4(まん)4000(ねん)(まえ)描か(えがか)れた壁画(へきが)には人類(じんるい)最古(さいこ)の「物語(ものがたり)」が記録(きろく)されている可能(かのう)(せい)



インドネシアの スラウェシ(とう)にある洞窟(どうくつ)発見(はっけん)された、(やく)4(まん)3900(ねん)(まえ)描か(えがか)れたとされる 壁画(へきが)について、「『架空(かくう)物語(ものがたり)』を記録(きろく)したものとしては地球(ちきゅう)(じょう)最古(さいこ)のものであるかもしれない」とグリフィス大学(だいがく)考古(こうこ)学者(がくしゃ)マキシム・オーベール()率いる(ひきいる)研究(けんきゅう)チームが発表(はっぴょう)しました。

Earliest hunting scene in prehistoric art | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-019-1806-y

A 43,900-year-old cave painting is the oldest story ever recorded | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2019/12/a-43900-year-old-cave-painting-is-the-oldest-story-ever-recorded/

壁画(へきが)では、濃い(こい)(あか)描か(えがか)れた小さな(ちいさな)狩人(かりゅうど)(Ther)が、 アノア呼ば(よば)れる水牛(すいぎゅう)(Anoa)や(ぶた)(Pig)と向き合っ(むきあっ)ています。壁画(へきが)(はじ)には、古代(こだい)芸術(げいじゅつ)()がサインしたかのような手形(てがた)(Hand stencils)がありました。


壁画(へきが)堆積(たいせき)した鉱物(こうぶつ)から、壁画(へきが)少なくとも(すくなくとも)4(まん)3900(ねん)(まえ)描か(えがか)れたものと推定(すいてい)されています。(やり)などの武器(ぶき)持っ(もっ)狩人(かりゅうど)集団(しゅうだん)(しし)戦っ(たたかっ)ている()は、一見(いっけん)すると狩猟(しゅりょう)記録(きろく)記し(しるし)ているように思わ(おもわ)れますが、オーベール()らの研究(けんきゅう)チームは「壁画(へきが)狩猟(しゅりょう)記録(きろく)以上(いじょう)のものを意味(いみ)している」と推測(すいそく)しました。

壁画(へきが)(だい)部分(ぶぶん)は、現実(げんじつ)起き(おき)出来事(できごと)ではない可能(かのう)(せい)があります」とオーベール()述べ(のべ)ています。壁画(へきが)描か(えがか)れた狩人(かりゅうど)人間(にんげん)容姿(ようし)とはかけ離れ、動物(どうぶつ)(くち)(はな)連想(れんそう)させる奇妙(きみョう)細長い(ほそながい)(かお)や、()やくちばしがあるように見える(みえる)狩人(かりゅうど)描か(えがか)れていることから、 (はん)(にん)(はん)(じゅう)狩人(かりゅうど)ではないかという見方(みかた)もされています。


さらに、狩人(かりゅうど)戦う(たたかう)(しし)現実(げんじつ)とかけ離れた容姿(ようし)をしています。(やく)4(まん)3900(ねん)(まえ)、アノアの身長(しんちょう)(やく)100cm、インドネシアに生息(せいそく)していた野生(やせい)(ぶた)身長(しんちょう)(やく)60cmと考え(かんがえ)られています。しかし、壁画(へきが)描か(えがか)れた動物(どうぶつ)は、狩人(かりゅうど)よりも(なん)(ばい)大きく(おおきく)描か(えがか)れていることから、壁画(へきが)現実(げんじつ)のものではなく「架空(かくう)物語(ものがたり)」を描い(えがい)たものであると推測(すいそく)されています。


壁画(へきが)発見(はっけん)された洞窟(どうくつ)周辺(しゅうへん)では、石器(せっき)(ほね)()(あと)など、人間(にんげん)生活(せいかつ)していた痕跡(こんせき)発見(はっけん)されませんでした。また、洞窟(どうくつ)(たに)(そこ)から(やく)20m(じょう)(がけ)位置(いち)し、人間(にんげん)簡単(かんたん)には出入り(でいり)できない場所(ばしょ)にあったことから、オーバート()らは、壁画(へきが)発見(はっけん)された洞窟(どうくつ)は、周辺(しゅうへん)住ん(すん)でいた人々(ひとびと)にとって神聖(しんせい)、または重要(じゅうよう)場所(ばしょ)であった可能(かのう)(せい)があったと推測(すいそく)しました。


