Instagram、写真(しゃしん)動画(どうが)のキャプションをAIで判定(はんてい) 問題(もんだい)あれば投稿(とうこう)(まえ)警告(けいこく)

 Instagramは12(つき)16(にち)米国(べいこく)時間(じかん))、写真(しゃしん)動画(どうが)のキャプションに問題(もんだい)があるかもしれない場合(ばあい)投稿(とうこう)(しゃ)警告(けいこく)する機能(きのう)発表(はっぴょう)しました。

警告(けいこく)機能(きのう)

 ネットいじめ対策(たいさく)一環(いっかん)として実装(じっそう)するもの。投稿(とうこう)(しゃ)がキャプションを入力(にゅうりょく)すると、AIが内容(ないよう)判定(はんてい)不快(ふかい)なものと受け取ら(うけとら)れる可能(かのう)(せい)がある場合(ばあい)は、投稿(とうこう)(まえ)に「このキャプションは過去(かこ)通報(つうほう)されたキャプションと()ています」と警告(けいこく)メッセージを表示(ひょうじ)します。

 同社(どうしゃ)既に(すでに)不快(ふかい)かもしれないコメントについて、投稿(とうこう)(まえ)にユーザーに通知(つうち)する機能(きのう)導入(どうにゅう)しており、その結果(けっか)期待(きたい)できるとしています。

警告(けいこく)メッセージ
Loading