ジャニーズJr.に脈々と(みャくみャくと)流れる(ながれる)“ジャニーズの()” 単独(たんどく)ドーム公演(こうえん)を3つのポイントから振り返る(ふりかえる)

 8(つき)8(にち)東京ドーム(とうきょうど-む)にてジャニーズJr.のコンサート『ジャニーズJr.8・8祭り(まつり)東京ドーム(とうきょうど-む)から始まる(はじまる)~』が行わ(おこなわ)れた。ジャニーズJr.だけでの単独(たんどく)ドーム公演(こうえん)は、なんと(やく)19(ねん)ぶり。東西(とうざい)合わせ(あわせ)て300(にん)以上(いじょう)ものジャニーズJr.が出演(しゅつえん)し、魅力(みりょく)(てき)なコンサートを作り上げ(つくりあげ)た。このコンサートの面白(おもしろ)さはたくさんあったが、中でも(なかでも)特に(とくに)筆者(ひっしゃ)印象(いんしょう)残っ(のこっ)部分(ぶぶん)を、いくつかのポイントに分け(わけ)解説(かいせつ)していく。

関連(かんれん)なにわ男子(だんし)とAぇ!group、2グループが牽引(けんいん)する関西(かんさい)ジャニーズJr.の勢い(いきおい)

 まず一つ(ひとつ)()面白(おもしろ)さは、現存(げんそん)するジャニーズJr.の多様(たよう)さだ。今回(こんかい)、コンサートに出演(しゅつえん)したグループは、SixTONES、Snow Man、Travis Japan、HiHi Jets、(よし) 少年(しょうねん)少年(しょうねん)忍者(にんじゃ)、7 MEN (さむらい)宇宙(うちゅう)Six、MADE、なにわ男子(だんし)、Aぇ!group、Lil かんさいの12(くみ)(いま)までにも、このうちのいくつかのグループが合同(ごうどう)舞台(ぶたい)やコンサートを行う(おこなう)ことはあったが、これだけのグループが一堂(いちどう)会し(かいし)たのは今回(こんかい)初めて(はじめて)のこと。セットリストの前半(ぜんはん)宇宙(うちゅう)SixとMADEがコラボレーションして歌う(うたう)「Crazy Moon」((あらし))、HiHi Jetsがローラースケートを履い(はい)()太鼓(たいこ)叩く(たたく)「Yellow Gold」((あか)西(にし)(ひとし))、Snow Manが舞台(ぶたい)滝沢(たきざわ)歌舞伎(かぶき)』で毎年(まいとし)挑ん(いどん)でいる伝統(でんとう)の「腹筋(ふっきん)太鼓(たいこ)」が続く(つずく)シーンがあったが、それぞれ全く(まったく)違う(ちがう)タイプのグループなのにもかかわらず、続け(つずけ)見る(みる)統一(とういつ)(かん)もあり、ジャニーズアイドルたちに脈々と(みャくみャくと)流れる(ながれる)“ジャニーズの()”を感じる(かんじる)ことができた。

 また、コンサート前半(ぜんはん)実は(じつは)一番(いちばん)歓声(かんせい)大きかっ(おおきかっ)たのでは? というくらい盛り上がっ(もりあがっ)たのが、寺西(てらにし)(たく)(じん)(むろ)龍太(りゅうた)高田(たかだ)(しょう)(はやし)翔太(しょうた)石垣(いしがき)(だい)(ゆう)のピアノ伴奏(ばんそう)歌っ(うたっ)た「(きみ)と…Milky Way」(Sexy Zone)。普段(ふだん)は“舞台(ぶたい)(はん)”として東宝(とうほう)ミュージカルなどにも出演(しゅつえん)している彼ら(かれら)揃っ(そろっ)姿(すがた)は、非常(ひじょう)貴重(きちょう)。Jr.(ない)グループ以外(いがい)にも、個人(こじん)活動(かつどう)する才能(さいのう)溢れる(あふれる)Jr.がたくさん存在(そんざい)している。(そう)(あつ)さを改めて(あらためて)感じ(かんじ)た1(きょく)だった。

 次に(つぎに)面白かっ(おもしろかっ)たのは、ここでしか見る(みる)ことができないコラボレーションの数々(かずかず)だ。例えば(たとえば)(よし) 少年(しょうねん)とLil かんさいは、2グループのメンバーがそれぞれペアを組み(くみ)甘い(あまい)言葉(ことば)囁く(ささやく)「キミアトラクション」(Hey! Say! JUMP)を披露(ひろう)客席(きゃくせき)から絶え間(たえま)なく歓声(かんせい)上がっ(あがっ)ていた。さらに、東京(とうきょう)Jr.のギタリスト・小川(おがわ)(ゆう)と、「関西(かんさい)ジャニーズJr.No.1ギタリスト」と称さ(しょうさ)れるAぇ!groupの正門(せいもん)()(ただし)が、ギターバトルをする場面(ばめん)も。普段(ふだん)関東(かんとう)関西(かんさい)分かれ(わかれ)活動(かつどう)する機会(きかい)多い(おおい)Jr.たちのコラボは、とても貴重(きちょう)だった。

