ゴルフの構え(かまえ)(かた)正解(せいかい)は? プロが教える(おしえる)しっかり当たる(あたる)「アドレス」の作り方(つくりかた)初心者(しょしんしゃ)ゴルフレッスン】

世間(せけん)はお盆シーズンに突入(とつにゅう)(なか)にはこの長期(ちょうき)休暇(きゅうか)()にゴルフを始め(はじめ)てみよう、という(ほう)少なく(すくなく)ないのではないだろうか。そんな初心者(しょしんしゃ)ゴルファーのために、ゴルフの基本(きほん)である「アドレス(構え(かまえ))の作り方(つくりかた)」を簡単(かんたん)レクチャー。

重要(じゅうよう)なのは「手元(てもと)位置(いち)

うまくボールを打つ(うつ)ためにはスウィングの(ぜん)段階(だんかい)、ボールに対する構え(かまえ)=アドレスが非常(ひじょう)重要(じゅうよう)だ。ここさえしっかりしていれば、初心者(しょしんしゃ)でもひとまず(まえ)飛ば(とば)せる可能(かのう)(せい)高まる(たかまる)。しっかりと正しい(ただしい)アドレスの手順(てじゅん)覚え(おぼえ)ておこう。

今回(こんかい)はアドレスの作り方(つくりかた)学ぼ(まなぼ)

さっそくアドレスの作り方(つくりかた)を、プロゴルファー・中村(なかむら)(おさむ)に7(ばん)アイアンを用い(もちい)て、順に(じゅんに)説明(せつめい)してもらった。ちなみに、ゴルフでは14(ほん)のクラブを使う(つかう)ことができるが、7(ばん)アイアンはそのちょうど中間(ちゅうかん)位置(いち)する番手(ばんて)だ。7(ばん)アイアンがない、という(ひと)は、8(ばん)でも9(ばん)でもいいが、7(ばん)より短い(みじかい)番手(ばんて)試す(ためす)のがオススメ。

「まず、ボールが(からだ)中心(ちゅうしん)来る(くる)ように両足(りょうあし)揃え(そろえ)立ち(たち)ましょう。そのポジションから片足(かたあし)ずつ開い(ひらい)てまっすぐ構え(かまえ)ます。そのあとで、左右(さゆう)(あし)同じ(おなじ)くらい、肩幅(かたはば)程度(ていど)まで開き(ひらき)ます」(中村(なかむら)以下(いか)(どう)

ボールを中心(ちゅうしん)にして立ち(たち)片足(かたあし)ずつ肩幅(かたはば)程度(ていど)まで開く(ひらく)

これでスタンスが完成(かんせい)続い(つずい)て、ゴルフのアドレスに特有(とくゆう)な「(ぜん)姿勢(しせい)」を作っ(つくっ)ていく。

軽く(かるく)ひざを曲げ(まげ)両足(りょうあし)付け根(つけね)辺り(あたり)から上半身(じょうはんしん)(ぜん)傾させていきます。このとき(こし)反り(そり)すぎたり、丸く(まるく)なりすぎるのは良く(よく)ないです。まっすぐな状態(じょうたい)構え(かまえ)て、背筋(せすじ)同様(どうよう)にまっすぐな状態(じょうたい)維持(いじ)したまま倒し(たおし)ていきましょう。普段(ふだん)角度(かくど)はまったく意識(いしき)しませんが、あえて言う(いう)なら25〜30()くらい(からだ)倒す(たおす)イメージです」

まっすぐ立っ(たっ)状態(じょうたい)から、ひざを適度(てきど)曲げ(まげ)て、両足(りょうあし)付け根(つけね)辺り(あたり)(じく)(ぜん)姿勢(しせい)をとる

(ぜん)姿勢(しせい)をとったらクラブを構える(かまえる)わけだが、ここで重要(じゅうよう)なのが「手元(てもと)位置(いち)」の決め方(きめかた)だ。

「まず、(うで)手首(てくび)(ちから)入れ(いれ)ずにだらんと下げ(さげ)てみましょう。そのとき自然(しぜん)作ら(つくら)れる手首(てくび)角度(かくど)位置(いち)がアドレスの()(かたち)になりますので、そのままの(かたち)で、(からだ)中心(ちゅうしん)でクラブを握る(にぎる)のがポイントです。左手(ひだりて)親指(おやゆび)をグリップの(うえ)乗せ(のせ)、その親指(おやゆび)(みぎ)手のひら(てのひら)包み込む(つつみこむ)ように握っ(にぎっ)てください」

