プレミアムモバイルPCなのに、安く(やすく)てスペックもいい:GPD P2 Maxレビュー

Photo: Taro Kanamoto

ちょちょちょっと、このPC、1(ねん)くらい未来(みらい)から()てない?

いま「ノートPC」としていちばんコスパがいいのは、ディスプレイ13インチ、重量(じゅうりょう)1kgちょっとのマシンでしょう。スペックはCore i5、メモリ8GBでストレージは256GBのSSD、んでお値段(ねだん)は10(まん)(えん)ちょっとかな...多く(おおく)のPCメーカーが、このくらいのスペック/価格(かかく)のマシンを主力(しゅりょく)モデルとして用意(ようい)しています。MacBook Airとかね。

んで、13インチからPCを小さく(ちいさく)しようと思っ(おもっ)たら、そこはプレミアムモバイルPC領域(りょういき)です。より軽く(かるく)、より小さく(ちいさく)。そのためにはディスプレイの解像度(かいぞうど)やCPUやストレージは犠牲(ぎせい)となり、一方(いっぽう)でお値段(ねだん)上がっ(あがっ)ていきます。そう、ノートPCを小さく(ちいさく)するにはカネがかかるのです

しかし、そんなノートPCの常識(じょうしき)から外れ(はずれ)た、突然変異(とつぜんへんい)(てき)なPCがここにあります。GPD P2 Maxです。画面(がめん)サイズは9インチ、重量(じゅうりょう)はたった650グラム。今回(こんかい)日本(にっぽん)公式(こうしき)代理(だいり)(てん)である天空(てんくう)からマシンをお借り(かり)する機会(きかい)恵まれ(めぐまれ)たので、(すう)(にち)使っ(つかっ)てのショートレビューをお届け(とどけ)します。

GPD P2 Max

Photo: Taro Kanamoto

これは(なに)?:iPad miniサイズだけどフル機能(きのう)備え(そなえ)たノートPC

価格(かかく)税別(ぜいべつ)):8(まん)5700(えん)先行(せんこう)予約(よやく)価格(かかく)は7(まん)8600(えん)

気に入っ(きにいっ)た:潤沢(じゅんたく)なメモリとストレージ、(こう)解像度(かいぞうど)のディスプレイ、ボディの(かる)

()になった:キーボードの配列(はいれつ)、ディスプレイの指紋(しもん)

メモリ16GB、ストレージ512GBなのに8(まん)(えん)(だい)

13インチMacBook Proと比較(ひかく)。CPUとバッテリーは負け(まけ)ますけど、()はだいたい勝っ(かっ)てます。
Photo: Taro Kanamoto

GPD P2 Maxを使っ(つかっ)てみて最初(さいしょ)気に入っ(きにいっ)たのが、余裕(よゆう)のあるメモリ(16GB)です。CPUこそCore m3と(8100Y。12インチMacBookのCore m3よりは速い(はやい))とモバイル()相応(そうおう)なものの、WEBブラウズなどそこまでCPUパワーを求め(もとめ)られないなら、このデカいメモリがものを言い(いい)ます。ブラウザでタブを大量(たいりょう)開い(ひらい)たうえで、SlackとOfficeアプリを併用(へいよう)しても快適(かいてき)動い(うごい)てくれます。おまけにストレージも512GBと(じゅう)(ふん)

()の13インチモデルを同じ(おなじ)ようなスペックにカスタムしたら、メモリとSSDの割増(わりまし)料金(りょうきん)(けい)15(まん)(えん)くらいのコースになるでしょう。でもGPD P2 Maxは8(まん)5700(えん)税別(ぜいべつ))。おまけに、いまは先行(せんこう)予約(よやく)価格(かかく)として7(まん)8600(えん)までディスカウントされています。お買い得とかいう次元(じげん)越え(こえ)ている。

iPad miniサイズでも作業(さぎょう)支障(ししょう)はない

ホームポジションは本体(ほんたい)のすこし右側(みぎがわ)
Photo: Taro Kanamoto

GPDは一貫(いっかん)してコンパクトなPCを作り(つくり)続け(つずけ)てきたメーカーです。P2 MaxはそんなGPDのマシンの(なか)では最大(さいだい)のボディサイズを持っ(もっ)生まれ(うまれ)ましたが、それでもディスプレイは8.9インチ。iPad Miniほどのサイズしかありません。とにかく持ち運び(もちはこび)(らく)で、たいていのバッグに放り込ん(ほうりこん)でどこにでも連れ(つれ)ていきます。

