機会(きかい)持てる(もてる)ことを歓迎(かんげい)していると語っ(かたっ)た。

 ルノーがエステバン・オコンを起用(きよう)することを決め(きめ)、ハースかアルファロメオへの移籍(いせき)といった数少ない(かずすくない)代替(だいたい)(あん)実現(じつげん)しなかったため、ヒュルケンベルグは()本意(ほんい)撤退(てったい)余儀なく(よぎなく)された。

 9シーズンのなかで177(せん)出走(しゅっそう)した32(さい)のヒュルケンベルグが、このままF1キャリアを終える(おえる)ことになるのか、再び(ふたたび)戻っ(もどっ)てくることができるのかは、現時点(げんじてん)では定か(さだか)ではない。

 ヒュルケンベルグは2020(ねん)のシートがないまま新年(しんねん)迎える(むかえる)。しかし気持ち(きもち)はポジティブであり、今後(こんご)生活(せいかつ)楽しみ(たのしみ)にしているという。

「そうだね、来年(らいねん)はグリッドに残れ(のこれ)ないけれど、終わり(おわり)だとは思っ(おもっ)ていない」と、(かれ)はFormula1.comのF1のローレンス・バレットに語っ(かたっ)た。

「2020(ねん)移動(いどう)減る(へる)から、たくさん時間(じかん)取る(とる)ことができる。(こころ)のどこかで、自分(じぶん)人生(じんせい)一幕(ひとまく)終わる(おわる)ことに興奮(こうふん)しているんだ」

来年(らいねん)はプレシーズンのルーティンを()たり、冬季(とうき)テストやオーストラリアに行く(いく)こともないから、また違っ(ちがっ)たスケジュールやリズムになる。(いま)までとは違う(ちがう)ものになるね」

(いま)までより自由(じゆう)がある、違う(ちがう)人生(じんせい)(こころ)のどこかで心待ち(こころまち)にしている。好き(すき)なときに、好き(すき)なことができるようになるんだ」

(いち)()スイッチを切っ(きっ)て、(いち)()下がり(さがり)興味(きょうみ)赴く(おもむく)まま、情熱(じょうねつ)がどこにあるかを見る(みる)ために、数カ月(すうかげつ)時間(じかん)をとりたい。そして、どこかに可能(かのう)(せい)があるかを確かめる(たしかめる)()確実(かくじつ)だけどエキサイティングだ。おそらくこの休暇(きゅうか)役に立つ(やくにたつ)思う(おもう)よ」

2019(ねん)F1(だい)21(せん)アブダビGP ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)


 表彰台(ひょうしょうだい)()登壇(とうだん)出走(しゅっそう)回数(かいすう)最多(さいた)のF1ドライバーという不名誉(ふめいよ)記録(きろく)持つ(もつ)ヒュルケンベルグは、堅実(けんじつ)一貫(いっかん)(せい)のあるドライバーでありながら、その才能(さいのう)にふさわしい大きな(おおきな)チャンスを掴め(つかめ)なかった。

 しかしながら、このスポーツにおいて長い(ながい)キャリアを築い(きずい)てきたことには非常(ひじょう)満足(まんぞく)しているとヒュルケンベルグは言う(いう)

(ぼく)は7(さい)(とき)にF1への(ゆめ)追い(おい)始め(はじめ)た。もし当時(とうじ)(ぼく)が『将来(しょうらい)(くん)は10(ねん)のキャリアを築く(きずく)ことになる』と言わ(いわ)れたら、驚き(おどろき)ながらも喜ぶ(よろこぶ)ことだろう」

「そのこと(F1で長く(ながく)走っ(はしっ)てきたこと)には満足(まんぞく)している。(ぼく)中団(ちゅうだん)チームのなかで確か(たしか)一貫(いっかん)(せい)披露(ひろう)してきた。隠れる(かくれる)必要(ひつよう)などない」

Loading