プロゴルファーは、右手(みぎて)小指(こゆび)左手(ひだりて)人差し指(ひとさしゆび)絡める(からめる)ように握っ(にぎっ)たり、右手(みぎて)小指(こゆび)左手(ひだりて)人差し指(ひとさしゆび)中指(なかゆび)()乗せ(のせ)たりしてグリップするが、このように複雑(ふくざつ)握る(にぎる)必要(ひつよう)はない。グリップの(うえ)置い(おい)左手(ひだりて)親指(おやゆび)包む(つつむ)ことだけ()をつけて、あとは自然(しぜん)(かたち)握ろ(にぎろ)う。

(しゅ)をだらんと垂らし(たらし)、そのまま(からだ)中心(ちゅうしん)でクラブを握る(にぎる)だけ

(ぜん)傾して、ダランと()垂らし(たらし)、その位置(いち)でクラブを持つ(もつ)。そして、持っ(もっ)たクラブをソール(地面(じめん)着ける(つける))すれば、そこが自ずと(おのずと)正しい(ただしい)ボール位置(いち)となる。クラブを(からだ)中心(ちゅうしん)持つ(もつ)から、自然(しぜん)とボール位置(いち)(からだ)のほぼ中心(ちゅうしん)となっているはずだ。

「このとき注意(ちゅうい)したいのは、ボールに注目(ちゅうもく)しすぎて(あたま)下がっ(さがっ)てしまうこと。それを意識(いしき)しすぎて不自然(ふしぜん)上げ(あげ)てしまうのも良く(よく)ない(かたち)です。(くび)背骨(せぼね)同様(どうよう)にまっすぐの状態(じょうたい)で、目線(めせん)だけでボールを見る(みる)ようにしましょう」

これでアドレスが完成(かんせい)

これでアドレスが完成(かんせい)だ。基本(きほん)(てき)にこのやり方はどの番手(ばんて)にも通ずる(つうずる)ものだが、クラブの(なが)さによって多少(たしょう)調整(ちょうせい)必要(ひつよう)場合(ばあい)がある。たとえば、一番(いちばん)長い(ながい)クラブであるドライバーの場合(ばあい)ではどうなるのだろうか。

「ドライバーは、クラブが長い(ながい)ぶん(あし)開き(ひらき)(はば)変わっ(かわっ)てきます。左足(ひだりあし)はボールに対して(くつ)一足(ひとあし)(ぶん)くらい、右足(みぎあし)肩幅(かたはば)がスタンスの内側(うちがわ)入る(はいる)程度(ていど)まで開き(ひらき)ましょう」

ドライバーの場合(ばあい)左足(ひだりあし)開き(ひらき)(はば)小さめ(ちいさめ)右足(みぎあし)大きめ(おおきめ)にとろう

ティアップして打つ(うつ)という(てん)も、ドライバーと()のクラブとの大きな(おおきな)違い(ちがい)。アドレスに(いち)工夫(くふう)加える(くわえる)ことで、より()距離(きょり)出せる(だせる)(かたち)作れる(つくれる)のだという。

「アドレスした(のち)(からだ)少し(すこし)だけ右側(みぎがわ)傾け(かたむけ)てあげましょう。ドライバーを打つ(うつ)(さい)はティアップされて地面(じめん)よりも高い(たかい)位置(いち)にボールがあるため、少し(すこし)(からだ)傾ける(かたむける)ことで(した)から(うえ)へ、アッパー軌道(きどう)でボールをとらえやすくなります」

アドレスの作り方(つくりかた)がわかったところで、次回(じかい)はスウィングについて教え(おしえ)てもらおう。

次回(じかい)、スウィング(へん)明日(あした)8(つき)13(にち)6()30(ふん)公開(こうかい)予定(よてい)です。

協力(きょうりょく)/川口(かわぐち)()浮間(うきま)ゴルフ(じょう)

Loading