マクドナルドとスタバの成功(せいこう)(うら)にある共通(きょうつう)(てん)は?

(べい)マクドナルドとスターバックスの株価(かぶか)は、上場(じょうじょう)以来(いらい)値上がり(ねあがり)している。それは両社(りょうしゃ)が、ウォール街が常に(つねに)求める(もとめる)売上(うりあげ)(だか)(じゅん)利益(りえき)の「安定(あんてい)成長(せいちょう)」を維持(いじ)してきたからだ。

両社(りょうしゃ)はどのようにして、それを実現(じつげん)してきたのだろうか。その要因(よういん)となっているのは、どちらも立地(りっち)とブランディングに強み(つよみ)持っ(もっ)ていることだ。これらは、両社(りょうしゃ)にとって最も(もっとも)重要(じゅうよう)優位(ゆうい)(せい)だ。

マックとスタバはそれぞれの市場(しじょう)にいち早く参入(さんにゅう)した「先行(せんこう)(しゃ)」だった。そのため国内(こくない)でも外国(がいこく)でも、最善(さいぜん)立地(りっち)、つまり(えき)やバスの停留所(ていりゅうじょ)(まち)のランドマークに近い(ちかい)場所(ばしょ)空港(くうこう)(ない)などに場所(ばしょ)確保(かくほ)することができた。米国(べいこく)でもその他のどの(くに)でも、マックとスタバは大抵(たいてい)、「すぐそこの(かく)」にある。

そして、両社(りょうしゃ)はどちらもブランディングに成功(せいこう)している。どのような事業(じぎょう)展開(てんかい)している企業(きぎょう)か、どのような特徴(とくちょう)があるのか、広く(ひろく)知ら(しら)れている。

マックとスタバはこれらの2つを()入れ(いれ)たことで、(買い手(かいて)売り手(うりて)選ぶ(えらぶ)余地(よち)がない)「専属(せんぞく)市場(しじょう)」を作り出し(つくりだし)た。その優位(ゆうい)(せい)が、消費(しょうひ)(しゃ)好み(このみ)変化(へんか)競争(きょうそう)激化(げきか)市場(しじょう)飽和(ほうわ)といったここ(すう)(じゅう)年間(ねんかん)(すう)多く(おおく)変化(へんか)(なか)でも、両社(りょうしゃ)存続(そんぞく)することを可能(かのう)にしてきた。

両社(りょうしゃ)必要(ひつよう)なのは、提供(ていきょう)する製品(せいひん)調整(ちょうせい)し、新た(あらた)なトレンドに対応(たいおう)することだけだ。

マクドナルドの経験(けいけん)

マックは1960年代(ねんだい)安い(やすい)メニューを素早く(すばやく)提供(ていきょう)することで、10(だい)になった人口(じんこう)多い(おおい)ベビーブーマー世代(せだい)や、社会(しゃかい)進出(しんしゅつ)始め(はじめ)女性(じょせい)たちのトレンドに乗っ(のっ)た。

そして、1970年代(ねんだい)から1980年代(ねんだい)にかけては、「アメリカン・ウェイ・オブ・ライフ」を世界(せかい)各国(かっこく)広める(ひろめる)ことで、グローバル()のトレンドに乗っ(のっ)た。また、同社(どうしゃ)当時(とうじ)進出(しんしゅつ)した各国(かっこく)で、それぞれの社会(しゃかい)(てき)状況(じょうきょう)合わせ(あわせ)たフランチャイズ()推進(すいしん)した。

1990年代(ねんだい)から2000年代(ねんだい)初頭(しょとう)には、食品(しょくひん)業界(ぎょうかい)新た(あらた)なトレンドに合わせ(あわせ)商品(しょうひん)のポートフォリオを変更(へんこう)店舗(てんぽ)改装(かいそう)進め(すすめ)た。その後も(しつ)高い(たかい)コーヒーや健康(けんこう)(てき)飲み物(のみもの)朝食(ちょうしょく)提供(ていきょう)開始(かいし)するなど商品(しょうひん)(はば)広げ(ひろげ)、スタバや各地(かくち)地元(じもと)飲食(いんしょく)(てん)競い合っ(きそいあっ)ている。

スターバックスの経験(けいけん)

一方(いっぽう)、スタバは自ら(みずから)つくった市場(しじょう)変化(へんか)対応(たいおう)するため、店舗(てんぽ)立地(りっち)とブランドの優位(ゆうい)(せい)十分(じゅうぶん)活用(かつよう)してきた。

1990年代(ねんだい)働く(はたらく)中年(ちゅうねん)(そう)は「()届く(とどく)ぜいたく」を味わう(あじわう)ことができる「(だい)3の場所(ばしょ)」のニーズを生み出し(うみだし)た。スタバはこれに対応(たいおう)同業(どうぎょう)のどの店舗(てんぽ)よりも迅速(じんそく)に、そして巧妙(こうみョう)に、都市(とし)()店舗(てんぽ)展開(てんかい)した。そして、欧米(おうべい)企業(きぎょう)自社(じしゃ)ブランドを消費(しょうひ)(しゃ)売り込む(うりこむ)方法(ほうほう)永遠(えいえん)変化(へんか)させた。

同社(どうしゃ)最近(さいきん)では、従来(じゅうらい)自社(じしゃ)市場(しじょう)進出(しんしゅつ)してきたマクドナルドと競争(きょうそう)するため、朝食(ちょうしょく)のメニューを加える(くわえる)など、より幅広い(はばひろい)商品(しょうひん)提供(ていきょう)するようになっている。また、カフェインを含ま(ふくま)ない飲み物(のみもの)好む(このむ)顧客(こきゃく)にも対応(たいおう)するため、(しん)メニューの開発(かいはつ)継続(けいぞく)。その他、全般(ぜんぱん)(てき)顧客(こきゃく)体験(たいけん)向上(こうじょう)目指し(めざし)、テクノロジーの導入(どうにゅう)進め(すすめ)ている。

マクドナルドとスターバックスの今後(こんご)必要(ひつよう)なのは、それぞれをトップに押し上げ(おしあげ)優位(ゆうい)(せい)生かす(いかす)ために、適切(てきせつ)商品(しょうひん)開発(かいはつ)続ける(つずける)ことだけだ。

Loading