お湯利用(りよう)拡大(かくだい) 給湯(きゅうとう)()省エネ(しょうえね)価値(かち)向上(こうじょう)挑む(いどむ)

はじめに 省エネ(しょうえね)()進化(しんか)給湯(きゅうとう)機器(きき)普及(ふきゅう)大きな(おおきな)インパクト

給湯(きゅうとう)省エネルギー(しょうえねるぎ-)評価(ひょうか)行う(おこなう)場合(ばあい)に、給湯(きゅうとう)利用(りよう)について実態(じったい)調査(ちょうさ)すると、そのパターンは実に(じつに)多く(おおく)典型(てんけい)(てき)なパターンを導き出す(みちびきだす)ことが困難(こんなん)である。主婦(しゅふ)が、炊事(すいじ)(のち)洗濯(せんたく)行い(おこない)、お日様で洗濯(せんたく)(ぶつ)乾燥(かんそう)するという家事(かじ)行動(こうどう)一部(いちぶ)過ぎ(すぎ)なくなり、夜中(やちゅう)洗濯(せんたく)行い(おこない)衣類(いるい)乾燥(かんそう)()乾かす(かわかす)という共稼ぎ(ともかせぎ)世帯(せたい)があり、高齢(こうれい)(しゃ)による入浴(にゅうよく)時間(じかん)広がり(ひろがり)風呂(ふろ)追い(おい)焚き(たき)利用(りよう)変っ(かわっ)てきた※1。

現在(げんざい)給湯(きゅうとう)機器(きき)は、多様(たよう)利用(りよう)応え(こたえ)られるほど成熟(せいじゅく)したが、それ以上(いじょう)注目(ちゅうもく)すべきは省エネ(しょうえね)()推進(すいしん)である。それは、今後(こんご)給湯(きゅうとう)機器(きき)普及(ふきゅう)大きな(おおきな)インパクトを与え(あたえ)続ける(つずける)ことになる。

(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()開発(かいはつ)普及(ふきゅう) コストがネックで頭打ち(あたまうち)のエコキュート

給湯(きゅうとう)機器(きき)(うち)(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()出荷(しゅっか)台数(だいすう)推移(すいい)()1に示す(しめす)。21世紀(せいき)入り(はいり)給湯(きゅうとう)機器(きき)は、ガス、電気(でんき)灯油(とうゆ)新しい(あたらしい)省エネ(しょうえね)対応(たいおう)機器(きき)開発(かいはつ)され設置(せっち)されるようになった。(くに)自治体(じちたい)政策(せいさく)(てき)後押し(あとおし)もあり、着実(ちゃくじつ)市場(しじょう)広げ(ひろげ)てきた※2。

(だか)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()は、すでに前回(ぜんかい)述べ(のべ)給湯(きゅうとう)機器(きき)分類(ぶんるい)とは若干(じゃっかん)異なる(ことなる)。ガス瞬間(しゅんかん)(しき)給湯(きゅうとう)()((さき)(とめ))、給湯(きゅうとう)暖房(だんぼう)()及び(および)風呂(ふろ)給湯(きゅうとう)()にもそれぞれ潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)がある。(ひょう)1に現在(げんざい)販売(はんばい)されている(おも)(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()特徴(とくちょう)()1の(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()統計(とうけい)データ(もと)記載(きさい)する。なお、()1には、太陽熱(たいようねつ)利用(りよう)給湯(きゅうとう)システム「ソラモ」及び(および)ハイブリッド給湯(きゅうとう)()はデータ公開(こうかい)がないので加え(くわえ)ていない。

()1のように、(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()普及(ふきゅう)のほとんどはエコキュートとエコジョーズが占める(しめる)。その他の(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()は、普及(ふきゅう)進ん(すすん)できているとは言い(いい)難い(がたい)

近年(きんねん)(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()普及(ふきゅう)少し(すこし)鈍っ(にぶっ)てきたように思える(おもえる)。その(しゅ)原因(げんいん)機器(きき)価格(かかく)である。省エネ(しょうえね)給湯(きゅうとう)機器(きき)は、広く(ひろく)普及(ふきゅう)している従来(じゅうらい)給湯(きゅうとう)()比べ(くらべ)高価(こうか)である。(こう)効率(こうりつ)実現(じつげん)のために、従来(じゅうらい)給湯(きゅうとう)()比べ(くらべ)例えば(たとえば)(ねつ)交換(こうかん)()増やす(ふやす)、コンプレッサーの圧力(あつりょく)高める(たかめる)(ひとし)新しい(あたらしい)技術(ぎじゅつ)開発(かいはつ)行わ(おこなわ)れ、構造(こうぞう)複雑(ふくざつ)になり、高価(こうか)になった。燃料(ねんりょう)電池(でんち)コージェネレーションシステムのように、まったく新しい(あたらしい)技術(ぎじゅつ)使い(つかい)従来(じゅうらい)給湯(きゅうとう)()概念(がいねん)超える(こえる)もの(そのためにバックアップ給湯(きゅうとう)()装備(そうび)万全(ばんぜん)期し(きし)た)ものもあり、高価(こうか)となった。コストダウンの工夫(くふう)日々(ひび)継続(けいぞく)されるが、そうした努力(どりょく)をしても、従来(じゅうらい)給湯(きゅうとう)()風呂(ふろ)(かま)にはかなわない。また、給湯(きゅうとう)()交換(こうかん)設置(せっち)する場合(ばあい)給湯(きゅうとう)機器(きき)大き(おおき)さや重量(じゅうりょう)変化(へんか)し、構造(こうぞう)変更(へんこう)となったことによる制約(せいやく)(とう)もあって、同じ(おなじ)場所(ばしょ)設置(せっち)できないこともある。(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()設置(せっち)するためには、設置(せっち)施工(しこう)費用(ひよう)大幅(おおはば)にかかる場合(ばあい)生じる(しょうじる)

