27(さい)でバリキャリ(ふう)「KPI(こん)(かつ)」に臨ん(のぞん)(わたし)行き詰まっ(いきずまっ)理由(りゆう)

ミレニアル女子(じょし)悩ま(なやま)せる「(こん)(かつ)」の(かべ)目標(もくひょう)向け(むけ)真っ直ぐ(まっすぐ)努力(どりょく)することを厭わ(いとわ)ない「バリキャリ思考(しこう)」だという青葉(あおば)(りん)さん(30)は、ビジネスの考え方(かんがえかた)にヒントを()て、ゴールに到達(とうたつ)するための数値(すうち)目標(もくひょう)設定(せってい)しクリアしていく「KPI」の考え方(かんがえかた)(こん)(かつ)導入(どうにゅう)しました。”(ちょう)合理(ごうり)(てき)“なこの戦略(せんりゃく)果たして(はたして)うまく機能(きのう)したのでしょうか――。 KPIを定め(さだめ)(こん)(かつ)臨ん(のぞん)だら…

「あと3(ねん)で30(さい)なのに、やばい。」
27の誕生(たんじょう)()迎え(むかえ)直後(ちょくご)(わたし)学生(がくせい)時代(じだい)からの彼氏(かれし)別れ(わかれ)た。
幸せ(しあわせ)女性(じょせい)は30(さい)までに結婚(けっこん)している」と思い込ん(おもいこん)でいた(わたし)は、内心(ないしん)焦っ(あせっ)ていた。

それは奇しくも(くしくも)(わたし)最も(もっとも)がむしゃらに仕事(しごと)をしていた時期(じき)でもあった。
ビジネスで(なに)かを成し遂げ(なしとげ)たいとなれば、(やま)登る(のぼる)ように「ゴールを設定(せってい)し、そこにたどり着くまでの道筋(みちすじ)引き(ひき)、KPI(※)を決め(きめ)行動(こうどう)する」が鉄則(てっそく)だ。恋愛(れんあい)だってそうすればいい。自分(じぶん)をコントロールし努力(どりょく)すれば、「幸せ(しあわせ)」というゴールにたどり着けるはず。

(※KPI=key performance indicator:企業(きぎょう)などで、最終(さいしゅう)目標(もくひょう)〈KGI=Key Goal Indicator〉に到達(とうたつ)するための達成(たっせい)()評価(ひょうか)するために使わ(つかわ)れる指標(しひょう)のこと)

そう信じ(しんじ)(わたし)(こん)(かつ)始め(はじめ)た。1カ月の行動(こうどう)目標(もくひょう)=KPIを定め(さだめ)紹介(しょうかい)・パーティー・(まち)コン・アプリ……と予定(よてい)をこなしていった。たとえば、ある(つき)は「(こん)(かつ)パーティー・(まち)コンに4(かい)出席(しゅっせき)紹介(しょうかい)やアプリ経由(けいゆ)で5(にん)以上(いじょう)会う(あう)休日(きゅうじつ)には必ず(かならず)新規(しんき)(だれ)かと出会う(であう)」といった具合(ぐあい)だ。

たくさんの(ひと)会え(あえ)悪く(わるく)ない出会い(であい)もあったし、そう感じ(かんじ)(ひと)とは2(かい)()食事(しょくじ)にこぎつけることもできた。ビジネス用語(ようご)言う(いう)ところの「コンバージョン(りつ)」はそこそこ高かっ(たかかっ)たわけだ。それなのに、いつも途中(とちゅう)で「(なに)違う(ちがう)かも」と思い(おもい)始め(はじめ)、「スケジュールが合わ(あわ)なくて」と(つぎ)約束(やくそく)をうやむやにしたり、連絡(れんらく)途絶え(とだえ)させてしまったり、結果(けっか)繋げ(つなげ)られない。

始める(はじめる)なら20(だい)のうちが良い(よい)、その(ほう)多く(おおく)(ひと)射程(しゃてい)入り(はいり)やすくなる」というセールストークに背中(せなか)押さ(おさ)れ、結婚(けっこん)相談(そうだん)(しょ)にも入ろう(にゅうろう)とした。3カ月の短期(たんき)集中(しゅうちゅう)コースが費用(ひよう)(てき)メリットは(たか)そうだ。(すう)(まん)(えん)かけスタジオで(こん)活用(かつよう)写真(しゃしん)撮り(とり)普段(ふだん)なら()出さ(ださ)ないような柔らか(やわらか)生地(きじ)のブラウスに上品(じょうひん)薄紫(うすむらさき)のスカートを買っ(かっ)た。準備(じゅんび)万端(ばんたん)だ。

ところが、いざ申込(もうしこみ)(しょ)にサインせん、というタイミングになって()止まっ(とまっ)た。
(こん)サインをしたら、数カ月(すうかげつ)()には(なん)(じゅう)(まん)払っ(はらっ)て、本当に(ほんとうに)結婚(けっこん)するかもしれないんだ」
そう理解(りかい)始め(はじめ)途端(とたん)怖く(こわく)なった。結局(けっきょく)(わたし)入会(にゅうかい)断っ(ことわっ)てしまった。

幸せ(しあわせ)」のゴールを設定(せってい)できない

(わたし)(こん)(かつ)(あし)踏み入れ(ふみいれ)てようやく認識(にんしき)したこと。それは、自分(じぶん)の「幸せ(しあわせ)」のゴール設定(せってい)があやふやだということだ。