壁画(へきが)描か(えがか)れた狩人(かりゅうど)巨大(きょだい)獲物(えもの)(なに)意味(いみ)するのか、壁画(へきが)がスラウェシの人々(ひとびと)にとってどんなものであったかを明確(めいかく)知る(しる)方法(ほうほう)はありません。当時(とうじ)指導(しどう)(しゃ)描い(えがい)未来(みらい)(ぞう)や、当時(とうじ)人々(ひとびと)信じ(しんじ)ていた伝説(でんせつ)記し(しるし)ていたという(せつ)人間(にんげん)動物(どうぶつ)、または捕食(ほしょく)(しゃ)()(しょく)(しゃ)関係(かんけい)について重要(じゅうよう)(なに)かを伝え(つたえ)ていたという(せつ)考え(かんがえ)られます。

最も(もっとも)有力(ゆうりょく)なのは、「壁画(へきが)描か(えがか)れた当時(とうじ)は、人類(じんるい)物理(ぶつり)(てき)存在(そんざい)しない自然(しぜん)(ちから)について考え(かんがえ)話す(はなす)能力(のうりょく)発達(はったつ)する段階(だんかい)にあったことを示唆(しさ)している」という仮説(かせつ)です。()たことがあるものだけでなく、巨大(きょだい)野生(やせい)動物(どうぶつ)など、(だれ)()たことのないものについて説明(せつめい)して想像(そうぞう)するためには、当時(とうじ)人類(じんるい)が「 フィクションの概念(がいねん)生まれる(うまれる)段階(だんかい)」に進化(しんか)している必要(ひつよう)があります。オーバート()は「架空(かくう)物語(ものがたり)生み出す(うみだす)能力(のうりょく)進化(しんか)は、人類(じんるい)言語(げんご)および認知(にんち)進化(しんか)における最も(もっとも)重要(じゅうよう)段階(だんかい)であったかもしれない」と述べ(のべ)ました。

この(せつ)は、かつて一部(いちぶ)人類(じんるい)学者(がくしゃ)提唱(ていしょう)していた「芸術(げいじゅつ)神話(しんわ)といった物語(ものがたり)が、ヨーロッパを起源(きげん)として世界(せかい)広がっ(ひろがっ)た」という(せつ)間違い(まちがい)であるということを示し(しめし)ています。世界(せかい)最古(さいこ)洞窟(どうくつ)壁画(へきが)はスペインのネアンデルタール(じん)(やく)6(まん)5000(ねん)(まえ)描い(えがい)たとされる抽象(ちゅうしょう)()ですが、何らかの(なんらかの)()であることが明らか(あきらか)分かる(わかる)最古(さいこ)壁画(へきが)は、(やく)4(まん)(ねん)(まえ)描か(えがか)れた カリマンタン(うし)()とされています。スラウェシ(とう)にある(べつ)洞窟(どうくつ)(ぶた)描い(えがい)壁画(へきが)も、(やく)3(まん)5400(ねん)(まえ)(とき)描か(えがか)れたと推測(すいそく)されています。

6(まん)(ねん)以上(いじょう)(まえ)洞窟(どうくつ)壁画(へきが)発見(はっけん)され、ネアンデルタール(じん)による芸術(げいじゅつ)作品(さくひん)であると判明(はんめい) - GIGAZINE

by Erich Ferdinand

スラウェシ(とう)洞窟(どうくつ)(ない)では、少なくとも(すくなくとも)242の壁画(へきが)発見(はっけん)されていますが、記事(きじ)作成(さくせい)時点(じてん)多く(おおく)()調査(ちょうさ)のままであるため、調査(ちょうさ)進め(すすめ)ばより古い(ふるい)壁画(へきが)発見(はっけん)される可能(かのう)(せい)もあるとのこと。オーバート()は「我々(われわれ)はスラウェシ(とう)と、より広い(ひろい)地域(ちいき)をさらに探求(たんきゅう)続け(つずけ)ます」と語り(かたり)ました。

Loading