8.9インチの画面(がめん)狭く(せまく)作業(さぎょう)できないかといえば「No」です。画面(がめん)解像度(かいぞうど)は2560×1600(WQXGA)とMacBook Airと(どう)クラスで、よほど細かい(こまかい)作業(さぎょう)をするのでなければ、画面(がめん)サイズが小さい(ちいさい)ことは()になりませんでした。タッチパッドで普通(ふつう)にマウスカーソルを動か(うごか)せますし、ディスプレイへのタッチ(画面(がめん)小さい(ちいさい)から小指(こゆび)使う(つかう)といいよ)、スタイラスを使っ(つかっ)操作(そうさ)にも対応(たいおう)しています。

ただ、タッチパネルのわりにガラスのコーティングがチャチなのは()になりました指紋(しもん)目立ち(めだち)ますし、反射(はんしゃ)もきついです。これは保護(ほご)シート兼用(けんよう)指紋(しもん)防止(ぼうし)フィルムが欲しく(ほしく)なるやつですね。

過去(かこ)モデルにはないカメラと指紋(しもん)認証(にんしょう)装備(そうび)。WindowsHelloが使える(つかえる)のでログインは一瞬(いっしゅん)
Photo: Taro Kanamoto

キーボード、おまえ無茶(むちゃ)しやがって…

スペック、ディスプレイともに満足(まんぞく)なP2 Maxで唯一(ゆいいつ)難点(なんてん)上げる(あげる)とすれば、キーボードでしょう。キータッチはストロークがちゃんとあり、キーピッチにもとくに不満(ふまん)はありません。GPD Pocket不満(ふまん)だったFnキーも大型(おおがた)()して押し(おし)やすい。

「ー」キーどこー? え? キーの青い(あおい)プリントを見ろ(みろ)って?
Photo: Taro Kanamoto

ただ、小型(こがた)()によるキー(すう)少な(すくな)さだけはなんともできず、一部(いちぶ)の「よく使う(つかう)キー」がFnキーと組み合わせ(くみあわせ)なければタイプできないのです。とくに「-(ハイフン)」が致命(ちめい)(てき)

ギズモードのようなテック(けい)メディアはとにかくカタカナをよく使う(つかう)ので「ー」の出番(でばん)多い(おおい)です(ここまでにも32()ありました)。そのたびにFnキーを組み合わせ(くみあわせ)たタイプを行わ(おこなわ)なければならないわけで、これは慣れ(なれ)てもつらい。

英文(えいぶん)なら「-」の出番(でばん)少ない(すくない)んだろうな...でもExcelとかで数式(すうしき)書く(かく)のきつくない?

キーにこのステッカーを張っ(はっ)設定(せってい)変更(へんこう)することで日本語(にほんご)キーになります。「ろ」キーに「ー」がありますが、これもShiftキーとの同時(どうじ)押し(おし)必要(ひつよう)
Image: GPD P2 Max - Indiegogo

日本語(にほんご)向け(むけ)のキーボード配列(はいれつ)(キーの(うえ)にステッカーを貼る(はる)しくみ)も発表(はっぴょう)されていますが、これでも「-」はキーコンビネーション扱い(あつかい)

ここはキーの割り当て(わりあて)変更(へんこう)して、どこかに「-」専用(せんよう)キーを作る(つくる)しかないでしょう。出番(でばん)のほぼないCapsLockあたりがいいんじゃないでしょうか。

まとめ

重心(じゅうしん)高い(たかい)ので画面(がめん)をタッチするとぐらつくのが()になりました。
GIF: Taro Kanamoto
  • 価格(かかく)とスペックのバランスが異常(いじょう)にいい。というか(やす)すぎる
  • ・Core m3からパワーを絞り出す(しぼりだす)ためファンはかなり回る(まわる)
  • ・キーの配列(はいれつ)不満(ふまん)はあるが、カスタムで乗り切れ(のりきれ)そう
  • ・マイナーなMicro HDMIポートがある。midro SDカードのほうがうれしかった
Loading