大日本印刷(だいにほんいんさつ)開発(かいはつ)したチャックで(さい)(ふう)できる(かみ)容器(ようき)とは?

 大日本印刷(だいにほんいんさつ)開け(あけ)ても(さい)(ふう)できるチャック付き(つき)(かみ)容器(ようき)写真(しゃしん))を開発(かいはつ)した。食品(しょくひん)などに使用(しよう)するフィルム(せい)のチャック付き(つき)容器(ようき)代替(だいたい)(あん)として提供(ていきょう)し、プラスチックの使用(しよう)(りょう)減らす(へらす)。2020(ねん)(はる)から順次(じゅんじ)提供(ていきょう)開始(かいし)粉末(ふんまつ)固形(こけい)食品(しょくひん)やトイレタリー商品(しょうひん)のパッケージに提供(ていきょう)する。価格(かかく)()公表(こうひょう)、22年度(ねんど)年間(ねんかん)10(おく)(えん)売り上げ(うりあげ)目指す(めざす)

 開口(かいこう)()にプラスチック(せい)のチャックを付け(つけ)(さい)(ふう)可能(かのう)にした。本体(ほんたい)(かみ)(せい)のため、プラスチックの使用(しよう)(りょう)減ら(へら)せる。内側(うちがわ)にバリアーフィルムを用いる(もちいる)ことで、水蒸気(すいじょうき)酸素(さんそ)侵入(しんにゅう)防ぐ(ふせぐ)開口(かいこう)()大きく(おおきく)内容(ないよう)(ぶつ)取り出し(とりだし)やすい。さらに(かく)(がた)形状(けいじょう)にしたことで容積(ようせき)減らし(へらし)輸送(ゆそう)効率(こうりつ)向上(こうじょう)につながる。積み重ね(つみかさね)もでき、小売(こうり)(てん)での陳列(ちんれつ)効率(こうりつ)向上(こうじょう)期待(きたい)できる。

 印刷(いんさつ)業界(ぎょうかい)では、(さい)利用(りよう)しやすい単一(たんいつ)素材(そざい)(モノマテリアル)や(かみ)使用(しよう)したパッケージの開発(かいはつ)進ん(すすん)でいる。大日(だいにち)(しるし)はこれまでにも環境(かんきょう)配慮(はいりょ)(がた)のパッケージを開発(かいはつ)しているが、今回(こんかい)機能(きのう)(せい)との両立(りょうりつ)意識(いしき)した。

Loading