一直線(いっちょくせん)努力(どりょく)していくために必要(ひつよう)なのは、明確(めいかく)なゴールの姿(すがた)(こん)(かつ)もビジネスと同様(どうよう)に、自分(じぶん)好み(このみ)譲れ(ゆずれ)ないポイント、いつまでにという期限(きげん)をはっきりさせておきなさい、と言わ(いわ)れる。

その効能(こうのう)実体験(じつたいけん)としてもよくわかる。なんとなく勉強(べんきょう)するより「〇〇大学(だいがく)入り(はいり)たい」という動機(どうき)(わたし)勉強(べんきょう)駆り立て(かりたて)し、ただ漫然と(まんぜんと)仕事(しごと)をするより、数字(すうじ)目標(もくひょう)があったほうが頑張れる(がんばれる)から。

けれど、結婚(けっこん)のこととなると、(わたし)はどんな(ひと)とどんな家庭(かてい)築き(きずき)たいのかも、そもそも結婚(けっこん)したいのかも、子ども(こども)欲しい(ほしい)のかも、迷い(まよい)なく答え(こたえ)られたことがない。

その理由(りゆう)は、「達成(たっせい)()確実(かくじつ)なゴール設定(せってい)をしたくないから」なのだと思う(おもう)

幸せ(しあわせ)家庭(かてい)築い(きずい)てみたいとイメージしても、不倫(ふりん)、DV、ワンオペ育児(いくじ)……様々(さまざま)家族(かぞく)問題(もんだい)見聞き(みきき)する(たび)に、「幸せ(しあわせ)」の達成(たっせい)難易(なんい)()思い知らさ(おもいしらさ)れる。自分(じぶん)なりの「幸せ(しあわせ)」を考えよ(かんがえよ)うとしても、自分(じぶん)達成(たっせい)できる難易(なんい)()の「幸せ(しあわせ)」はどれくらいなのかと、つい偏差(へんさ)()のように測ろ(はかろ)うとしてしまう。

幸せ(しあわせ)」をつかみたいという(よく)はあれど、自分(じぶん)にとっての幸せ(しあわせ)未定義(みていぎ)ではそれはできない。つまり、KPIを設定(せってい)してそれをがむしゃらに達成(たっせい)していっても、最終(さいしゅう)目標(もくひょう)=KGIが定まっ(さだまっ)ていなければ、(みち)迷っ(まよっ)てしまうのは当たり前(あたりまえ)。ゴールも明確(めいかく)にできないのに、()のプロセスばかり追いかけ(おいかけ)ていても虚しい(むなしい)だけだった。

必勝(ひっしょう)パターン」が副作用(ふくさよう)起こし(おこし)

こうなってしまう原因(げんいん)は、きっと「必勝(ひっしょう)パターンの(わな)」だ。

ゴールを設定(せってい)し、そこに向かっ(むかっ)てひたすら努力(どりょく)する。(わたし)はそうやって受験(じゅけん)も、部活(ぶかつ)も、仕事(しごと)も、自分(じぶん)なりの成果(せいか)上げ(あげ)てきたつもりだ。この優等生(ゆうとうせい)でバリキャリ(てき)思考(しこう)(わたし)の「必勝(ひっしょう)パターン」なのだ。しかし、何事(なにごと)にも副作用(ふくさよう)はある。(わたし)は、この必勝(ひっしょう)パターンから外れ(はずれ)成功(せいこう)(かたち)をイメージできなくなっていた。「(わたし)(なに)起こっ(おこっ)ても幸せ(しあわせ)生き(いき)ていける」という自分(じぶん)への信頼(しんらい)(かん)は、いつの間にか()(なか)から失わ(うしなわ)れている。

他人(たにん)は、努力(どりょく)何とか(なんとか)達成(たっせい)しようとする(わたし)態度(たいど)を「真っ直ぐ(まっすぐ)」「熱い(あつい)」と褒め(ほめ)てくれることもあるし、自分(じぶん)でも長所(ちょうしょ)だと思っ(おもっ)てきた。けれど、速い(はやい)ストレートしか投げ(なげ)られないピッチャーのような生き方(いきかた)は、いつか行き詰まる(いきずまる)

現に(げんに)(いま)必勝(ひっしょう)パターン」がうまく適用(てきよう)できない人生(じんせい)場面(ばめん)迎え(むかえ)、たじろいでいるわけだ。(こん)必要(ひつよう)なのはきっと、バリキャリ(てき)発想(はっそう)でKPI達成(たっせい)にがんじがらめになっている思考(しこう)に、抜け穴(ぬけあな)持つ(もつ)ことなのだろう。

自分(じぶん)なりの幸せ(しあわせ)未定義(みていぎ)なままに、あっさりと30(さい)迎え(むかえ)た。

積極(せっきょく)(てき)(こん)(かつ)はやめてしまって、特段(とくだん)状況(じょうきょう)変わら(かわら)ない。焦り(あせり)無い(ない)言え(いえ)ばきっと(うそ)になる。けれど、「自分(じぶん)人生(じんせい)自分(じぶん)動かす(うごかす)しかない」とリアリストのバリキャリを装っ(よそおっ)ていた(ころ)よりも、流れ(ながれ)()任せ(まかせ)(かわ)下る(くだる)ように()をこなしながら生活(せいかつ)している(いま)のほうが、「幸せ(しあわせ)」に近い(ちかい)感覚(かんかく)()にすることが出来る(できる)ようになったのだった。

Loading