こうして(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()普及(ふきゅう)は、(くに)計画(けいかく)や、業界(ぎょうかい)想定(そうてい)したほどには進展(しんてん)していない。特に(とくに)(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()(なか)でもエコキュートの出荷(しゅっか)頭打ち(あたまうち)傾向(けいこう)にある。それを()2に示す(しめす)。2010(ねん)以降(いこう)その傾向(けいこう)顕著(けんちょ)である。近年(きんねん)は、エコジョーズの普及(ふきゅう)年間(ねんかん)100(まん)(だい)超え(こえ)ているが、エコキュートは40(まん)(だい)(きょう)留まっ(とまっ)ている。

()1 (こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)機器(きき)出荷(しゅっか)台数(だいすう)推移(すいい)

普及(ふきゅう)進ま(すすま)ない原因(げんいん)分析(ぶんせき) コストダウンの取り組み(とりくみ)いかに(そう)重量(じゅうりょう)下げる(さげる)

()3に(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()重量(じゅうりょう)とおよその価格(かかく)表す(あらわす)給湯(きゅうとう)機器(きき)価格(かかく)は、その(そう)重量(じゅうりょう)左右(さゆう)される。簡単(かんたん)にいえば、機器(きき)価格(かかく)下げる(さげる)ためには、いかに機器(きき)(そう)重量(じゅうりょう)落とす(おとす)ことができるかである。戦後(せんご)給湯(きゅうとう)()開発(かいはつ)機能(きのう)向上(こうじょう)させながら、いかにコストを下げる(さげる)か、いかに小さく(ちいさく)して重量(じゅうりょう)減らす(へらす)ことができるかに腐心(ふしん)した。

エコジョーズもエコキュートも実勢(じっせい)価格(かかく)大幅(おおはば)下がっ(さがっ)販売(はんばい)されている。その価格(かかく)例えば(たとえば)6(わり)程度(ていど)()ても()3で示す(しめす)大方(おおかた)傾向(けいこう)変わら(かわら)ない。システムが複雑(ふくざつ)になった場合(ばあい)は、(そう)重量(じゅうりょう)(だい)となり、バックアップ給湯(きゅうとう)()付き(つき)価格(かかく)ダウンが難しく(むずかしく)なる。(ひょう)1のエネファーム、エコウィル、ソラモ、ハイブリッド給湯(きゅうとう)()(とう)はいずれも給湯(きゅうとう)(ねつ)貯める(ためる)ための貯湯槽(ゆぶね)有し(ゆうし)たシステムで、バックアップ給湯(きゅうとう)()構成(こうせい)要素(ようそ)持ち(もち)重量(じゅうりょう)アップ、価格(かかく)アップが避け(さけ)られない。こうしたことから、普及(ふきゅう)にはハードルが高い(たかい)補助(ほじょ)(きん)(とう)()て、普及(ふきゅう)がある程度進ん(すすん)だが、今後(こんご)一層(いっそう)拡大(かくだい)図る(はかる)ため、構成(こうせい)要素(ようそ)見直し(みなおし)一層(いっそう)軽減(けいげん)()努力(どりょく)、あるいは現状(げんじょう)給湯(きゅうとう)()取り換え(とりかえ)考え(かんがえ)単純(たんじゅん)()開発(かいはつ)(とう)必要(ひつよう)である。