 2020(ねん)にジャニーズ史上(しじょう)(はつ)同時(どうじ)デビューすることが発表(はっぴょう)されたSixTONESとSnow Manは、その発表(はっぴょう)(のち)に2グループの思い出(おもいで)(きょく)でもある「Fire Storm」を披露(ひろう)真剣(しんけん)(まえ)見据え(みすえ)歌う(うたう)メンバーの表情(ひょうじょう)からは、これからもお互いライバルであり仲間(なかま)でもあるという(きずな)感じ(かんじ)られた。

 コンサートの終盤(しゅうばん)では「コラボコーナー」と題し(だいし)様々(さまざま)先輩(せんぱい)たちの名曲(めいきょく)(かく)グループから選抜(せんばつ)されたメンバーで歌う(うたう)場面(ばめん)も。特に(とくに)意外(いがい)だったのがSixTONESの田中(たなか)(いつき)筆頭(ひっとう)に、猪狩(いがり)(あおい)(わたる)(HiHi Jets)、ヴァサイエガ(わたる)少年(しょうねん)忍者(にんじゃ))、川崎(かわさき)(すめらぎ)(てる)少年(しょうねん)忍者(にんじゃ))、(ほん)(こう)克樹(かつき)(7 MEN (さむらい))が集まっ(あつまっ)披露(ひろう)したラップ。田中(たなか)猪狩(いがり)普段(ふだん)からグループ(ない)でもラップパートを担当(たんとう)することが多い(おおい)が、()の3(にん)については意外(いがい)人選(じんせん)だと感じ(かんじ)(ひと)多い(おおい)のではないだろうか。しかし(さん)(しゃ)(さん)(さま)に、素晴らしい(すばらしい)パフォーマンスを行い(おこない)新た(あらた)才能(さいのう)見せつけ(みせつけ)てくれた。

 また、所々(ところどころ)にジャニーズ事務所(じむしょ)全体(ぜんたい)のファンである(ひと)にはたまらない演出(えんしゅつ)があったのもポイントの一つ(ひとつ)例えば(たとえば)オープニング、アメリカから()たジャニーズJr.のキャメロンがステッキを振る(ふる)とJr.マンションに明かり(あかり)灯る(ともる)演出(えんしゅつ)は、2009(ねん)のKAT-TUNのコンサートツアー『Break the Records』のオープニングのオマージュ。KAT-TUNのコンサートでは、キャメロンのポジションを当時(とうじ)まだ幼かっ(おさなかっ)たSixTONESの森本(もりもと)慎太郎(しんたろう)務め(つとめ)ていたというから感慨深い(かんがいぶかい)

 さらに、毎年(まいとし)(ふゆ)上演(じょうえん)される舞台(ぶたい)『JOHNNYS’ world』の人気(にんき)(きょく)である「NOT ENOUGH」や、過去(かこ)にHey! Say! JUMPやSexy Zoneが出演(しゅつえん)した舞台(ぶたい)『SUMMARY』でおなじみ、水着(みずぎ)()幼い(おさない)Jr.が噴水(ふんすい)浴び(あび)ながら踊る(おどる)勇気(ゆうき)100%」も、当時(とうじ)同じ(おなじ)ようなシチュエーションで再現(さいげん)された。長年(ながねん)、ジャニーズファンをしている(ひと)であれば、懐かしい(なつかしい)感じる(かんじる)場面(ばめん)多かっ(おおかっ)たことだろう。

 公演(こうえん)時間(じかん)(やく)3時間(じかん)。ダブルアンコールまで含む(ふくむ)(ぜん)50(きょく)をも披露(ひろう)した(だい)ボリュームの『ジャニーズJr.祭り(まつり)』。たった(いち)(ばん)限り(かぎり)、1公演(こうえん)限り(かぎり)のコンサートにするなんてもったいない! と思う(おもう)ほど、贅沢(ぜいたく)時間(じかん)となった。当日(とうじつ)観る(みる)ことができなかったファンも、ぜひこのコンサートが収録(しゅうろく)されるDVD『素顔(すがお)4』で、伝説(でんせつ)の1(にち)様子(ようす)知っ(しっ)てほしい。

 とはいえ、サブタイトル「東京ドーム(とうきょうど-む)から始まる(はじまる)」という文字通り(もじどおり)、このコンサートはJr.にとって、あくまでゴールではなくスタート地点(ちてん)。ジャニーズ事務所(じむしょ)未来(みらい)担う(になう)Jr.たちの、さらなる活躍(かつやく)にこれからも期待(きたい)したい。(みずさき)

Loading