村上(むらかみ)(しん)()柔道(じゅうどう)大野(おおの)(すすむ)(たいら)&バドミントン・奥原(おくはら)希望(きぼう)の“東京(とうきょう)”への思い(おもい)迫る(せまる)

 フジテレビで8(つき)18(にち)放送(ほうそう)する「村上(むらかみ)(しん)()情熱(じょうねつ)鼓動(こどう)」(深夜(しんや)1:25、関東(かんとう)ローカル)では、柔道(じゅうどう)・リオオリンピック(きん)メダリストの大野(おおの)(すすむ)(ひら)選手(せんしゅ)、バドミントン・リオオリンピック女子(じょし)シングルス(どう)メダリストの奥原(おくはら)希望(きぼう)選手(せんしゅ)をゲストに迎える(むかえる)

 (どう)番組(ばんぐみ)は、東京(とうきょう)2020オリンピック・パラリンピックで活躍(かつやく)期待(きたい)されるアスリートたちに(せき)ジャニ∞の村上(むらかみ)(しん)()密着(みっちゃく)するスポーツ番組(ばんぐみ)今回(こんかい)は、大野(おおの)選手(せんしゅ)奥原(おくはら)選手(せんしゅ)がリオオリンピックを終え(おえ)てからの3年間(ねんかん)をどのように過ごし(すごし)、どのような進化(しんか)遂げ(とげ)ているのか、村上(むらかみ)迫る(せまる)

 柔道(じゅうどう)大野(おおの)選手(せんしゅ)は、2013(ねん)世界(せかい)柔道(じゅうどう)選手権(せんしゅけん)リオデジャネイロ大会(たいかい)で、得意(とくい)(だい)(そと)(かり)内股(うちまた)放ち(はなち)6試合(しあい)オール1(ほん)勝ち(がち)金メダル(きんめだる)獲得(かくとく)。16(ねん)には、リオオリンピックに出場(しゅつじょう)金メダル(きんめだる)獲得(かくとく)名実(めいじつ)ともに王者(おうじゃ)君臨(くんりん)した。対談(たいだん)行っ(おこなっ)()は、今月(こんげつ)25(にち)から開催(かいさい)される「2019世界(せかい)柔道(じゅうどう)選手権(せんしゅけん)」へ向け(むけ)稽古(けいこ)真っ(まっ)ただ中。最近(さいきん)大野(おおの)選手(せんしゅ)は“リオとは違う(ちがう)新しい(あたらしい)自分(じぶん)見せ(みせ)たい”と語っ(かたっ)ているという情報(じょうほう)()向かっ(むかっ)村上(むらかみ)。「どんな高み(たかみ)()てはんのやろね」と、頂上(ちょうじょう)のその(さき)見据える(みすえる)世界(せかい)大野(おおの)選手(せんしゅ)向き合う(むきあう)こととなった。あれから3(ねん)東京(とうきょう)オリンピックが来年(らいねん)迫る(せまる)(なか)大野(おおの)選手(せんしゅ)(なに)思う(おもう)のか?

 さらに村上(むらかみ)は、バドミントン・奥原(おくはら)選手(せんしゅ)練習(れんしゅう)施設(しせつ)訪ねる(たずねる)。11(ねん)全日本(ぜんにほん)総合(そうごう)選手権(せんしゅけん)大会(たいかい)史上(しじょう)最年少(さいねんしょう)記録(きろく)の16(さい)8カ月で優勝(ゆうしょう)、16(ねん)全英オープン(ぜんえいお-ぷん)では日本(にっぽん)(ぜい)39(ねん)ぶりとなる優勝(ゆうしょう)果たし(はたし)同年(どうねん)リオオリンピックでは、女子(じょし)シングルスで日本(にっぽん)(ぜい)(はつ)銅メダル(どうめだる)輝い(かがやい)た。東京(とうきょう)オリンピックでのバドミントン日本(にっぽん)代表(だいひょう)は、20(ねん)4月末(げつまつ)時点(じてん)世界(せかい)ランキングで出場(しゅつじょう)(しゃ)決定(けってい)する。1カ国から出場(しゅつじょう)できるのは2(にん)女子(じょし)シングルスは現在(げんざい)奥原(おくはら)選手(せんしゅ)山口(やまぐち)(あかね)選手(せんしゅ)大きく(おおきく)リードしている。そんな奥原(おくはら)選手(せんしゅ)東京(とうきょう)オリンピックに懸ける(かける)思い(おもい)とは?

Loading