()4に、ガス瞬間(しゅんかん)(しき)給湯(きゅうとう)()における(かく)潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)エコジョーズの出荷(しゅっか)台数(だいすう)及び(および)割合(わりあい)推移(すいい)示す(しめす)。ガス瞬間(しゅんかん)(しき)給湯(きゅうとう)()場合(ばあい)には、給湯(きゅうとう)暖房(だんぼう)()最も(もっとも)早くから(はやくから)潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)普及(ふきゅう)始まり(はじまり)、その割合(わりあい)(やく)7(わり)高く(たかく)風呂(ふろ)給湯(きゅうとう)(がた)次第に(しだいに)潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)多く(おおく)なって5(わり)近づい(ちかずい)ている。しかし、ガス給湯(きゅうとう)専用(せんよう)()((さき)(とめ))の場合(ばあい)には潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)普及(ふきゅう)進ん(すすん)でいない。ガス給湯(きゅうとう)専用(せんよう)()((さき)(とめ))は、構造(こうぞう)がシンプルで価格(かかく)(やす)さを売り物(うりもの)としており、機器(きき)設置(せっち)物件(ぶっけん)(賃貸(ちんたい)アパート(とう))においては、価格(かかく)(やす)さが採用(さいよう)条件(じょうけん)となる。

(ひょう)1 (こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)機器(きき)及び(および)システムの概要(がいよう)

()2 電気(でんき)CO2ヒートポンプ給湯(きゅうとう)()エコキュートとガス潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)給湯(きゅうとう)()エコジョーズの出荷(しゅっか)台数(だいすう)推移(すいい)比較(ひかく)

給湯(きゅうとう)機器(きき)市場(しじょう)今後(こんご)向け(むけ)当たり前(あたりまえ)設備(せつび)だからこそ環境(かんきょう)配慮(はいりょ)

一般(いっぱん)ユーザーにとって、台所(だいどころ)浴室(よくしつ)でお湯が使える(つかえる)ことは、当たり前(あたりまえ)時代(じだい)である。給湯(きゅうとう)()置か(おか)れた場所(ばしょ)すら知ら(しら)ないユーザーもおり、それをほとんど意識(いしき)しない時代(じだい)である。意識(いしき)しないでも10(ねん)程度(ていど)もしくはそれ以上(いじょう)期間(きかん)使用(しよう)できる。だから、故障(こしょう)したときはパニックになる。メーカーは、10(ねん)程度(ていど)使用(しよう)した場合(ばあい)点検(てんけん)呼び掛ける(よびかける)。しかし、それに対しても()関心(かんしん)でいられるくらい給湯(きゅうとう)機器(きき)性能(せいのう)向上(こうじょう)したともいえる。

給湯(きゅうとう)機器(きき)は、(さき)にのべたようにエネルギーと上下水道(じょうげすいどう)負担(ふたん)をかける設備(せつび)である。長い(ながい)()生活(せいかつ)をともにするものとして、可能(かのう)限り(かぎり)環境(かんきょう)配慮(はいりょ)されたい。(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)()への切り替え(きりかえ)(ねつ)効率(こうりつ)劣る(おとる)機器(きき)取り換え(とりかえ)積極(せっきょく)(てき)進める(すすめる)必要(ひつよう)がある。

()3 (こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)機器(きき)価格(かかく)(おも)さとの関係(かんけい)※3

()4 ガス瞬間(しゅんかん)(しき)給湯(きゅうとう)機器(きき)潜熱(せんねつ)回収(かいしゅう)(がた)エコジョーズの出荷(しゅっか)台数(だいすう)割合(わりあい)推移(すいい)※4

※1 2000年代(ねんだい)給湯(きゅうとう)機器(きき)評価(ひょうか)について見直し(みなおし)研究(けんきゅう)行わ(おこなわ)れた。その(なか)でお湯の利用(りよう)調査(ちょうさ)行わ(おこなわ)れたが、世帯(せたい)構成(こうせい)多様(たよう)になったことで、お湯の使い方(つかいかた)多様(たよう)になった。これに関しては、多く(おおく)文献(ぶんけん)があるが、「給排水(きゅうはいすい)設備(せつび)研究(けんきゅう) 2004(ねん)7(つき)特集(とくしゅう):住宅(じゅうたく)給湯(きゅうとう)システム設計(せっけい)評価(ひょうか)」などを参照(さんしょう)

※2 家庭(かてい)(よう)エネルギー利用(りよう)(なか)で、給湯(きゅうとう)関係(かんけい)のエネルギー利用(りよう)多く(おおく)、その削減(さくげん)図る(はかる)ことは我が国(わがくに)にとって、極めて(きわめて)重要(じゅうよう)(くに)自治体(じちたい)関心(かんしん)高く(たかく)様々(さまざま)補助(ほじょ)がされている。

※3 (かく)(こう)効率(こうりつ)給湯(きゅうとう)機器(きき)仕様(しよう)は、代表(だいひょう)(てき)機器(きき)のカタログを参考(さんこう)作成(さくせい)した。

※4 エコジョーズの出荷(しゅっか)台数(だいすう)推移(すいい)データは、一般(いっぱん)社団(しゃだん)法人(ほうじん)日本(にっぽん)ガス石油(せきゆ)機器(きき)工業(こうぎょう)(かい)自主(じしゅ)統計(とうけい)のデータを用い(もちい)作成(さくせい)した。

Loading